1. TOP
  2. AV女優になるまで
  3. AV女優になるためにはどうすればいい?応募とスカウトの違い
AVコンシェルジュ

AV女優になるためにはどうすればいい?応募とスカウトの違い

当サイトの読者の中には、AV女優になりたいと考えている女性も少なくないと思います。

しかし、AV業界という、一般的になじみの薄い世界に飛び込むにあたって、どのようにすればよいのか全く分からないという人もいることでしょう。

そこで本稿では、AV女優になるためにはどのようなルートをたどればよいのか、また実際の採用に当ってはどのような面接が行われているのかといったことを解説していこうと思います。

AVコンシェルジュ

自ら応募するケース

AV応募かスカウト

AV女優になるためには、AVモデルプロダクションに応募して面接を受けるか、スカウトを受けるという方法があります。

一昔前までは、自ら望んでAV女優になる女性がほとんどいなかったため、多くの場合はスカウトマンからスカウトを受けてAV女優になっていました。

しかし、最近では、自らの意志でAV女優になる女性が急増しており、そのような女性はプロダクションに自ら応募して、面接を受けることになります。

では初めに、自らプロダクションに応募するケースを見ていきましょう。

自らの意志でAV女優になる女性が現れたのは、90年代の後半くらいでしたが、当時はそのような女性は非常に珍しかったものです。

しかし、2000年代に入ってからは、至って普通のことになってきました。

それまでは、モデルプロダクションがAV女優を獲得する方法は、上記の通りスカウトによるものがほとんどでした。

自社でスカウトマンを抱えたり、外部のスカウトマンに依頼することによって、スカウトを行なっていたのです。

そして、そのスカウトを受けてAV女優になる女性がほとんどでした。

これは、AVは稼げる仕事であるものの、バレれば社会的に非常に不利な状況に追い込まれるし、危ない人間も多い業界であるため、大きなリスクがある危険な仕事であると考えられていたからです。

そのような状況であえてAVに出演する女性というのは、本当にお金に困って、仕方なくスカウトに応じてAV女優になるというケースがほとんどだったのです。

つまり、ネガティブな意識でAV女優になっていたといえます。

しかし最近では、そのような「危険な仕事である」「リスクが大きい」などの意識が薄くなったため、自らの意志でAV女優になる女性が非常に多くなっています。

彼女たちは、インターネットなどを介してプロダクションの面接に応募します。

このようなプロダクションのホームページは、簡単に見つけることができます。

AV応募かスカウト

興味のある人はぜひ実際に検索してみてほしいのですが、「女性 高収入 アルバイト」などで検索すると、キャバ嬢、風俗嬢などと並んで、モデルプロダクションの情報も見つけることができます。

「高収入 AV」などで検索すると、個別のプロダクションのページもたくさん見つかります。

それらのホームページの作りは、かなり本格的なものです。

そして、どのプロダクションでも共通しているのは、非常に良い条件がアピールされているということです。

「モデルのことを第一に考えているプロダクションです」「誰でも簡単に始められます」「日払いで払えます」「顔出しNGでも大丈夫です」などなど。

ほかにも自社に所属するAV女優の中、テレビ出演もするような有名女優の成功談などを掲載したり、その女優のツイッターアカウントやブログをリンクしたりすることで、その成功が現実的なものであることをアピールしています。

AV女優に少しでも興味があって検索し、このようなサイトにたどり着いた人から見てみれば、このようなアピールは「このプロダクションは大丈夫かな?」「お金の不安を解消できるかな?」「自分にもできるかな?」「バレないかな?」といった不安を取り除くことができるのです。

もちろん、それぞれのプロダクションで異なるアピールもあります。

大手プロダクションになると、「芸能人への道が開けるかもしれない」「有名モデルが多数在籍している」などのアピールをやっていますし、他にも「学校の入学金を負担する」「地方の女性が上京して所属する場合には引っ越し代を負担する」「借金で困っているならば借金を立て替えてくれる」など、お金の不安を重点的に解消しようとするプロダクションもあります。

