1. TOP
  2. AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた
AVコンシェルジュ

AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

2000年代初め、企画女優としてではありますが、人気を博したYというAV女優がいました。

世間一般がAV女優に抱くイメージはえてして暗いものであり、最近のAV女優にはそのようないわゆる「典型的AV女優」は非常に少なくなったものの、YのようなステレオタイプのAV女優がいたという事実がAV女優のイメージを固定的なものとしています。

ここでは、彼女の姿を追うことで、典型的AV女優とはどのようなものかを解説していきます(もちろん、上述の通り現在のAV業界ではYのようなAV女優は少数派となっていることを前提として読んでください)。

AVコンシェルジュ

Yの生い立ち

ホームレスAV

Yは2000年代初めのAV女優です。

AV女優としてデビューしたのは19歳の時であり、コギャル風の風体で人気者となりました。

彼女は、上述の通りステレオタイプのAV女優です。

すなわち、不幸な身の上の女性がやむにやまれずAV女優になったというタイプなのです。

彼女は小さいころ、ホームレスだったのです。

彼女は、1981年に台湾で生まれました。

ホームレスAV

八人兄妹であり、男は兄が3人と弟が1人、女は姉が2人と妹が1人います。

一家は台湾に住んでいましたが、なぜ台湾生まれなのか、なぜ一家は台湾に住んでいたのかは知らないといいます。

弟が生まれて間もないころ、父親は借金を残して蒸発したため、一家は母子家庭となりました。

母親は八人の子どもを抱えている上に病弱でした。

多額の借金があったものの病弱で満足に働くことができなかったため、日本に帰国した後は全国を逃げ回るように転々としました。

母親は信仰心の篤いカトリック教徒であったため、食料と住居を求め、子どもを連れて全国の教会を頼り歩いたのです。

ホームレスAV

キリスト教は弱者への施しを美徳とするため、教会に行けば快く迎えられました。

しかし、一家は自立の目途が立たないため、いつまでも置いておくことはできません。

教会の愛想がよいのも最初だけのことであり、結局は追い出されてしまいます。

直接言葉には出さないものの、結局はうっとうしくなって追い出されてしまう・・・Yは子供心にその時のことをよく覚えているそうです。

壮絶なホームレス生活

ホームレスAV

そのような転々とする生活をするうちに、母親が色々なところで頭を下げてボロボロにになっていく姿を見て、兄妹は不憫に思うようになります。

誰からともなく、人を頼らず外で寝ようと言い出しました。

母親は体が弱いため、兄妹で会議をした結果、母親が大丈夫そうならば外で暮らそうということになり、ホームレス生活に突入しました。

これは、Yが小学3年生のときのことでした。

小学3年生と言えば、彼女がまだ8歳の頃です。

1989年のことであり、日本経済はバブルに湧き上がっていた頃でした。

ホームレスAV

日本中が豊かさを享受していたころにホームレスになったのですから、皮肉な話です。

一家がホームレスとして暮らし始めたのは、埼玉県のある公園でした。

駅近くの公園であり、新興ベッドタウンに位置している公園でした。

最初の一年半くらいは新聞紙にくるまっての生活でした。

そのような生活ですから、もちろんYが学校に通えるはずがありません。

ホームレスAV

本当に一文無しに近い生活であったため、食べ物を探すなどで学校どころではありませんでした。

よく覚えているのは、弟と駅前で座っていると、浮浪児に対する世間の温かさがあったという事です。

