1. TOP
  2. AVで稼ぐ
  3. AV女優になったらどれくらい稼げる?実例と共にご紹介
AVコンシェルジュ

AV女優になったらどれくらい稼げる?実例と共にご紹介

AV女優になりたいと考えている女性が、一番気になるのはやはりお金のことでしょう。

AV女優になって短期間で爆発的に稼ぎたいと考えている人もいるかもしれませんし、実際にはどれくらいかかるのか全く見当がつかず、躊躇している人もいると思います。

そこで本稿では、AV業界のギャラのリアルな金額、出演料とAV女優の関係、さまざまなパターンでの月収の実例を紹介していきます。

AVコンシェルジュ

ギャラのリアル

AV稼ぎ

一般女性がAV女優になる理由として、今も昔も多いのはやはりお金の悩みです。

もちろん、最近の女性はそれ以外の理由も含まれるようになってきてはいますが、それでもやはりお金は大きな理由です。

金銭的に困難な状況の女性にとって、AV産業が最後の受け皿になっているのは、今も昔も変わらないことです。

ですから、当サイトを見ている女性の中にも、「実際のところ、AV女優になったらどれくらい稼げるの?」という疑問を抱いている女性も多いことでしょう。

そこで筆者は、複数プロダクションが目安として掲げている出演料から、AV女優のリアルなギャラを算出してみることとしました。

これはAV出演に限定していません。

というのも、AV女優が仕事をするのはAVだけではなく、出版社、ストリップ劇場、テレビ、インターネット、広告代理店など、様々な依頼があるからです。

それらの様々な依頼をこなすと、AV女優にはどのくらいのギャラが入るのでしょうか。

参考値を記しておきましょう。

パーツモデル 1回5000円

チャットモデル 1時間5000円

テレビ出演 1回5000円

ネットモデル 1回3~10万円

ダンサー 1回2~5万円

グラビアモデル 1回4~8万円

撮影会 1回4~8万円

写真集 1回30~50万円

単体AVモデル 1回50~200万円

企画単体AVモデル 1回10~50万円

企画AVモデル 1回3~30万円

あくまでも、これらはプロダクションの主張する金額であり、非常に現実的な数値であるものの、所属するプロダクションによっては変わる場合があると考えておいてください。

この中でも特に注目したいのは、パーツモデルの5000円とか、企画モデルの3万円といった最低金額です。

世間的には、どんな形にせよ裸やセックスをさらす仕事なのですから、それなりにまとまった金額を稼げるというイメージがあるのですが、これがリアルなギャラなのです。

これを、実際の例で考えてみましょう、AVプロダクションに所属して、アルバイトをしながら学校に通っているAV女優も増えてきましたが、そのような場合には学業との両立のために、週末だけアルバイトということが多くなります。

そのような女性が、毎週末に1回で月に4回、パーツモデルを1回と企画モデルを3回こなしたとして、どれも最低金額での仕事であったとすれば、ギャラの総額は9万3000円となります。

週1回の仕事で9万円以上のお金が稼げるとすれば、かなり割のいい仕事だと言っていいでしょう。

AV稼ぎ

ただし、バレるリスクがゼロではないことを考えると、あえてAVに出演することでこの程度の金額は少ないと考える人も多いと思います。

つまり、今やAVという仕事は、世間がイメージするほど稼げる仕事ではなくなっているということです。

このようなギャラの実態を見ると、最近の女性の価値観も良くわかると思います。

パソコンやスマホを使えば、インターネットでいつでも裸やセックスを見られる時代ですから、多くの男性にとって裸やセックスの価値が下がりました。

これは女性も同じことを感じており、自分の体の価値が下がっていると自覚している人が増えています。

そのため、昔は「裸やセックスは価値あるもので、多くの人にさらすものでもないから、何百万円、何千万円もらってもAVになんか出たくない」というのが普通の価値観だったのですが、今や「9万円でも出演する」時代になっているのです。