このほか、「不安が完全になくなったわけではないけど、興味はある」という女性のために、「1日体験可能」を設けており、一度だけ仕事をして、気に入らなければ辞めることができるプロダクションもあります。

最近、AV業界に対するバッシングが激しく、よくわからない契約書にサインをさせられて、望まない出演を繰り返さなければならなくなったという事例が見られます。

それを不安に思っている人は、1日体験が可能なプロダクションに応募することで、不安を解消できることと思います。

また、一度出演してみると意外に楽しかったとか、一度出演してみたら覚悟が決まったというAV女優はたくさんいるものです。

このように、AVプロダクションの募集を見ていくと、「しっかりと対策されていてバレない」「楽しい仕事である」「高収入で日払いも可能」「お金の援助をしてくれる」「無料で住める寮がある」「給料の前借ができる」など、募集サイトの条件は良いものばかりがそろっています。

このことは、プロダクションがいかに採用に積極的であるかの証拠でもあります。

売れっ子になって多くの売り上げをもたらしてくれる女性を獲得するために、できるだけ多くの女性に応募してもらいたいと考えているからこそ、このような条件を設けることによって、応募したいという気を起こさせるように工夫しているのです。

つまり、このような至れり尽くせりの条件は、なにもプロダクションの善意からではなく、長い目で見て利益になるように条件が設定されているのです。

 

気軽に相談できる、AVのお仕事の相談窓口

  1. AVコンシェルジュ

    AVのお仕事をしたいと思っても、すごく不安で、わからないことだらけだし、色々聞きたいんだけど、誰に聞いていいかわからない…
    そんなときはAVコンシェルジュにおまかせください!
    AVプロダクションでもない、AVメーカーでもない、中立的な立場からアドバイスしてくれるのがAVコンシェルジュ。
    LINEで気軽に相談できるのも支持されている理由ですね♪

    AVコンシェルジュとは? 公式ページへ

 

スカウトを受けるケース

AV応募かスカウト

自ら応募してAV女優になる女性が増えているとはいえ、そのようにしてAV女優になる女性の多くは末端のAV女優、つまり企画女優になるケースがほとんどです。

そのAV女優一人だけで一本のAVを撮影できる単体女優や企画単体女優は、ルックスやスタイルが非常に優れており、光るものも持っているのですが、女性全体で見ても単体・企画単体が務まる女性の割合は非常に低く、自ら応募してくる女性の中にもほとんどいないのが実情です。

したがって、単体や企画単体として働けるクオリティを持っているAV女優は、未だにスカウトによってAV女優になっているケースがほとんどです。

スカウトマンへの報酬は、スカウトバックという形で支払われます。

すなわち、スカウトした女性がプロダクションに所属して活動し、AVに出演した場合、その出演料の15~20%をスカウトバックとして受け取っているのです。

例えば、スカウトした女性が単体女優になり、メーカーと1本100万円で10本契約を交わした場合、スカウトバックが20%ならば、10本で200万円のスカウトバックを受け取れるということです。

したがって、スカウトマンはこの報酬を大きくするために、できるだけ高く売れる単体や企画単体になれる、クオリティの高い女性しかスカウトしません。

多くのスカウトマンはお金にならない企画レベルの女性には声をかけないのです。

数打てば当たる方式で、手あたり次第にスカウトするスカウトマンもいますが、その場合には企画女優としてプロダクションを紹介するのではなく、よりお金になる可能性が高い性風俗に紹介するのが普通です。

このため、単体女優はほぼスカウト、企画単体はスカウトが多いものの応募もあり得る、企画はほぼ応募という状況になっています。

ただし、東京都では2005年に東京都迷惑防止条例改正条項が施行され、路上でのスカウト行為が禁止されました。

AV応募かスカウト

そのため、スカウトマンは東京都内でのスカウトが難しくなったため、地方でスカウトするようになったのですが、同じような条例が地方都市にも広がったため、今では場所や時間帯をよく考えて、あまり堂々とスカウト行為ができなくなっています。