毎日のようにある親子が来て食べ物をくれたといいます。

服は拾ったものを着たそうです。

しかし、そうやって衣食を繋いでも、風呂に入ることはできず、非常に汚く臭いままの生活でした。

特につらいのは冬です。

ホームレスAV

17時になると外は暗くなり、家族で肌を合わせて段ボールにくるまり、寒さをしのいだそうです。

ホームレス生活を初めて一年半のころ、当時16歳の長女が結婚しました。

相手は18歳の高校生であり、高校を卒業するとYの母に結婚を申し込んできました。

長女は結婚相手からお金を借りて銭湯に行き、身なりを整え、結婚相手の両親に挨拶をしました。

結婚式に際しての服なども結婚相手の家がレンタルしてくれたものを着たそうです。

それがYのホームレス時代の最も大きなイベントでした。

一家の転機

ホームレスAV女優

長女の結婚の後、一家は一時的に結婚相手の実家に身を寄せました。

しかし、これも次第にうっとうしくなるのは目に見えています。

一家は半年もしないうちに家を出ることとなり、ホームレスに戻りました。

しかし、そんなときに一家に転機が訪れます。

それは、母親が信仰していた教会で配布していた会報に一家のことが掲載され、全国から献金が集まったのです。

ホームレスAV

そのお金で小さな家を借りることができ、一家はホームレス生活から脱出することができました。

家を構えてなんとか人並みの生活ができるようになると、Yは学校に通うようになりました。

学校では、壮絶ないじめを受けることになります。

特にひどかったのは小学6年生と中学1年生のころでした。

一番の原因は、ホームレス生活で学校に通っていなかった時期があったため、他の子どもよりも大きく学習が遅れていたことです。

漢字も分からないし、簡単な算数もできませんでした。

ホームレスAV

その上、家に住めるようになったとはいっても貧乏であることに変わりはないため、風呂には週に1回しか入れず、汚いこともいじめの原因となりました。

それでも、家に帰ればいままで苦楽を共にしてきた家族がいたことが救いでした。

Yは世界で一番大切なのは母親、二番目は兄妹、彼氏や友人ができても三番目以下と断言するほどです。

そのため、嫌なことがあっても、家に帰って家族と接することで嫌なことを忘れることができました。

このことの理由には、ホームレス生活が長かったことで家族以外の人が信じられなくなったことも原因です。

Yの精神の中核には、母親と兄妹の存在があったのです。

初体験はレイプ

ホームレスAV

病弱な母親はパートで稼ぎ、一家を支えました。

そんな母親を支えるために、Yは中学を卒業したら働こうと思っていました。

しかし、単に就職しただけでは稼ぎも少ないと思いなおし、看護師の学校に行きました。

これは、Yの母親が元々看護師であったことから、漠然とした憧れがあったからです。

準看護学校に行くためには病院に所属する必要があったため、15歳の頃に小さな開業医のもとに所属することになりました。

ホームレスAV

若い女性が所属したことで舞い上がった病院スタッフが、夜中にYをレイプしました。

小さな病院であり、夜中に大きな出来事が起こることもないため、学生でも当直することがあったのです。

Yが当直で夜勤をしていたとき、防音の休憩室でのレイプでした。

Yは助けを求めて叫びましたが、入院しているのは耳の遠い高齢者ばかりであったため、助けが来ることはありませんでした。

抵抗したところ、殴られて歯を折られ、犯され、心身ともに深く傷つくことになりました。

ホームレスAV

レイプされたことを人に話せば母の耳に入るかもしれず、母を悲しませないためにもそれを避ける必要がありました。

