1. TOP
  2. AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話
AVコンシェルジュ

AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話

ヒエラルキーとギャラ

AVに出演するAV女優達は、視聴者側からすれば単に人気によって扱いが変わっているのかな、という程度の認識しかないことも多いものですが、実際にはAV女優には明確なヒエラルキーによる区別があります。

それは、単体、企画単体、企画という3つのヒエラルキーです。

AV女優のヒエラルキー

ヒエラルキーとギャラ

このようなランク別での分類は、AV業界では日常的に行われています。

このうちどのヒエラルキーに分類されるかによって、出演料をはじめとしたAV女優としての扱いが全く変わってきます。

それぞれのヒエラルキーについてみていきましょう。

単体

ヒエラルキーとギャラ

単体とは、AVアイドルと言われるような、AV業界におけるトップスターになりえる存在であり、そのAV女優を主役として1本のAVを撮影することができ、さらにそのAV女優が主演することで、(そのAV女優の名前によって)相当数の売上が見込めるAV女優のことです。

単体は期間と出演本数をもとに特定メーカーと専属契約を交わします。

毎月1本の出演であり、ギャラは1本ごとに支払われるため、毎月固定して100万円前後の収入を得ることができます。

ヒエラルキーとギャラ

単体女優としてのデビューが決まれば、メーカーは新聞・グラビア・イベントなどを通じて大々的に告知を行い売り込みます。

各年代で代表的な単体女優がおり、今でいえば蒼井そらやRioなどが代表的な存在でしょう。

テレビや一般週刊誌などにも登場することができるため、AVに無関心な一般の人でも名前を知っています。

企画単体

ヒエラルキーとギャラ

企画単体とは、単体のように特定のメーカーと専属契約を交わしてはいないものの、単体と同じように主役として1本のAVに出演し、場合によっては単体女優並、あるいはそれ以上の売上が望めるAV女優のことです。

専属契約をしていないだけに、1本あたりのギャラや月あたりの出演本数は決まっていません。

ギャラは1日単位での計算となります。

ヒエラルキーとギャラ

単体では、メーカーが「この女優は売れる!」と判断した女優を独占して出演させるために専属契約するものですが、そのためにはメーカーに資金力やノウハウが必要であるため、そのような方法を取れるのは経験豊富であり、ユーザーやAVモデルプロダクションから信用がある大手メーカーに限られます。

しかし、それらを持っていない中小のメーカーは、企画単体に依頼することになります。

そのため、人気のある企画単体には依頼が集中する傾向にあり、年間数百本に出演して企画単体としての出演を重ねている内に名前が浸透し、収入でも知名度でも単体女優を超えることがあります。

最近では、先日引退を表明した上原亜衣などが良い例でしょう。

企画

ヒエラルキーとギャラ

企画女優は、ヒエラルキーの中で最も下層に位置する女優です。

企画は企画単体と同じように、特定のメーカーとの専属契約をすることはなく、ギャラも1日単位で支払われます。

無名であるため、自分ひとりの知名度や人気度だけでは売り上げを見込めないため、複数の女優と一緒に企画ものAVなどに出演しています。

企画とはそのような女優の総称であり、パッケージや本編に名前がでることも基本的にはありません。

ヒエラルキーとギャラ

日雇い労働者のように現場から現場へとセックスや裸を売り歩く存在であり、名前が出ないだけに何本出演しても名前が売れていくことはありません。

企画女優監督などから見出されてトップ女優の仲間入りをすることもあり、琥珀うたや成瀬心美がそれにあたります。

成瀬心美
http://www.dmm.co.jp

しかし、企画女優が全体で数千人いることを考えると、そのような例はごくまれです。

当然ながらギャラは安く、単体や企画単体に比べるとかなり低くなります。

しかし、名前や人気で売れないのですから、求められる性行為は過激であるという、過酷な立場といえます。

AV女優の中にはアルバイト感覚でAV女優をやっている人も多いものですが、そのようなAV女優のほとんどは企画女優にあたります。

トップAV女優のかつてのギャラの差

ヒエラルキーとギャラ

多くの人が知っている、90年代後半のトップAV女優と言えば小室友里ですが、彼女のギャラは1本あたり300万円でした。

AV業界が始まってまだ間もないころ、AV業界が膨張した時期にはギャラが1本1000万円というAV女優も一時的にはいましたが、90年代半ばになると芸能人などがAVデビューした場合を除けばそのような高額ギャラはあり得なくなり、単体AV女優のギャラは上限300万円という目安ができました。

