1. TOP
  2. 頑張り次第で可能性が広がる企画女優
AVコンシェルジュ

頑張り次第で可能性が広がる企画女優

AV女優可能性

単体女優が決してやりがいがない仕事というのではありませんが、企画女優はより大きなやりがいが得られると言えます。

このことを良く示す一例を見ながら企画女優について考えてみましょう。

AVコンシェルジュ

企画女優として成功したある女優の話

AV女優可能性

単体女優が決してやりがいがない仕事というのではありませんが、企画女優はより大きなやりがいが得られると言えます。

このことを良く示す一例があります。

あるAV女優単体女優としてデビューし、6ヶ月の活動の後に企画女優として活動するようになりました。

デビュー作は他のAV女優のデビュー作品に見られるような華やかな内容のものです。

それ以降の作品もイメージシーンやドラマ部分がしっかりとしている、衣装なども多い、単体作品の王道とも言える作品に出演しました。

過激と言えるものには出演していません。

この時の1本当たりのギャラは120万円であり、彼女がデビューしたのは2006年ですから高額なギャラと言えます。

彼女は6カ月を単体女優として活動し、その後は企画女優に転身しています。

AV女優可能性

転身した当初は、企画女優はギャラが下がることであるし、出演本数を増やすことによって単体時代と同じ生活水準を保てるくらいの収入を得たいとして計画をしていました。

しかし、予想以上に出演依頼は多く、数ヵ月後には毎月5本以上の作品に出演するようになりました。

それらの多くは単体作品であり、30~40万円のギャラが見込めたため、毎月200万円以上を稼ぐ人気企画女優となりました。

稼ぎがここまで増えてくると、生活も変わります。

当時の彼女はAVをやめた後に備えて美容関係の専門学校に通っていたのですが、仕事が忙しくなると欠席することが多くなったため、ついには退学してしまいました。

そして、プロダクションの事務所近くに引っ越してAVに専念するようになりました。

AV出演以外にもグラビア撮影や雑誌取材などをこなし、メーカーへの面接も積極的に行う多忙な日々を送るようになりました。

彼女はその多忙な生活をやりがいが大きなものとして感じています。

彼女がインタビューに応えたものを見ても、

「頑張れば頑張っただけ稼げて、仕事も増えていくのはやっぱりいいですね。

単体女優の頃と比べて作品に出る本数が増えるので、単純に有名になったり話題になったりしやすいのも楽しいです。

もっと色々な作品に出演して、この世界で上に行きたいと思うようになりました」

ギャラはどれくらい変わるか

AV女優可能性

単体女優から企画女優に転身する際、企画女優として単体作品に出演することができるならば、ギャラはそれほど大幅に下がるわけではありません。

多くの場合、単体時代のギャラと比べて半分~3分の1で推移しています。

生活水準を変えずに生活したいと思うならば、単純に考えて単体時代に1本に出演していたのに対し、2~3本に出演すれば経済水準を保つことができます。

確かに、企画作品にはジャンルや内容はたくさんあります。

大勢が出演する乱交ものやオムニバス形式で1コーナーに1人ずつしか出演しないような作品では、名前もわからないような企画女優が出演しているものがあります。

そのような場合には、VTR撮影パッケージ撮影の時間も短いため、1本5~10万円程度で出演することもザラにあります。

これに対して、単体女優から企画女優に転身した場合には企画単体女優としての扱いを受けることがほとんどです。

単体作品に出演することができるため、1本当たり数十万円のギャラが支払われます。

単体女優の時と撮影にかける時間は短くなるものの、VTRとパッケージ撮影両方を含めると1~2日を撮影に費やすこととなり、ギャラも高くなります。

つまり、企画単体女優として活動するようになれば、拘束時間は単体女優として活動していた頃に比べて少し短くなる程度で、3分の1程度のギャラで働くこととなります。

生活に大きな変化が現れる

AV女優可能性

このように、経済水準を落とさないことを考え、単体女優から企画女優に転身した直後は、多くの女優が月に3本程度のAVに出演することを希望します。

この時に1本当たりに費やす時間を考えてみると、VTRとパッケージの撮影に2日、監督面接その他に1日を要すると考えると、都合3日を費やすことになると考えることができます。

これが3本分ですから、月のうち10日前後が費やされることとなります。

単体女優時代には毎月4日くらいの拘束だったものが10日に増えるのですから、生活は当然変わります。

単体女優をしながら大学や専門学校に通っている女優は多いです。

しかし、企画女優に転身するとAV女優業の比重が増加してくるため、それまで通りの生活を続けることは難しくなります。

実際に、それまでは学校やアルバイトをしていた女優が、それらの日数を極端に減らすことでAV女優としての活動に比重を増やすケースは少なくありません。

また、それまでは親バレ身バレ対策の意味も含めて平日は普通の仕事をし、休日だけ副業としてAVをやっていた女性が、土日だけでは活動できなくなって辞めていくケースもあります。

AV女優可能性

しかし、どちらかと言うと、それまでの本業をやめる形で専業AV女優となっているケースの方が多いです。

ただし、AV女優はメーカープロダクションによって、プロモーション活動を行うように勧められます。

プロダクションによるプロモーション活動は強制ではありません。

しかし、メーカーによるプロモーション活動はギャラに含まれているため、必ずこなさなければならないものです。

したがって、プロモーション活動を含めればそれほど変化があるとは考えにくいと言えます。

また、月に10日の活動であれば、残りの20日は十分に他の活動ができることでしょう。

それでも、多くの女優が単体女優から企画女優へと転身して時間が経つにつれて、生活が大きく変化しているものなのです。

これはなぜでしょうか。

「1本でも多く出演すれば収入が増える」という考え方

AV女優可能性

これは、結果的に月に3本以上の作品に出演するという生活が送られるからであると言えます。

読者の皆様もアルバイトをしたことがあるかと思います。

アルバイトでシフトの希望を出す時というのは、自分がいくら必要なのか、自分のスケジュールはどれくらい余裕があるのかということを照らし合わせながら、報酬を増やしたければシフトを多く希望するでしょう。