母は病弱であるため、心配をかければ倒れてしまうかもしれず、彼女はいつも母親に心配をかけないようにしていたのです。

Yは学校に所属病院を変えるための願書を出しましたが、理由を話せないために受け入れられず、退学するほかありませんでした。

それ以降、レイプのことは誰にも話していません。

レイプをされて看護師の学校をやめた彼女は、高校に入りなおすこととしました。

ホームレスAV

このころから、Yは援助交際に没頭するようになります。

レイプされたことによって性的な自我が芽生え始めていた彼女は、レイプによって負った心の傷をいやすために、援助交際に手を染めるようになったのです。

もちろん、母親には内緒で。

当時、援助交際といえばテレクラで行うものでした。

初めての客は52歳の優しいおじさんでした。

ホームレスAV

もちろん援助交際ですから、恋愛感情を伴わないセックスですが、おじさんの丁寧な愛撫を受けることによって、セックスの楽しさを知りました。

それから、援助交際に没頭しました。

セックス自体は嫌いではないため、楽しくセックスをしてお小遣いを得られることに喜びを覚えたのです。

何人もの男性と交わることによって、体は開発されていきました。

ホームレスAV

援助交際は毎日のように行いました。

一回当たりの価格は2万円でした。

援助交際で出会う男性は紳士が多かったそうで、最初はレイプされたことでセックスに恐怖を感じていた彼女も、何の苦にもなりませんでした。

セックスに関する武勇伝はほかにもあり、彼女は高校でバスケット部のマネージャーをしていたのですが、部員ともやりまくったといいます。

合宿の時には顧問とセックスしたほか、一晩で全ての部員を相手にするという17Pのセックスもしたそうです。

風俗に堕ちる

ホームレスAV

そんな高校生活でしたから、彼女にとっては何の不満もなく、とても楽しい毎日が過ぎていきました。

しかし、ある日母親に送られてきた借金の通知を見てしまったことで、楽しい日々が終わることになります。

その通知には、一週間後に差し押さえに行くと書いてあったのです。

翌日、彼女は一人で差出人の住所を訪ねました。

そこで聞いた借金の総額は3400万円でした。

最初は父親が作った小さな借金であったものの、母親が何年間も無視しつづけるうちに膨れ上がったのです。

ホームレスAV

途方もない額ではありましたが、Yは自分ひとりで返せると判断し、自分が支払うから母親のところには行かないように頼み込みました。

彼女が高校二年生の秋のことでした。

一週間後に退学した彼女は、借金返済のために奔走することとなります。

すぐにアルバイトを始めました。

昼は飲食店でアルバイトをし、夜はキャバクラで働きました。

ホームレスAV

高校を退学したこととアルバイトをしていることは母親や兄妹には知らせませんでした。

稼ぎは飲食店が月に15万円、キャバクラが月に30万円でした。

しかし、全額を返済しても利子の支払いにもなりませんでした。

激務で無理をしながら働いても、一生元金が減らない絶望的な状況です。

兄や姉も皆中卒で働いていたのですが、中卒で働くとなると月に10万円程度の稼ぎが精一杯であり、家に全額入れるのですが生活にも困る状況です。

それに嫌気がさした兄と姉は一人また一人と家を出ていきました。

ホームレスAV

そんな状況で兄妹に頼る気にもなれず、自分ひとりで全て背負い込もうとしたのです。

さて、一生働き続けても元金が全く減らない絶望的状況を打破するために、彼女は風俗で働く決心をしました。

身体を売ればお金になることは援助交際を通して知っていました。

そう決心して間もないころ、池袋の街角でイメクラのスカウトマンにスカウトされました。

しめた、と思った彼女はすぐに興味を示しました。

ホームレスAV