当時のトップAVアイドルである小室友里の月収を試算してみましょう。

小室友里
http://www.dmm.co.jp

小室友里は単体女優ですから、専属メーカーと契約を交わして月に1本の出演をすることしかできません。

完全歩合制であり、プロダクションとのギャラ配分は2対1という取り決めでした。

撮影がない日はアダルト雑誌のグラビア撮影や取材、イベントなどをこなすことになります。

小室友里の出演料は300万円であり、これはメーカーからプロダクションに支払われる金額です。

これに0.33を乗じたうえで、その他の活動(グラビア撮影、取材、イベントなど)から20万円の収入があることを考えると、約120万円が彼女の月収となります。

ヒエラルキーとギャラ

当時、多くの男性から認知されており、高い人気を誇ったAVアイドルがこれくらいしかもらっていないとなると、かなり安い印象を持つ人もいることでしょう。

300万円を全て受け取ることができればよいのですが、AV女優のギャラは法律や規約で縛られるものではないため、プロダクションが2対1と言えばそうなるのは仕方のないことです。

ちなみに、小室友里本人はこの収入に納得していました。

AV女優のギャラが変わった背景

ヒエラルキーとギャラ

2000年代後半になると、社会ではSNS時代に突入しました。

AV女優がTwitterなどのSNSに登録して活動することで、AV女優間の交流も生まれ、これがプロダクションの支払うギャラに変化をもたらします。

それまでは、プロダクションはAV女優同士の交流をはじめ、撮影現場でクライアント側の人間が女優に対してギャラの話をすることは禁止されていました。

なぜならば、そのような会話が出ると、AV女優が「他のプロダクションよりギャラが低いかもしれない」と不満を持つことにもなりかねず、他のプロダクションに移籍を考えるようになるかもしれないからです。

ヒエラルキーとギャラ

そのため、AV女優を使って仕事をするための大前提として、AV業界全体で「女優にお金に関する情報を与えない」という常識があったのです。

しかし、SNSが活発になると、AV女優が情報を得る機会を完全に奪うことは難しくなります。

SNSの発達によってAV女優同士がSNSを介して交流を始めるようになり、情報が筒抜けになったのです。

ヒエラルキーとギャラ

プロダクションは女優同士の交流を禁止していましたが、それが難しくなりました。

このように交流が起こるようになった以上、もしプロダクションが搾取していたのであれば、女優は高い確率で不満を持つようになります。

そのため、今ではお金で揉めることがないように、多くのプロダクションがギャラを折半とするようにしています。

出演料どれくらい?

ヒエラルキーとギャラ

AV女優にはヒエラルキーがあり、当然ながらヒエラルキーごとに出演料には差があります。

AV女優の出演料には、単体、企画単体、企画という3つに分類されたヒエラルキーによって異なるだけではなく、同じヒエラルキーの中においてもそれぞれにおける人気、スペック、キャリア、出演するジャンルなどによって異なります。

出演料は流動的であるため、出演ごとに異なるものですが、基本的にはデビュー間もない時期が最も高額であり、徐々に落ちていくのが一般的です。

ヒエラルキーとギャラ

これがAV女優という職業の特異的な部分でもあります。

一般的な職業では、駆け出しの頃は経験がなく貢献も少ないだけに給料は低いものですが、経験を積んでいけば行くほど貢献することも多くなってくるため、給料は高くなっていくものです。

しかし、AV女優ではこれと真逆の動きとなるのです。

単体女優は、1本あたり100万円以上の出演料となります。

ヒエラルキーとギャラ

クオリティはもちろんのこと、経歴や性格といった多くの要素を総合した価値が高く、それをいかにして売り込んでいくことができるかを考えるのですが、そこには過去の類似する単体女優の出演料や売上なども加味して算出されます。

その上でオファーするメーカーとそのAV女優が所属するプロダクションが話し合い、契約本数や出演料を決めていき、契約することとなります。

契約は数ヶ月で交わされることとなりますが、契約期間中に出演した作品の売上で好成績を残せば、契約更新時に出演料がアップし、逆に成績が悪ければ契約を打ち切られることになります。

