1. TOP
  2. AV女優になれる人とは?
  3. AV女優のクオリティとレンタルビデオの関係性

AV女優のクオリティとレンタルビデオの関係性

今のAVはクオリティが良くないとまったく売れません。

AV女優もクオリティが最重要視される時代です。

クオリティが良くないと売れない

AV作品クオリティー

昔は、AVの売上はパッケージに大きく左右されていました。

どの作品も内容はそれほど変わらず、今ほど過激な内容も少なく、今と違ってアナルやヘアを映し出すことは禁止されていたため、パッケージに映し出された女優が美しく、または可愛く、スタイルがいいこと、それが売上を左右する重要な要素でした。

中身は軽視され、パッケージばかりが重視される時代だったのです。

レンタルビデオの時代はパッケージを良くして「借りさせる」的なやり方をしていたのです。

しかし、時代は変わりました。

AVはレンタルビデオ店で借りるものであった昔とは違い、今はAVを購入するセルビデオ主流の時代です。

レンタルビデオならば数百円を支払って借りて、内容が満足できなくてもそれほど不満はありませんが、数千円を支払ってセルビデオを買った時に、内容が満足できなければ不満は大きいのです。

 

 

 

販売形式の変化も背景に

AV作品クオリティー

また、DVDショップの販売形式も大きく変わりました。

昔は買い取り方式であったため、ショップがメーカーからDVDを買い取ると言うものでした。

しかし今は委託方式であるため、ショップはいったんDVDを陳列し、売れなかったものはメーカーに返品します。

したがって、売れない作品を作った時、メーカーは在庫を大量に抱えることになってしまうのです。

そのため、メーカーもパッケージのみにこだわった作品作りをするわけにはいかなくなったのです。

これがAV業界を変化させ、「より良い作品をお届けする」姿勢に変わりました。

パッケージで騙していたのが、中身で勝負する健全なやり方になったのです。

そして必然的に、女優に求めるクオリティもアップして行かなくてはならなくなりました。

作品の中身で勝負していくには、女優がブサイクでは話になりません。

メーカーがプロダクションに求める女優の質がアップしたことにより、プロダクションもアイドル顔負けのAV女優をそろえる必要が出てきました。

このような時代の流れに沿って、AV女優の質の向上が図られたのです。

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優クオリティ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AV嬢部屋探し
AVのお仕事、相談窓口
LINEで簡単に相談できるAVコンシェルジュ。

プロダクションでもない、AVメーカーでもない第三者的な立場で、あなたに最適なアドバイスをします。



詳しく見てみる

この記事も読まれています

  • AV業界の将来が危ない!海外に活路を見出せ

  • AV業界の進化

  • AV女優がAV女優になって感動したこととは?

  • AV業界小話・村西とおるという監督

関連する記事はこちら

  • AV女優って精神的にヤバい人がなるって本当ですか?

  • 厳しくなったAV業界を知っていないと大変なことになります

  • ヌードになることに抵抗がないAV女優だからできる新たな仕事

  • AV女優になる人の心境を理解すれば、意外に普通なんだと思うはずです

  • 現代のAV女優はプロフェッショナルばかり

  • 誰でもAV女優になれた時代は、とっくの昔に終わっているのです