この条例改正以前のスカウトは、すさまじいものがありました。

東京都内の都心部や地方都市ではスカウトマンの数が非常に多く、繁華街に足を運ぶ、それなりに美人な女性ならば、何人ものスカウトマンから声をかけられていたような状況だったのです。

今では想像のつかないことですが、美人な女性が歌舞伎町から新宿駅までの100mくらいの距離を歩くだけで、10人くらいのスカウトマンから声をかけられていたのです。

スカウトマンたちは、人通りの多い繁華街で、歩いている女性に声をかけるという方法でスカウトしています。

声をかけられた女性は、無視して通り過ぎたり、「忙しいので」といって通り過ぎたりするのですが、なかには立ち止まる女性もいます。

立ち止まる理由の多くは、「お金になる話かな」というのが一番多いのですが、それ以外にも「有名になれるかも」「自分のことをわかってくれるかも」といった承認欲求が理由になっていることも少なくありません。

特に、承認欲求は昨今の女性の間で非常に大きくなっていると言えるでしょう。

ツイッターなどのSNSで様々な形での発信を行い、多くの人に見てもらいたいと考える女性は、ここ10年ほどで非常に増えている感があります。

AV業界でも同じで、AVに出演することで多くの人に見られたいとか、風俗嬢になって自分の体でお金を稼ぐことによって、自分の存在意義を確認したいと考える女性が多くなっているのです。

そのため、承認欲求からスカウトに立ち止まる女性が増えているのですが、もちろんこれは応募する女性にも言えることです。

自ら応募してAV女優になるか、あるいはスカウトされてAV女優になるかという二つのパターンがあるわけですが、このどちらでAV女優になるかによって、性格の傾向も分かれます。

応募でAV女優になる女性は、やる気がある、セックスが好き、ルックスがいまいちといった傾向があり、スカウトによってAV女優になる女性は、やる気に乏しい、時間やお金にうるさい、ルックスが優れているといった傾向があります。

 

プロダクションの面接は厳しい

AV応募かスカウト

自ら応募した場合でも、スカウトされた場合でも、プロダクションで面接を受けることになります。

では、面接ではなにを見られるのでしょうか。

見られる箇所は多岐にわたると言えますが、何といっても最初に見られるのはルックスとスタイルです。

とはいえ、これはなにもAVプロダクションに限ったことではなく、一般企業でもルックスは重要な要素であるとされており、能力やマナーややる気の重視を謳いつつも、実際にはルックスが結果を大きく左右しているのは疑いのない事実です。

ルックスがそれほど関係のない業種であってもそうなのですから、ルックスやスタイルが大きな売りになるAV業界ではなおさらのことです。

ルックスとスタイルを見られる際には、応募した女性は肉体のすべてを見られることになります。

これも、AV女優は肉体のすべてを売りにする仕事だからであって、面接ではまずそこを見ることによって売れるか売れないかを判断していくのです。

したがって、面接場所あるいは個室で、裸になるのが普通です。

ルックスや全身のプロポーションはもとより、肌のきれいさ、乳首の色、乳房の形、お尻の形などを全てに渡って評価されます。

このように、AV女優は撮影現場で裸になるだけではなく、プロダクションの面接、監督の面接、メーカーへの営業などで裸になる機会が多いため、「撮影以外で裸になりたくない」というのは無理なことです。

プロダクションは、所属するAV女優の裸をメーカーに売り込むことによって利益を得ているのですから、体のパーツの一つ一つに傷が無いか、売れるかどうか、売れるならばどのくらいの価値があるかと言ったことを詳しく見ていきます。

大きな傷や入れ墨があるならばかなりのマイナスポイントになりますし、AカップやBカップの貧乳もマイナスになります(ルックスや雰囲気によっては貧乳がプラスになることもある)。