ヒエラルキーとギャラ

その点では、プロ野球選手などと似ているシビアな世界であるといえます。

現在、AV市場の縮小には歯止めが利かないほどであり、AVメーカーの売り上げ低迷は深刻なものです。

その影響は当然ながらギャラにも表れます。

なんとかしてギャラを抑えようとするのは当然の動きであり、出演料は100万円からスタートという事が多くなっています。

ヒエラルキーとギャラ

AV女優の出演料は、上述の通り単体ならば1本あたりで固定されています。

これに対し、企画単体や企画は1日当たりの単価となります。

企画単体と企画の場合は、撮影前にプロダクションと話し合い、口約束で出演料が決定されることが多いです。

AV業界では、撮影におけるセックスを「絡み」と表現し、セックスを伴わない性行為を「疑似」と表現します。

ヒエラルキーとギャラ

撮影内容は絡みや疑似がどれくらいは行ってくるかによって変わってきますが、1日で撮影できる内容である2絡み1疑似が標準的な価格となります。

もちろん、撮影内容によっては3絡み疑似なしであったり、1絡み2疑似であったりすることがありますが、そのような場合には内容に応じてギャラが変更されます(3絡み疑似なしの場合には出演料が上乗せされ、1絡み2疑似の場合には出演料ダウンとなります)。

AV女優のランクごとの出演料は以下が目安となります。

AV女優ヒエラルキー

まず、単体は、

・単体A+(芸能人AV女優を除く、極めてクオリティが高い単体AV女優)・・・300万円

・単体A(かなりクオリティが高い単体AV女優)・・・150~250万円

・体B(クオリティが高い単体AV女優)・・・100万円

となります。

企画単体と企画は、1日当たりの出演料となります。

ヒエラルキーとギャラ

しかし、2日に渡る撮影になった場合には必ずしも1日当たりの単価がそのまま2日目にも適用されるという事ではなく、プロダクションとの口頭での話し合いで適正価格を加算することになります。

・企画単体A+(ブランド力のある手メーカーから数か月前に単体デビューしたAV女優が、契約が切れたばかりの元単体。鮮度とクオリティの保証ができ、かなりの売上を見込める)・・・80万円

・企画単体A(大手メーカーから数か月前にデビューし、契約が切れたばかりの元単体)・・・70万円

・企画単体B(単体デビューはできなかったものの、色々なメーカーに出演するうちに知名度が上がったAV女優。固定ファンが多く、かなりの売上が見込める)・・・60万円

・企画単体C(複数のメーカーで出演を重ねて、それなりに知名度が上がったAV女優)・・・50万円

・企画単体D(企画単体として売り込みたいと思ったAV女優がデビューした時の価格)・・・40万円

・企画単体E(企画女優の上位だが企画単体には至らないAV女優。クオリティはいまいちであるものの、セックスが好き、淫乱・変態である、演技力があるなどの特性が認められている。企画単体の40%はこの層に位置する)・・・30万円

・企画A(企画女優以上であるものの、企画単体には至らない。特性もない)・・・25万円

・企画B(企画であるものの、外見やパーツの一部分にどこか売りがある。または10代・熟女などの、年齢的な売りがある)・・・20万円

・企画C(20代の一般女性や体型の崩れた熟女など)・・・・15万円

上記から分かる通り、300万円もの出演料を手にすることができるAV女優はごく一部です。

ヒエラルキーとギャラ

それ以上の出演料は、AV女優ではなく芸能人AVの領域での出演料です。

芸能人AVというジャンルは2006年から活発になっています。

芸能人がAVデビューする際には、芸能事務所やブローカーとAVメーカーが綿密な交渉を行い、出演する芸能人の人気度やネームバリュー、時期などによって出演料は大きく変わります。

ヒエラルキーとギャラ

数年に1度のペースで、まさかと思わせるような大物芸能人がAV出演して話題となりますが、そのような場合には2000~9000万円もの莫大な出演料が動いていると言われています。