また、店長から忙しいからシフトを入れてほしいと言われれば、その事情を汲んでシフトを入れるかもしれません。

このように、自分がスケジュールをどのように決定するかによって収入が変化します。

そのため、毎月一定の収入がもらえると確定している企業の正社員とは異なる意識で仕事量を変えていく必要があります。

単体女優は正社員のようなもので、毎月の仕事量とギャラが決まっています。

企画女優はアルバイトのようなもので、仕事量を増やせばギャラが増え、仕事量を減らせばギャラも減ります。

もっとも、コンビニのアルバイトでは週に1回シフトを増やせば2~3万円くらいの収入アップでしょう。

しかし、企画女優の場合は出演を1本増やすかどうかで30~40万円も収入が変わることがあるのですから、軽く考えることはできないでしょう。

AV女優可能性

企画単体女優として活躍するある女優も、このことについて

面接に行ったことのあるメーカーから仕事の依頼が来るんですけど、スケジュールが合えば断ることはなかったですね。

だって、断ったら次の依頼が来なくなっちゃうかもしれないじゃないですか。

でもそれより、スケジュールに余裕があれば1本でも多く出たほうが次の月の収入が増えるって言うことの方が大きいですね」

と語っています。

この「1本でも多く出たほうが収入が増える」という考え方は、単体女優時代にはなかったものです。

企画女優に転身した後はこの考え方が生まれてくるため、生活にも変化を及ぼすのです。

少し頑張って出演作を3本から4本へ、4本から5本へと増やしていくことで、収入は単体時代より多くなり、もっと増やせば簡単に倍近くまで跳ね上がることとなります。

AV女優の花形であるとされている単体女優は、ギャラの高さから高い水準での生活が約束されていますが、それよりもさらに高い水準での生活が可能となるのです。

また、出演を2~3本増やしたところで勤務日数は6~10日程度増えるだけで、休みが10日程度あることになります。

週5日勤務の他の職業と比べて何倍も収入が大きく、随分と余裕のあるスケジュールなのです。

そのため、「少し頑張って仕事を増やして、稼げるときに稼いでおこう」という真理が働くことが実際にあるのです。

また、上述の女優の発言の通り、依頼を断ってメーカーの心象を悪くするのを避けたいと思っている女優も少なくありません。

「頑張れば頑張っただけ」が企画女優のいいところ

AV女優可能性

以上のように、単体女優と企画女優には色々な違いがあります。

最も大きいのは、要求される努力の程度でしょう。

単体女優は、一度契約をしてしまえば数ヶ月間は何もせずとも出演する機会を得ることができます。

しかし、企画女優は次の月、そのまた次の月と出演依頼を獲得していくためには、プロダクションの協力も受けながら、メーカーへ面接を行って自分で売り込んでいく必要があります。

また、必要とあらばそれまでは躊躇していたNG項目を解禁する必要もあるでしょう。

性的スキルを磨き、キャラクターもより良いものにしていかなければなりません。

このような「頑張り」があれば、毎月10本以上の作品に出演することも不可能ではなく、単体女優のころよりも収入が増えることがあるのです。

企画女優は単体女優より自由に動き回ることができます。

これは言いかえれば自分で頑張りたいように頑張ることができると言うことであります。

企画女優たちは強く「頑張れば頑張っただけ、仕事の条件は良くなって生活もよくなる」ことを感覚的に強く知っています。

また、単体女優から企画女優に転身した直後は、まだ知名度も鮮度も高い状態であるため、メーカーからのオファーは得られやすい環境にあります。

そのため、自分のAV女優としての未来は、今の自分の活動によって決定されるとも言えます。

だからこそ、単体女優時代とは比べ物にならないほどの過密スケジュールで体力的にも厳しい仕事をこなさなければなりませんが、「今頑張るしかない」という気持ちがモチベーションを高めます。

AV女優可能性

企画女優になったならば、AV女優として頑張ることはたくさんあります。

・“頑張って”キャラクターを確立すれば、AV女優としてはい役を受けやすくなる

・“頑張って”メーカー面接をたくさん受ければ、それだけたくさんの出演依頼を受けることになる

・“頑張って”出演本数を増やせば、それだけ収入は増え、知名度も人気もあがり、その後の出演依頼が益々受けやすくなる

・“頑張って”NG項目を解禁してハードな作品にも出演していけば、仕事の幅が広がり、出演依頼が多くなる

・“頑張って”技術を向上させれば、自分よりも技術が低い他のAV女優に比べてキャスティングされる確率はあがる

このように、頑張ることによって実に様々な特典があるのです。

だからこそ、企画女優は「頑張れば頑張っただけ」の意識を持つようになるのです。

このことから、プロダクションがNG項目を無理矢理解禁させたり、たくさんのメーカー面接を受けるように強制したりすることはまずありません。

上記のように企画女優たちは頑張ることで可能性が広がることを知っているため、彼女たちが自発的に過密なスケジュールをこなすようになり、NG項目を解禁していくからです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優可能性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • お金だけではない!?今どきの女子がAV女優になる理由

  • 借金返済のためのAV、できる女性とできない女性の差とは?

  • AV女優になるために最低限必要なスキル7つ

  • 世の男性はAV女優と付き合いたがっているの!?

  • 超大事!あなたのAV人生は「入り口」ですべて決まる!

  • 単体はあきらめて、キカタンや企画でガッチリ稼ぎましょう!