1. TOP
  2. AV女優達のリアルな声、AV女優にとって辛いことは?
AVコンシェルジュ

AV女優達のリアルな声、AV女優にとって辛いことは?

AV女優辛いこと

 AV女優についてどのようなイメージを持っているでしょうか?

多くの人は、体を売ることによって多くのお金を稼ぐことができる楽な職業だと考えていることでしょう。

しかし、AV女優は過酷な肉体労働であるという側面を持っています。

AV女優にとって辛いこととは?

AV女優辛いこと

時に精神的に辛いこともたくさんあり、決して楽な職業ではありません。

実際に、AVで辛いことは何かと聞いてみたところ、女優達からは以下のような声が聞くことができます。

「こんなに入れなきゃいけないの?っていうくらいにアソコを口に入れて苦しかったこと」

「アソコが弱いので、男優さんたちに何度もピストンされて痛かった」

「体調が悪くても休めない」

AV女優辛いこと

「この仕事のことを理解してもらえなかったこと」

「彼氏から『お前のマンコはみんなの物だからな。俺はもうあきらめてる』と言われたこと」

「求められている演技ができなかったとき」

「気持ち悪い男優さんと絡むのが辛い」

1本分のギャラしかもらっていないのに、撮影3本に分けて発売されたとき」

AV女優辛いこと

 このように、肉体的な辛さがあると同時に精神的な辛さもあることがわかります。

また、働き方という点で辛さを感じることもあるようです。

AV女優辛いこと

実際に、AV女優に辛いことは何かについてのアンケートを見たところ、

何度もセックスしなければならず性器が痛くなるというのが16%、

長時間の撮影で朝から夜まで働かなければならないというのが11%、

ばれることや周りからの偏見が9%、

求められる演技ができなかったというのが6%、

体調不良でも休めないというのが4%、

騙されたりギャラを値切られたというのが4%、

冬の外での撮影3%、

気持ち悪い男優との絡み2%、

撮影後の筋肉痛が2%、

性病が2%、

露出が2%、

イラマチオが2%、

その他が9%、

特になしが17%、

無回答が11%となっています。

AV女優辛いこと

この結果から分かる通り、精神的な辛さよりも肉体的な辛さのを感じることの方が多いようです。

AV女優という仕事は過酷な肉体労働であり、アソコというデリケートな部位をたくさん使わなければならない仕事であることから、そこに関する辛さを感じている人が多いのです。

これは、最近になって特にみられるようになった傾向です。

20年くらい前、つまりビデオが主流であった時代のAVでは、撮影時間はせいぜい60分くらいのものでした。

AV女優辛いこと

しかし、DVDが登場してからは収録時間は長くなり、120分が標準になりました。

さらに、AV業界の縮小の流れから撮影にかける費用が削減されているため、収録時間が長くなったにもかかわらず撮影日程は短くなっています。

早朝から始まって深夜に解散するというのがほとんどで、休憩さえまともにとれない環境で撮影していることが多いのです。

セックスに割く時間も長くなっており、体の酷使は並大抵ではありません。

AV女優辛いこと

どれだけ辛くても撮影は続き、休むこともできません。

男優が遅漏の場合には最悪で、長時間にわたってピストンされて痛いと言う女優もいます。

回答を見てみると、これ以外にも長時間の撮影や体調不良でも休めないという事が挙げられています。

これは、AV女優での労働条件の辛さです。

AV女優辛いこと

AVの撮影現場は主演となるAV女優あってこそ成り立つものであるため、撮影予定日にAV女優が風邪をひいてしまったとしても休むことはできません。

無理してでも撮影に挑む必要があります。

AV女優の仕事に対して、必要とされている実感や自分の作品が発売されたときに感じるやりがいがあり、それを感じるためにAV女優を続けている女性もいます。

しかし、自分がいなければAV現場が成り立たない、つまり何があろうとも仕事を休むことができないという事でもあります。

AV女優辛いこと

責任は大きく、それが時として辛さになることもあります。

このほか、気持ち悪い男優との絡みが辛いとしているAV女優もいます。

少数派ではありますが、象徴的な辛さともいえます。

一般女性にとってはセックスは好きな人とするもの、カッコイイ男性とするものと考えていることでしょうが、AV女優は相手を選ぶことができず、気持ち悪いオタクや極端に太った中年男性などと絡まなければならないこともあります。

AV女優辛いこと

AV男優の中にはイケメンの男優も多いのですが、全ての撮影がイケメンとの絡みということはまずありえません。

AVのジャンルの中には、気持ち悪い男優との絡みをテーマとしたAVもあるため、時には気持ち悪い(それも極端に気持ち悪い)男優とのセックスを強いられることもあります。

そのようなAVでは、気持ち悪い男性と綺麗な女性のセックスを撮影するという目的があります。

嫌がる女優もたくさんいますが、それを喜ぶユーザーがいることなどを監督マネージャーが説得するため、最終的にはあまり嫌と感じずに撮影に挑む女優も多いようです。

ギャラのためというよりはプロ意識があるからこそ、気持ち悪い男優との絡みも可能となるのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優辛いこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • セックスを披露するAV女優の社会的意義とは

  • 【現実的な話】どのくらいのレベルでかわいければAV嬢になれる?

  • 過去のおもしろ企画AV集!AV女優はこんなこともやるw

  • AV女優の職業病はアソコの凝(こ)り!ジェニタルマッサージで解消

  • NGプレイはいくつありましたか?あなたの稼げる度チェック

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?