そのような話題になる芸能人AV女優はごく一部ではありますが、実際にはもっと多くの有名芸能人がAVメーカーのオファーを受けています。

そのような例を除けば、AV女優の出演料は15~300万円となっているという事です。

この出演料は、前述のとおり全てがAV女優に支払われるのではなく、一旦はプロダクションに支払われたものを、プロダクションが取り決めた割合でAV女優に支払われることになります。

ヒエラルキーとギャラ

つまり、企画Cの女優が2絡み1疑似の標準的な出演を果たした場合、そのプロダクションが出演料を折半としている場合には、7.5万円の出演料しか手にできないという事になります。

最近のAV業界の窮状が話題になるとき、よく「AVに出演しても3万円しかもらえなかった」などという体験談が出ることがありますが、これは嘘ではないという事です。

企画Cレベルの女性が出演した場合、そのAVが複数のAV女優のセックスシーンを集めたオムニバスなどであれば、そのAV女優の出演は1絡みのみであるため、出演料はもっと下がって7.5万円、これをプロダクションと折半すると3.75万円となるのです。

ヒエラルキーとギャラ

さらに、そのようなオムニバスAVには、マニア向けにフェラばかりを集めたAV、手コキばかりを集めたAVなども多く、そのようなAVではAV女優一人当たりの出演では1疑似しか行われないため、出演料はもっと下がります。

そのような出演を果たした場合には、AVに出演しているにもかかわらず、風俗で働いたり援助交際をしていた方がよほど稼げるという状況にもなりかねません。

AVの撮影をオファーするにあたっては、撮影内容は事前に伝えられます。

その撮影で予定されている性行為の内容や拘束時間はプロダクションに伝えられ、それによって出演料は変動します。

ヒエラルキーとギャラ

AVのジャンルが非常に多いことからも分かるように、撮影内容は多岐にわたります。

絡みと疑似の回数も異なりますし、ぶっかけ、SM、外人とのセックス、レイプもの、複数の男性とのセックス、中出しなどの特殊な内容が含まれるならば、出演料は高くなる傾向があります。

このほか、撮影内容はどの様な媒体で使用されるのか(販売用DVDなのか、雑誌の付録なのかなど)によっても、出演料は異なります。

出演料の水準は維持されているものの、AV女優の収入が下がっている

ヒエラルキーとギャラ

AV女優の出演料が下がっている理由は、時代の流れとともにAV市場が縮小し、メーカーの売上が低迷し、それによってAVの製作費が下がっているからにほかなりません。

打ち上げ本数の下落が下がっている以上、原価を抑えるほか対処のしようがないのです。

80年代後半から90年代前半は全盛期でしたが、そのころに比べると現在の製作費は3割~半分程度にまで下落しています。

メーカーは、財政が逼迫している中でも新作をリリースしていかなければ生き残ることができません。

ヒエラルキーとギャラ

そのため、ここ数年間で1絡みが撮影現場での常識になりつつあります。

上記の表で見るならば、例えば企画BのAV女優を起用する場合には、2絡み1疑似で20万円の出演料となりますが、それを1絡みに抑えることによって出演料を10万円に抑えることができます。

それでは収録時間が足りなくなるため、さらに企画BのAV女優をもう一人起用して1絡みの出演をしてもらいます。

なぜわざわざ2人起用するのかと言えば、ユーザー側にお得感が出るという事もありますが、メーカーがプロダクションに対して「おたくの企画Bの子を1絡みで2人使うから、2人で18万円にしてもらえないか」などと交渉することで、製作費を少しでも削ることができるからです。

AV女優ヒエラルキー

1万円や2万円の額で交渉しなければならないことからも、いかに制作サイドが苦労しているかが分かります。

絡みの回数単位でギャラ交渉が行われるというのは、古くからのAV業界の慣習でした。

そのため、絡みはせずにフェラチオなどの疑似だけの出演となれば、出演料はグッと下がり、3万円程度で出演することもあります。

また、雑誌の付録用DVDなどのためにヌードの撮影の日となることもありますが、その際には疑似さえしないのですから出演料はさらに下がることになります。

ヒエラルキーとギャラ

もっとも、これは出演料の水準が低下しているという事ではありません。

出演料の水準は好景気時代と変わっていません。

しかし、AV女優のクオリティは非常に高くなっており、キャスティング担当者が絡みの回数を減らして出演料を下げる努力をしていることによって、深刻なまでにAV女優の収入が下がっているのは事実です。