稼げる額を聞いて、すぐに働くことにしました。

何しろ、飲食店とキャバクラの掛け持ちでは丸一日働いても2万円くらいしか稼げなかったのが、イメクラならば9万円くらい稼げるのです。

ちなみに、これは65分コースを8本やったときの金額です。

すぐにイメクラで働き始めた彼女は、風俗雑誌に積極的に出て訴えかけることで、すぐにナンバーワンになりました。

最初の月から200万円近い額を稼ぐことができるようになったのです。

最初の月、200万円のうち150万円を借金の返済に充て、35万円を家に入れました。

ホームレスAV

しかし、月に200万円稼ぐとなれば、いかに風俗といえども激務です。

週7日勤務であり、勤務時間は朝の10時から夜の1時までであり、イメクラのプレイルームに寝泊まりし、起きている時間は全て接客に費やしました。

さらに、環境は最悪でした。

その店はマンションの一室をべニヤ板で区切ってあり、窓は一つしかなく、プレイルームにあるものと言えばティッシュとストップウォッチだけであり、非常に殺風景です。

そのような空間にずっといるのですから、気がおかしくなるのも時間の問題です。

彼女は、日の当たらない部屋から一歩も出ることなくセックスを続けました。

いかにセックスが好きとは言えども、次第に精神を病んでいきました。

ホームレスAV

さすがに店長も心配し、なぜそれほどまでに働く必要があるのかと彼女に聞いたため、彼女は借金のことを話しました。

店長は金融屋に話をつけ、一定期間で確実に返済することを約束するかわりに、利子を止めるよう話を付けました。

半年間は毎月150万円支払っていましたが、彼女の精神状態を考慮し、それ以降は月に100万円に減らして3年間で3600万円を払う約束となりました。

計画的返済が始まった当初は借金のことで頭がいっぱいであったため、なんとか耐えることができましたが、半年が限界でした。

それ以降、本格的に精神を病むようになりました。

ホームレスAV女優

狭い部屋にこもって朝から晩までひたすらフェラチオを繰り返し、休日もないのですから無理もありません。

イメクラでの勤務は激務でした。

プレイが終わって客を送り返すと、次の客が来るまでの3分程度の間に準備せねばならず、ストレスはたまる一方でした。

その3分間の間に発狂したようになるのですが、客が来たら笑顔になるという生活。

本当に精神を病んだ時は、窓を壊して飛び降りようとしたり、ナイフで無意識のうちに手首を切っていたこともありました。

借金返済のラストスパートにAVデビュー

ホームレスAV女優

そんな生活が一年半経過した頃、彼女は2000万円近くの返済をしていました。

自由になるまで半分を通過した彼女は、ラストスパートのためにAVに出演することを決めました。

きっかけは、お店の人に誘われたことでした。

当時の彼女にとって、AVは転落した女性が行く先というイメージがあり、ランクが低い印象がありました。

しかし、実際にやってみると新鮮で、楽しいものでした。

イメクラとは全然違いました。

ホームレスAV女優

まず、イメクラのように閉塞感があるプレイルームに閉じ込められることがありません。

彼女の精神をむしばんでいた主な理由はプレイルームに閉じこもって長期間働き続けたことにありましたから、これだけでも随分と精神的に良かったことでしょう。

外に出ることもでき、撮影場所は毎回違います。

そして、彼女は元来性的好奇心が強い性格ですから、AVの行為で嫌だと思うものはありませんでした。

給料の良い単体で働きたい気持ちもありましたがそれは叶いませんでした(もっとも、単体女優になると月あたりの出演本数に制限が設けられるため、彼女にとっては制限のない企画女優のほうが良かったことでしょう)。

