1. TOP
  2. AV女優のプロダクションとマネージャーはメッチャ面倒見がいい!
AVコンシェルジュ

AV女優のプロダクションとマネージャーはメッチャ面倒見がいい!

AV女優マネージャー

プロダクションの仕事はAV女優のマネージメントです。

マネージャーAV女優の面倒見役といった側面が強く頼れる存在になります。

芸能プロダクションのようなもの

AV女優マネージャー

ほぼ全てのAV女優は、活動するにあたってプロダクションに所属します。

ごく稀にフリーのAV女優がいますが、彼女たちもその多くが長期にわたってプロダクションに所属して活動した後、何らかの理由によって独立したものです。

では、プロダクションの役割や実情とはどのようなものなのでしょうか。

簡単に言うならば、プロダクションの仕事はAV女優のマネージメントです。

太田プロダクション、渡辺プロダクションなどの芸能プロダクションがお笑い芸人や俳優、歌手などをマネージメントしていますが、それのAV版だと考えればわかりやすいでしょう。

しかし、芸能プロダクションに比べると社員は少なめです。

大きいところでも10人以下程度であり、稀にウェブサイトの運営などを行う特殊な社員がいる場合もありますが、それを除けば、社員の全てがマネージャーとなります。

社員だけではなく社長もマネージメント業務に携わりますから、全ての社員がマネージャーをしながらプロダクションの経営に携わっていることになります。

プロダクションは広い

AV女優マネージャー

多くのプロダクションは東京都内に事務所を構えています。

事務所はこぢんまりとしたものと思われがちなのですが、実際には広々とした事務所を構えている場合が多いです。

なぜならば、事務所ではAV女優の面接、宣材写真の撮影、社員同士の打ち合わせが行われることもあります。

その他、地方在住のAV女優がいて撮影の前日に上京してきた場合などに宿泊するスペースも設けていることが多いからです。

あるプロダクションのケースを紹介すると、東京都心部のマンションの1回と2階部分を利用しています。

3LDKのオフィスには常時5人程度のマネージャー、プロダクションの代表、そしてプロダクションに一時的に寝泊まりしている女優が1~2名いると言った感じです。

プロダクションの仕事

プロダクションの役割は、女性をAV女優としてマネージメントをし活動させ、またAV女優に関する一切の責任を負うと言うものです。

したがって、AV女優になろうとする女性はまず初めにプロダクションで面接を行い、採用されることで活動を開始することができます。

マネージャーは重要な存在

AV女優マネージャー

AV女優とマネージャーは、かなりの日数にわたってともに働く関係にあります。

もっとも、現場に慣れたベテランAV女優の場合などは、撮影の全てにマネージャーが随行するわけではありません。

しかし、少なくとも全てのAV女優に対して、メーカーでの面接、WTR撮影・パッケージ撮影の集合場所、プロモーション活動などに同行します。

特に新人AV女優の場合にはVTRやパッケージ撮影に終日付きそうのがマネージャーの仕事です。

ならばマネージャーにセックスなどを見られるのかというとそうではなく、裸になったり性行為を行ったりする時には別室で待機をし、生の現場は見ないと言うのが慣習になっています。

これは撮影の時だけに限らず、例えばメーカー面接で裸の写真を撮影する時なども、撮影が始まるとマネージャーは別室やろうかで待機しているのが常識的となっています。

ギャラの受け渡しも大切な仕事

AV女優マネージャー

現場や面接への同行以外には、ギャラの受け渡しもプロダクションとマネージャーの大切な仕事となります。

AV女優が出演したとき、ギャラはまずはメーカーからプロダクションに支払われます。

その中からプロダクションはマネージメント代としていくらかを差し引き、さらにそこから源泉徴収10%を差し引いてAV女優に受け渡します。

例えば、あるプロダクションではプロダクションとAV女優の取り分は折半となっています。

そのため、まずはメーカーからプロダクションに対して100万円が振り込まれた場合には、そのうち50万円がプロダクションの取り分となります。

残りの50万円から源泉徴収の5万円が差し引かれて45万円がAV女優に渡される額となります。

プロダクションとAV女優の取り分はプロダクションによって方針が異なり、折半ならばかなり良心的なプロダクションです。

プロダクションが6、AV女優が4といった撮り分になっている場合も多いようです。

また、メーカーから振り込まれた額から、○○料などの名目でまず一定額を差し引きます。

それから折半して源泉徴収を差し引き、残りをAV女優に渡すと言う形のプロダクションも多くあります。

例えば先ほどの例でいうと、まず振り込まれた100万円からスカウト料という名目で10%を引きます。

そこから折半し、源泉徴収を差し引いて残りを女優に渡すと言った場合には、AV女優の取り分は40万5000円になります。

ちなみに、AV女優たち本人は、何割が自分のギャラになっているかを教えてもれ会えることはありません。

折半なのか、4割なのか、3割なのかわからないままにギャラを受け取ることになるため、待遇が良かろうと悪かろうと、それを知ることはありません。

マネージャーは頼れる存在

AV女優マネージャー

AV女優は現場などで色々な人と接点を持ち知り合いにもなることでしょうが、AV女優が個人的に連絡を撮ることができるのは、基本的にプロダクションとマネージャーだけです。

引退の相談や方向性や出演作品数の相談、地方に住んでいるAV女優が状況のために個人的な転居をする際の相談もします。

その他、借金の相談など、マネージャーやプロダクションの社長には実に様々な事を相談することができます。

その結果、長く所属しているAV女優とプロダクションの社長やマネージャーは、かなりプライベートまで踏み込んだ会話をする、気心の知れた、頼れる相手となります。

しかも転居や結婚などのプライベートな相談にしても、プロダクションはかなり好意的に受けています。

地方から上京してくる際の転居では、プロダクション名義でマンションを借りているAV女優も多いほどです。

また、引退の相談などはあまり好意的に受けてくれないような気がするものですが、気心知れたマネージャーに対しては気がねすることなく相談できるようになっています。

そのため、契約期間中の単体女優であっても、マネージャーに相談することによって、プロダクションを通じて引退表明ができる場合がほとんどです。

この他にも、子持ちのAV女優ではプロダクションに子供を預けて撮影に言ったり、急な出費があって困った時にプロダクションから一時的にギャラの前借をしたりするAV女優も多いです。

AV女優のプライベート管理もプロダクションとマネージャーの重要な仕事となっています。

関係者の話によると、婚約者をプロダクションのマネージャーに紹介して意見を仰いだり、引退後の就職について相談するAV女優もいます。

このように、マネージャーはAV女優の面倒見役といった側面が強く、このことも芸能人と事務所の関係と似ていると言えます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優マネージャー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • えっ!?っと思ってしまう豊胸や整形の真実

  • バイトでAV女優ってできますか?たまにでいいんですけど…

  • 年齢は関係ない!なろうと思えば何歳でもAV女優になれる!

  • 「キモメン」とセックスができなければ、AV女優としての成功はむずかしい

  • 世の男性はAV女優と付き合いたがっているの!?

  • AV女優の人生は崩壊している?AV女優への差別と偏見について