もちろん、豊胸手術を受けるなどすれば売れると判断されたならば、それを前提に採用されることもあります。

実際、豊胸や顔面などの整形をしているAV女優は少なくありません。

AV応募かスカウト

それも全て売るためであり、整形をしても売れると判断すれはプロダクションの負担で整形をすることもありますが、基本的には稼ぐための自己投資として、プロダクションから整形費用を貸し付けて整形し、その後の活動で返済していくという形が普通です。

このように、プロダクションは応募してきた女性を評価していくわけですが、評価の結果は売りにするポイントで変わってきます。

スタンダードな売り方は、典型的な美人と女性らしさを売るというものですが、その場合にはルックスとスタイルは基本条件となります。

しかし、その女性がロリっぽさを売りにするならば、童顔と幼児体型が求められますから、かえって貧乳が好ましいと評価されるようになります。

このほか、ムチムチでものすごく胸が大きいというならば、決してスタイルがいいとは言えないわけですから、それを好む男性を対象とした売り方ができると言えますし、ジャンルによってはデブ、おばさん、背中全面に入れ墨が入っているといったマイノリティの女性でも、売りになる場合があります。

このような評価の基準ばかりは、プロダクションの評価によると考えるほかないでしょう。

一つアドバイスをするならば、応募するプロダクションをよく調べ、所属しているAV女優を見てみるのが良いでしょう。

例えばムチムチとした体型の女性がAV女優になりたいと思った場合に、そのプロダクションに同じような体型のAV女優が多く所属しているならば、そのプロダクションはムチムチとした体型のAV女優のマーケティングに強みがあると考えられます。

したがって、美人を揃えているプロダクションよりも、そのようなプロダクションのほうが、採用される可能性は高まりますし、仕事もしやすくなると考えられます。

このほか、ルックスやスタイルなどの外見的な要素のほかに、特殊な経歴がある場合にもプラスとされます。なぜならば、男性視聴者は、そのAVに登場する女優が、裸のイメージからは遠い経歴を持っている場合、ギャップによって興奮が増すからです。

よくある例では、実際に旦那を持っている人妻は、普通は不特定多数とのセックスとは程遠い存在ですから、AVの中で乱れている姿を演じれば強みになります。

この他には堅い職業というのも裸のイメージからは遠く、元教師、銀行員、看護師などがその代表です。

また、現役東大生のように超一流のインテリもいいですし、高校時代にスポーツで県大会で優勝したことがあるなどのスポーツ選手もいいでしょう。

とにかく、裸のイメージから遠い経歴を持っているということは、AV女優として強みになることであり、ルックスやスタイルが多少劣っている場合でも、単体や企画単体で活躍できる場合が少なくありません。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

面接に合格したらAV女優に

AV応募かスカウト

面接で、ルックスやスタイル、やる気その他を確認したならば、その場でプロダクションに所属できるかどうかの合否が決まります。

合格となった女性は、様々な条件を話し合っていきその上で条件が折り合ったならば、プロダクションの所属AV女優となることができます。

ちなみに、性風俗店では二つ以上のお店を掛け持ちすることができますが、AV女優は同じ性風俗産業であっても、二つ以上のプロダクションを掛け持ちすることはできません。

本採用と決まったら、基本的な業界の方針を教えられます。

例えば、仕事を正式に受注したにもかかわらず、現場に行かないなどして仕事を飛ばしてしまった際のペナルティー、業界内の男性と恋愛してはいけないこと、他のプロダクションのAV女優と交流しないことなどを教えられます。

採用となったら、その日の中に宣材写真、つまりAVメーカーや出版社などのクライアントに売り込むための写真も撮影することになります。

上半身裸の写真とスリーサイズ、経歴、特技、趣味、男性経験、NG項目、特記事項などを記載したプロフィールを作成し、クライアントに配っていくのです。

このプロフィールは、単体・企画単体・企画によって色やデザインを変えるのが普通です。

AV応募かスカウト

面接を通して、プロダクションはその女性を単体・企画単体・企画のいずれで売り出すのかをほとんど決めているものですから、そのこともこの時伝えられるかもしれません。

プロダクションによっても比率は異なりますが、所属するAV女優のうち、単体は5%、企画単体は15%、企画は70%といった比率が標準的です。

同じようにAV女優でも、どのヒエラルキーに所属するかによって、ギャラや待遇は大きく異なります。

そして、単体・企画単体・企画の判断は、ルックスやスタイルに負うところが大きいため、いくらやる気があったとしても、プロダクションの考えを変えさせることは不可能です。