ヒエラルキーとギャラ

したがって、AV女優が出演料を下げられ搾取されているという指摘は的外れなものです。

ここ数年では、2絡み1疑似の撮影が行われ、出演料の水準が満たされるような撮影は激減しており、1絡みのみでの出演などが増えています。

つまり、出演における性行為のばら売りが当然となっているのです。

AV女優の収入はどれくらい低下しているか

ヒエラルキーとギャラ

では、AV女優の収入はどれくらい低下しているのでしょうか。

AV全盛期の1990年と今年2015年に、全く同じ能力値と外見を持っている女性がAV女優にデビューしたと仮定して話を進めていきます。

まず、ここ最近の20数年間でAV女優のクオリティは著しくアップしているため、1990年当時に企画A+で出演することができた女性は、おそらく今では企画Cくらいでしか出演することができません。

そして、1990年には2絡み1疑似が普通でしたが、今では1絡みのみの出演が当然となっていますから、この意味でも収入は減ってしまいます。

ヒエラルキーとギャラ

毎週1回撮影があり、月あたり4回の出演としたならば、比較は以下の通りになります。

1990年

25万円(1日当たりの出演料、2絡み1疑似)×4本(月あたりの出演本数)×0.5(AV女優の取り分)=50万円

2015年

7.5万円(1日当たりの出演料、1絡み)×4本(月あたりの出演本数)×0.5(AV女優の取り分)=15万円

ヒエラルキーとギャラ

絡みの回数は減っているわけですからギャラが下がるのも当然のことですが、この25年で稼ぎが50万円から15万円と7割近くも低下しているのは深刻です。

昔は企画レベルの女性、すなわちクオリティがそれほど高くない女性でもAV女優になれば稼ぐことができましたが、最近ではAV女優になっても簡単には稼げないといわれる理由がわかると思います。

さらに、90年代前半までのAVは、現在に比べると作品内容のレベルは低いものでした。

セックスも単調であり、AV男優とただセックスしていれば稼げますから、出演者の仕事はルーティンワークでありラクです。

ヒエラルキーとギャラ

とりあえずセックスしている様子が収録されていればOKという、非常に甘く緩いものだったのです。

企画作品などはその最たるものであり、無名のAV女優が出演してノーマルなセックスを行い、顔面に精子をかけられて終わりといったワンパターンの内容が普通だったのです。

しかし、現在は違います。

AVの内容はそのような単調なものでは視聴者が満足することはなく、過激な内容が好まれます。

ヒエラルキーとギャラ

例えば複数の外人(黒人)に犯される、痴女を演じて挿入前に何度も潮を噴く、数人の男に激しくレイプされ精子を体中に浴びるなどといった、およそ日常では起こりえないアブノーマルなセックスをしなければなりません。

当然ながら、技術や経験が求められ、一般の女性が卒なくこなすことが難しいレベルの内容です。

さらに、ソフトはビデオからDVD、ブルーレイに変わったことによって出演時間は長くなっているため、撮影でのセックスの時間も長くなります。

したがって、ギャラは7割近くも下がりながら、仕事量と求められるスキルは大幅に上がっているのです。

ヒエラルキーとギャラ

メーカーの業績悪化の影響は出演料の削減だけではなく、出演するAV女優のクオリティを上げたり、過激な行為を行うことによって売上を伸ばそうという動きも生み出しています。

監督、カメラマン、AD、編集者などの報酬を限界に引き下げることで、なんとかAV女優の出演料の水準を保っているという状況であるため、メーカーはプロダクションに対してよりスペックの高いAV女優や、より出演本数の少ない新鮮なAV女優を求めています。

今後もAV市場の縮小には歯止めが利かないと考えられます。

縮小すればするほど製作費も下落していくため、AV女優の収入は今後も下落していくことでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

ヒエラルキーとギャラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • 初対面の人に「AV女優やってます!」と堂々と言える時代

  • AV女優になりたい人全員が怖がっているデビューについて

  • 元AV女優M.Nが語るリアル話3「撮影前にはどうしているのか」

  • AV女優とプロダクション・マネージャーの関係とは

  • いくら稼いでる?AV女優の給料明細をのぞき見る

  • あなたの働き方はどっち?AVに向いている人、風俗に向いている人