昔のAV業界は、今の2倍のギャラでも安いと考えられており、なかなか出演者が見つかりませんでした。

だからこそ、スカウトマンは疑似恋愛したうえでAV業界に送り込んだり、芸能人になれるなどと嘘をついてプロダクションに連れて行ったりしていました。

裸になってくれるまで時間をかけて手なずけ、だんだんと厳しい現実を突きつけていくという手法だったのです。

だからこそ、「話が違う」と金銭トラブルが起こることも多かったのですが、最近では安いギャラで納得して働く女性が増えているため、金銭トラブルも激減しています。

AV業界はクリーン化していると言われていますが、その理由の大きなものに女性の価値観の変化があり、グレーなことをせずとも働いてくれる女性が増えたからこそ、クリーンになれたという側面もあるでしょう。

 

気軽に相談できる、AVのお仕事の相談窓口

  1. AVコンシェルジュ

    AVのお仕事をしたいと思っても、すごく不安で、わからないことだらけだし、色々聞きたいんだけど、誰に聞いていいかわからない…
    そんなときはAVコンシェルジュにおまかせください!
    AVプロダクションでもない、AVメーカーでもない、中立的な立場からアドバイスしてくれるのがAVコンシェルジュ。
    LINEで気軽に相談できるのも支持されている理由ですね♪

    AVコンシェルジュとは? 公式ページへ

 

出演料とギャラの割合

AV稼ぎ

AV女優が仕事をこなすと、クライアントからAV女優にギャラが支払われるのではなく、クライアントからプロダクションに出演料が支払われます。

そして、その出演料のうち、プロダクションがあらかじめ決めていた割合で、AV女優にギャラを支払うことになります。

この時の割合は、プロダクションが独自に決めているもので、AV女優の意見は反映されていません。

そして、多くの場合は出演料の30~40%がギャラとなります。

よく、性風俗ではお店と風俗嬢が折半のシステムになっており、サービス料の50%が風俗嬢のギャラとなっています。

しかし、同じ性風俗産業でも、AV業界ではギャラが折半になることは少なく、多くの場合は30~40%です。

中には30%を切るプロダクションもあります。

AV業界がクリーン化した結果、AV女優が受け取る割合が高まってきている流れを考えると、30%を切るようなプロダクションは悪徳プロダクションの部類に入ると言っても良いでしょう。

プロダクションは、お金の事に関しては秘匿性が高く、自社に所属するAV女優だからと言って、「君の取り分は〇%」などと説明してくれるプロダクションはありません。

その理由の一つは、やはりプロダクションの利益を優先していることです。

そもそも、AVという仕事は合法的でない部分も多い仕事ですから、法的な規則によってギャラを決める必要がありません。

そこで、プロダクションが出演料からできるだけ多く取るかということが、経営において非常に重要なことなのです。

だからこそ、そのプロダクションがAV女優に支払っているギャラに関する情報は、経営にかかわる上層部の人間しか知ることができない仕組みになっています。

AV女優本人も、分かるのは「自分がいくらもらったか」ということだけであり、メーカーがプロダクションに支払った出演料を知ることはできません。

AV稼ぎ

したがって、自分が出演料の何パーセントをもらっているのかも分からないのです。

これからAV女優になろうとしている女性は、このパーセンテージができるだけ大きいプロダクションに所属したいと思っていることでしょう。

それが大きいということは、AV女優を大切にする姿勢があるわけですし、何といっても取り分が35%の場合と40%の場合とでは、何本もの作品に出演していくうちに、大変な差が生まれてしまいます。

しかしながら、現役AV女優のほとんどすべてが知らない情報なのですから、面接時にできるだけ取り分が多いプロダクションがいいからといって、「このプロダクションは何パーセントですか?」などと聞いたとしても、教えてもらえることは絶対にありません。