AV女優になった彼女は、当時はまだあまり見られなかった潮吹きができるなどの淫乱さを武器にして人気を獲得していきました。

当時のトップAV女優である長瀬愛や笠木忍などと同程度の人気を博していたのです。

長瀬愛
http://www.dmm.co.jp

この時期、企画女優たちが人気を獲得して企画モデルムーブが醸成されていきましたが、Yもそのムーブメントの立役者の一人だったのです。

彼女のデビューは2000年6月でしたが、天然のエロさとさっぱりした性格、そして疑似挿入を嫌うプロ意識が大いに受けて、知名度を急速に上げていったのです。

2000年の夏が終わるころには単体をしのぐ知名度を獲得し、業界はもとより当時のAVファンの中で彼女の名前を知らない人はいなかったことでしょう。

疑似挿入に自らNGを課すというのは、当時のAV女優ではまだ珍しいことでした。

まだ疑似挿入が普通に行われていたからです。

ホームレスAV女優

彼女は無理して疑似をNGにしていたのではありません。

視聴者はAV女優とAV男優がセックスをしているのを期待して見ているのに、疑似挿入をすると嘘になるという思いからです。

結果的には、そのこだわりが視聴者から受け入れられることとなり、たくさん稼ぐことに繋がりました。

しかし、そんな彼女に挫折が訪れます。

2000年11月、67本目の撮影の時のことです。

その時の撮影では、いつもと様子が違いました。

いつもならば愛撫されて感じるのですが、いつもと違って全く気持ちよくありません。

それどころか子宮の奥に激痛を感じ、体が動かなくなってしまいました。

ホームレスAV女優

そして撮影中に倒れ、病院に搬送されました。

原因は連日の撮影によるものでした。

その年の6月からAV女優として働き始めた彼女は、ほとんど毎日仕事をし続けてきたため、手マンの際に擦りすぎたことで膣が切れてしまったのです。

潮を噴けるようになると毎日のように潮吹きをやらされるようになったのも原因です。

彼女自身も自分からたくさん潮吹きをしていましたが、潮吹きというのは一般的に寝た状態でやることが多いため、子宮に水が流れ込むことがあります。

ホームレスAV女優

流れ込んだ水は普通は2日くらいで抜けるのですが、彼女の場合は毎日吹いていたため水が抜ける暇がなく、子宮に水が溜まっていきました。

その結果、子宮が張っていき、膜が破れたのです。

撮影の最中はカメラが回っているため、痛みに耐えて頑張っていたのですが、結局は体が動かなくなって病院に運ばれたのでした。

しかし、彼女を本当に苦しめたのは単に子宮や膣の痛みではありませんでした。

またも精神的苦痛に襲われることとなったのです。

AV業界の影

ホームレスAV女優

病院に搬送された当初、緊急入院となったものの当初は1週間で治るとの診断でした。

しかし、まったく痛みが引かず、痛み止めを飲み続けていると、やがて違う痛みを感じ始めました。

そこで再検査をすると、子宮外妊娠が発覚しました。

撮影以外ではセックスをしていなかったため、撮影の際にゴムに穴が開いていたか、挿入時にはゴムをつけていたものの射精時にゴムを外したとき、漏れた精液が原因になったかもしれません。

たくさんの男優と絡んだため、誰が原因で妊娠したかは絶対に分かりません。

ホームレスAV女優

そして、受精したのが子宮の外であったため、産むこともできません。

いくら淫乱とはいえども彼女も一応はクリスチャンですから、もし普通に妊娠していたのであれば中絶などはせず、絶対に産んだであろうことは想像に難くありません。

結局2ヶ月の長期入院となりました。

となると、母親にも隠し通すことはできず、子宮外妊娠のことも知られました。

しかしAV女優をしていることは伝えておらず、相手がだれとも言うことはできません。

母親は悲しみましたが、それ以上に辛かったのは子どもが産めなくなったことです。

ホームレスAV女優

子宮の膜が破れたことと子宮外妊娠で子宮を2回壊すこととなり、子どもを産むことができない体になってしまったのです。

子宮を除去したわけではないので生理は来るのですが、妊娠する確率は普通の女性の1000分の1以下になってしまったため、事実上不可能となりました。

一つマイナスの出来事が起こると、どんどん落ち込むのが彼女の性格的特徴です。

そのため、今までポジティブに考えられたことも全てマイナスとなり、精神を病んでいきました。

身体は治って退院した後、1週間ほど実家に引きこもったあと、次は精神病で入院することになりました。

ホームレスAV女優

精神的に荒んで実家で大暴れした後、神経過敏で眠れなくなり、睡眠薬を大量摂取した結果、気づけば精神病院のベッドの上だったのです。

彼女の青春時代は風俗とAVで終わってしまったのですが、それが精神的に応えたようです。

精神科には二ヶ月入院し、元の自分に戻るためには長い時間がかかりました。

AV復帰

ホームレスAV女優

その後、彼女はファンの前から姿を消したのですが、2001年7月12日にAVに復帰しました。

復帰の理由もまた家族です。

彼女が寄付で済むことになった家は、契約によって2002年5月には退去しなければならないため、彼女が働いて家を買おうと思ったのです。

できるだけ大きな家を買うのが目標です。

ホームレスAV女優

なぜならば、兄妹たちは働き始めると家を出てバラバラになってしまったため、大きな家を買えば皆が戻ってきて、また一緒に暮らせるかもしれないという希望があるのです。

その後、彼女は2003年までAV女優として働き、引退します。

その後の彼女がどうなったのか、家は買えたのか、家族は戻ってきたのかは知ることができません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • AV女優の経歴があなたの人生を幸せにする!

  • 「生活できない…」副業は企画女優がオススメな理由

  • 普通の人がAV女優になる理由を深く掘り下げてみた

  • あなたは企画向け?実例を学んでベストな働き方を見つけよう

  • 結婚していながらもAV女優になった4人の女性の理由ときっかけ

  • AV女優はどのような場所で初体験をしたのだろう?