かろうじて企画女優として売れるレベルの女性が、いくら「やる気はあるので単体でやらせてください」といっても、それは不可能なことです。

企画レベルの女性を単体としてメーカーに売り込むようなことをすれば、プロダクションはメーカーからの信頼を落とすことにもなるからです。

あくまでも、プロダクションにとってAV女優は商品なのです。

やる気で判断して企画レベルの女性を単体として売り込むのは、粗悪な商品を「まごころを込めて作りましたから」と言って、高値で売りつけるようなものなのです。

 

プロダクションの仕事

AV応募かスカウト

現在、全国に150程度のプロダクションがあるとされていますが、それらのプロダクションでは毎日のように新人AV女優が誕生していると言ってよいでしょう。

それらの新人AV女優の宣材写真が送られるのですから、クライアントも見るだけで大変な作業になります。

見てもらえないことも普通にあるため、プロダクションのマネージャーはメーカーや出版社などに直接出向いて、営業をしていくことになります。

このように、プロダクションの主な仕事は、新人AV女優の発掘・採用、所属AV女優のマネージメント、クライアントへの営業です。

プロダクションとつながりのあるクライアントに、担当者が新人AV女優のプロフィールを配り、どのような女性であるかを紹介して営業していきます。

営業の際には、そのAV女優の長所から短所まで包み隠さず話し、依頼の獲得を目指します。

営業においても、単体・企画単体・企画では扱いが異なります。

企画の場合には、マネージャーが単独で営業をかけるだけというのが普通ですが、単体や企画単体(特に単体)になると、AV女優本人を連れてメーカーを訪問し、プロデューサーに紹介して回ります。

そのAV女優を好みそうな性格のメーカーにあたりをつけて、売り込めそうなクライアントから順次回っていくのです。

 

 

まとめ

AV応募かスカウト

本稿によって、AV女優になりたいと考えた女性はどのようにしてAV女優になっているのか、そして面接の様子、実際にデビューするまでの流れが分かったことと思います。

AV女優に興味を持っている女性は、まずは様々なプロダクションを比較し、応募先を検討していくのが良いでしょう。

検討の結果、AV女優になる目的に応じて、「いっぱい稼げそう」「知っているAV女優が多い」「住む場所に困らなさそう」「安心して働けそう」など、自分に合った要素を持っているプロダクションに応募するのがポイントです。

一度プロダクションに所属すると、二重に所属することはできませんし、営業力に乏しいプロダクションに所属してしまうと、売れるものも売れなくなってしまいます。

ですから、最初のプロダクション選びは、ぜひ慎重にやってほしいと思います。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV応募かスカウト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AV嬢部屋探し
AVのお仕事、相談窓口
LINEで簡単に相談できるAVコンシェルジュ。

プロダクションでもない、AVメーカーでもない第三者的な立場で、あなたに最適なアドバイスをします。


詳しく見てみる

この記事も読まれています

  • AV業界の将来が危ない!海外に活路を見出せ

  • AV業界の進化

  • AV女優がAV女優になって感動したこととは?

  • AV業界小話・村西とおるという監督

関連する記事はこちら

  • AV女優に質問「なぜAV女優になろうと思ったんですか?」

  • 一番のスカウトを残して使えないスカウトマンを切る方法

  • AV女優のなり方のポイント、売れるAV女優のなり方があります

  • プロダクションに応募する前に確認するべき大切なポイント

  • あなたは整形してまでAV女優になる根性はありますか?

  • AV女優になるために最低限必要なスキル7つ