プロダクションばかりではなく、業界全体において出演料の開示はタブー中のタブーとなっています。

プロダクションがAV女優に伝えるのは「メーカーは○○、媒体は○○でギャラは○○だけど、出演する?」といったことだけです。

メーカーとしても、プロダクションに支払う出演料を、プロダクション以外に知らせることはなく、AV女優には隠すのが常識となっています。

クライアントとしても、プロダクションからAV女優を斡旋してもらわなければ仕事ができないのですから、AV女優に出演料を明かすというタブーを侵せば大きなトラブルになりますし、プロダクション全体からの信用を失うことにもなります。

多くのプロダクションでは、自社のAV女優が他のプロダクションのAV女優と交流することを禁じているものです。

これも、ギャラに関する情報を、できるだけAV女優に伝えないようにするためです。

他社のAV女優と交流すれば、「あの子のプロダクションは単体作品で〇万円ももらってる。

うちよりギャラが高いんだろうな」などの不満も生まれるかもしれません。

情報を開示しない理由は他にもあります。

例えば、後にトラブルになった時への備えです。AV産業自体がグレーゾーンのビジネスなのですから、行政によって非合法であるという明らかな判断がなされて、一斉に取り締まりが行われる可能性もあります。

その時、AV女優へのギャラも調査されるはずですが、もしプロダクションからAV女優に出演料の情報が開示されていれば、それが都合の悪い情報になる可能性もあります。

このように、出演料に関する情報はAV女優に開示されることがありません。

AV女優になりたい女性がプロダクションを選ぶにあたり、このパーセンテージが分かれば非常に良い指標になるのですが、分からないのです。

一つの基準としては、知名度が高いAV女優が多数在籍しているプロダクションを選ぶという方法があるでしょう。

その基準が完璧というわけではありませんが、それほどのAV女優を育てたマネージメント能力があるわけですし、トップ女優になるまでそのプロダクションで頑張れた背景には、それほど不満のないギャラが支払われていた可能性が高いと言えるからです。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    他人に見られる前に消すにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

実際の収入を見てみよう

AV稼ぎ

では、AV女優のギャラが出演料の40%の場合AV女優はどのくらいの月収を得られるのでしょうか。

いくつかのパターンを見てみましょう。

 

人気単体女優の場合

AV稼ぎ

まず、人気単体女優の場合を見てみましょう。

メーカーの強い後押しを得てデビューし、順調に人気を獲得して、現在デビューは半年。まだメーカーとの契約期間は残っているようなAV女優です。

その月には、メーカーと契約していた撮影が1本あり、監督面接や撮影の打ち合わせに1日、そして実際の撮影には2日、パッケージ撮影に1日で計4日かかりました。

このほか、雑誌のグラビア撮影が1本、DVD販売店での握手イベント、月刊誌の取材、スポーツ新聞の取材などをこなし、稼働日数は9日間でした。

この場合、ギャラは以下の通りになります。

AV出演 200万円(4日の撮影)

雑誌グラビア撮影 25万円×1日

月刊誌取材 4万円×1日

スポーツ新聞取材 3万円×1日

握手会 0円×2日

総売上 232万円、40%とするとギャラは92万8000円

ちなみに、単体ものを撮影したAV女優が販促のために握手会などを行なう際には、その報酬は実際の出演料に含まれているものですから、ギャラは発生していません。

 

企画落ちした元単体女優の場合

AV稼ぎ

単体女優は、売り上げが良くなければメーカーとの契約が更新されず、企画単体女優として活動しなければなりません。

この場合、単体女優で売れなかったAV女優は企画単体女優としてもなかなか売れないというケースも珍しくありません。

このケースでは、1日撮りのAV撮影が3本、2日撮りのAVが1本、インターネット配信のAVが1絡み、雑誌の付録用DVDの撮影が本番無しの1本と本番あり(1絡み:絡みとは本番行為のこと)の1本、1回5万円の撮影会を4回こなしました。

この場合のギャラは以下の通りです。

AV撮影1日撮り 40万円×3日

AV撮影2日撮り 35万円×2日

インターネット配信 15万円×1日

雑誌付録用DVD疑似絡み 8万円×1日

雑誌付録用DVD1絡み 15万円×1日

握手会 5万円×4日

総売上248万円、40%とするとギャラは99万2000円

このような場合、単体時代とそれほど給料は変わっていません。

しかし、契約を交わして安定的に稼げなくなっている状況で、企画単体女優として大人気とは言えない出演料ですから、不安を感じてしまうかもしれません。

人気企画単体の出演料は相当なもので、以下のようにたくさん稼ぐのです。

 

人気企画単体女優の場合

AV稼ぎ

次に、人気の企画単体女優のケースを見てみましょう。

メーカーと契約して、単体女優として活動することはできなかったものの、企画単体として人気が出たというようなAV女優です。

その月の活動は、メーカーの面接回り、1日撮りのAV撮影が14本、2日撮りのAV撮影が2本、SMの撮影が1日撮りで1本(ハードな撮影は出演料も高いため、別途計算します)、雑誌の付録DVDの撮影が1絡み1本、そのほかに撮影会、AV専門誌のインタビューといった内容です。

この場合、ギャラは以下の通りになります(企画単体女優以下のAVへの出演料は、日当で支払われるため、2日撮りの場合には2日分の出演料が支払われます。)

メーカー面接まわり 0円×2日

AV撮影1日撮り 40万円×14日

AV撮影2日撮り 30万円×4日

SM撮影1日撮り 50万円×1日

雑誌付録用DVD 15万円×1日

撮影会 8万円×1日

専門雑誌インタビュー 3万円×1日

総売上756万円、40%とするとギャラは302万4000円

このように、企画単体女優として売れっ子になれば、非常にたくさん稼げるようになります。

このケースでも24日の稼働で、ハードスケジュールになっているものの、300万円以上も稼げているのです。

トップクラスの企画単体女優になると、1本あたりの出演料がもう少し高いものですし、ハードな撮影に積極的にこなしている場合もあります。

したがって、総売上が1000万円を超えて、月に400万円や500万円といったギャラをもらうケースもあります。

 

専業企画女優の場合

AV稼ぎ

では、単体作品に出演できないAV女優、つまり自分ひとりで1本のAVを撮影できるだけのクオリティがない企画女優はどうなのでしょうか。

まず、専業で企画女優をやるケースを見てみましょう。

その月には、2絡みの乱交ものの撮影が1本、1絡みのハードなSMが1本、1絡みのナンパものが1本、絡みなしでオナニーをする撮影が1本、雑誌付録用DVDで素人役として出演して1絡み1本、付録用DVDで疑似絡みを1本、インターネット配信を1絡み1本という内容でした。

この場合、ギャラは以下の通りになります。

AV撮影乱交もの(2絡み) 20万円×1日

AV撮影ハードSM(1絡み) 15万円×1日

AV撮影ナンパもの(1絡み) 10万円×1日

AV撮影オナニーもの(絡みなし) 5万円×1日

雑誌付録用DVD(1絡み) 8万円×1日

雑誌付録用DVD(疑似絡み) 5万円×1日

インターネット配信(1絡み) 10万円×1日

総売上73万円、40%とするとギャラは29万2000円

AV業界の市場規模が縮小傾向にあること、それに加えて近年は自らの意志でAV女優になる女性が増えており、何千人という企画女優がいることから、企画女優一人当たりの仕事はどんどん少なくなってきています。

このケースを見ても、専業でやりたい意志があるにもかかわらず、実際の稼働日数は7日間だけであり、報酬も30万円を切っています。

このような状況から、専業の企画女優として生計を立てることは簡単ではなく、他の仕事と組み合わせてこなすケースが多くなっています。

 

兼業企画女優の場合

AV稼ぎ

では、副業として企画女優をこなすAV女優のケースを見てみましょう。

彼女の本業は小さな会社の事務員で、手取りは18万円です。

それだけでは生活するだけでやっとであり、貯金などもできないため不安です。

そこで、休日を活用して企画女優をやる女性が増えています。

彼女の場合、土日が休みなので、月の休みは8~10日程度あるのですが、なかなか仕事がない企画女優ですから、月の稼働日数は4日くらいのものです。

例えば、1絡みのナンパもののAVに2本、1絡み1疑似の乱交もののAVに1本、雑誌の付録用DVDに出演してフェラをするだけといった感じです。

その場合のギャラは以下の通りです。

AV撮影ナンパもの(1絡み) 10万円×2日

AV撮影乱交もの(1絡み1疑似) 12万円×1日

雑誌付録用DVD(絡みなし) 3万円×1日

総売上35万円、40%とするとギャラは14万円

色々なパターンで試算してきましたが、これらのギャラは現実的な数値であると思います。

注目したいのは、売れっ子企画単体女優のケースでしょう。

稼働日数は単体女優の2.5倍程度ですが、稼ぎは3倍以上になっています。

もし人気が落ちることなく、このような稼働率を1年間維持できたならば、3500万円以上を稼ぎ出すことになります。

20歳女性の平均的な年収は256万円とされていますが、(2015年9月~2016年8月のデータ)、その約14年分を1年間で稼いでしまうのです。

また、企画女優に関してはAV女優の厳しい現実が良くわかるデータとなっています。

専業でこなしても、一般のOLより少し稼げる程度なのです。

そう考えると、AV女優という仕事が、決して世間でイメージされているほど稼げる仕事ではないということが分かるでしょう。

企画女優に至っては、決して豊かとは言えない状況です。

したがって、企画女優は副業としてやっているケースが多く、特に風俗嬢をやりながらAV女優をやるというケースも多いようです。

単体女優や企画単体女優はそれなりに稼げますが、その状況が何年も続くわけではありません。

売れっ子として月に何百万稼ぐ企画単体女優はごく少数で、1年2年とその状況を維持するのは、よほどの運と実力がなければ不可能なレベルです。

あまり現実的な数値だとは思わない方が良いでしょう。

 

 

まとめ

AV稼ぎ

本稿から、AV女優という仕事は案外厳しいというイメージを持った人もいるかもしれません。

単体女優や企画単体女優はそれなりに稼げる仕事であり、そこで売れっ子になったAV女優がタレントなどに転身できる可能性も、わずかずつではありますが広がっています。

したがって、単体や企画単体として活躍できるクオリティを持っており、なおかつAV業界に興味があるならば、そこで働いてみるのも良いでしょう。

企画女優は、本稿で書いてきた通りかなり厳しい状況になっています。

専業の企画女優として生活していくのは困難であり、非常に不安定であると言わざるを得ません。

そこで、企画女優として働くならば、アルバイトとして働くのが良いでしょう。

アルバイトとしてこなし、月に15~20万円程度を休日だけで稼ぐことができますし、企画女優は絶対数が非常に多く、知名度が高まることはなく、バレるリスクもかなり低い仕事ですから、割のいいアルバイトであると言えます。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AV嬢部屋探し
AVのお仕事、相談窓口
LINEで簡単に相談できるAVコンシェルジュ。

プロダクションでもない、AVメーカーでもない第三者的な立場で、あなたに最適なアドバイスをします。


詳しく見てみる

この記事も読まれています

  • AV女優は引退後どうなる?

  • NGを解禁して活動していくことの強み

  • 【AVの歴史】日本ではどのような動きが起こっていたのか

  • 現在のAV業界の状況とAV女優の悩み

関連する記事はこちら

  • なぜ、日本のAV女優のギャラは世界的に見ても高水準なのか?

  • 本当に高収入なの?AV女優の収入、リアル話

  • AV女優が引退後に稼ぐ方法4パターン

  • 顔出しする?しない?リスクとリターンは比例します

  • AV女優の出演料の裏側を徹底解説

  • AV嬢を目指す人のための、ギャラについて基本情報