1. TOP
  2. メンヘラ系はいなくなった最近のAV女優。今は普通な人が脱いでいるんです!
AVコンシェルジュ

メンヘラ系はいなくなった最近のAV女優。今は普通な人が脱いでいるんです!

AV女優メンヘラ

メンヘラとは、簡単に言うならば精神的に病んでいる人の事です。

それらの女性は何かと問題を起こしがちである為、AVのクオリティがあがっていく道程で次第に減少しています。

AVコンシェルジュ

メンヘラとは

AV女優メンヘラ

最近よく聞くようになったメンヘラという言葉。

これは一体どのような意味なのでしょうか。

メンヘラとは、簡単に言うならば精神的に病んでいる人の事です。

したがって、一般的にはメンヘラといえば女性に使われることが非常に多いですが、男性に用いても間違いはありません。

元々は精神面での健康を意味する「メンタルヘルス」が精神面での健康を損なった人そのものを意味する言葉です。

そして、ネットで「メンヘル」と呼ばれるようになったものが、er形になったものが「メンヘラ」です。

精神障害などの重篤な症状を指す場合にはメンヘラとは言わず精神障害という言葉を用います。

しかし、比較的軽度の症状を患っている場合にメンヘラという言葉が使われることが多いです。

メンヘラは精神を患っているゆえの色々な問題行動を起こします。

顕著な例がリストカットなどでしょう。

AV女優メンヘラ

メンヘラは精神的な弱さを補助する支えを必要としているため、身近な人の関心を惹くために手首や腕に自傷行為を行います。

この点において、真に重篤な症状と一線を画しているでしょう。

真に重篤な鬱であれば、人に気取られないように注意を払って人知れず自殺を図り(人に知られてしまえば制止されて死ねないため)

しかもできるだけ確実な方法を選択するためリストカットはしないのです。

このため、メンヘラといえば「リストカットするような女性」という認識を持っている人も少なくないでしょう。

この認識はAV業界も持っています。

リストカット痕がある女性はメンヘラであり、メンヘラの女性は精神を患っております。

何かと問題を起こしがちであるため、プロダクションへの所属を許さないケースがほとんどになっているのです。

メンヘラがAV女優になれる時代は終わった

AV女優メンヘラ

AV業界は、そもそもがアンダーグラウンドな世界であるため、当初は非常に怪しい雰囲気が漂っており、危険人物も多数関与していたのは事実です。

しかし、30年の歴史の中で失敗と改善を重ねた結果、今やクリーンな業界になっています。

この功績は大きく、性に関することを何かとタブー視する民族性がある日本において、セックスワーカーへの社会の許容度は確実に高まりました。

AV黎明期の事務所などといえば、俗な言い方をすればヤクザっぽい雰囲気を持っていたものです。

セックスを売ることに抵抗を感じる女性がほとんどで働き手となる女性が見つからなかったために、メンヘラとか薬物中毒者を連れてきて出演させるのが王道でした。

特にメンヘラは多く、リストカットの後がある、心療内科や精神科に通院しているなどはごく当たり前のことでした。

それらの女性はAVのクオリティがあがっていく道程で次第に減少していきました。

AV女優の数が増えて女優間の競争が激しくなってきた2006年以降は「ごく稀」という状態にまで激減しました。

特に、競争に勝って活躍している女優の中にメンヘラはまずいません。

熾烈な競争の中では心が弱い女性は圧倒的に不利であり、到底勝ち残っていくことができないからです。

メンヘラたちはAV業界から自然淘汰されていったとも言えます。

メンヘラ淘汰の流れ

AV女優メンヘラ

メンヘラがAV女優になれた時代のことを少し語りましょう。

90年代のAV女優には軽度の鬱、自傷癖、不眠症、パニック障害などを患ったメンヘラが非常に多く活動していました。

メンヘラにとどまらず非常に重く回復の見込みがない統合失調症やパーソナリティ障害を患った女性も当たり前に活動していました。

パーソナリティ障害になった人は社会に迷惑行為を働く可能性があるため、通常は精神病院に入院するなどして治療に専念するものですが、それも強制ではありません。

ましてやそのような女性が一般企業で働けるはずもなく、当時のAV 業界はメンヘラたちのセーフティネット、悪く言えば巣窟となっていたのです。

しかし、AV業界がクリーン化し、イメージが向上し、自らAV女優をなる女性が出始めた2006年以降には、メンヘラたちは追いやられていくこととなります。

なぜならば、メンヘラたちは時間通りに撮影現場にこなかったり、監督が求める演技をしなかったり、現場でもめごとを起こしたりとトラブルを起こすことが多かったからです。

プロダクションはこのような管理に手間のかかるメンヘラたちを嫌い、メーカーも制作にかかわるメンヘラが問題を起こしがちなのを嫌っていました。

そもそも、上記の通りメンヘラを出演させていたのは出演する女優がいなかった時代に仕方なく出演させていただけです。

心身ともに健康な女優が自らAV女優になる時代においては、それらの女優を抱える必要がなくなったのです。

女優を提供するプロダクションと女優を起用するメーカーの関係は非常に深いものであり、双方がメンヘラを嫌います。

さらにメンヘラでない女優が増えた今、AV業界にメンヘラが入りこむ隙間は全くなくなっています。

それだけではなく、プロダクションとメーカーの深い関係は、長年かけて深めてきた強い信頼関係でもあります。

もしプロダクションが可愛いからといってメンヘラを採用してメーカーに売り込み、何らかの問題を起こしてメーカーに迷惑をかければ、信頼関係にキズがつくこととなります。

メンヘラを淘汰する流れが完全に出来上がった今となってはなおさらです。

もしメンヘラであることを隠してメーカーに送り込んだりすれば、プロダクションの今後に大きな悪影響にもなりかねません。

このように、多方面から見てAV業界はメンヘラを必要としなくなり、むしろメンヘラを拒否するようになりました。これがメンヘラ淘汰の流れです。

もはや不眠症も許されない

AV女優メンヘラ

不眠症をもってメンヘラに分類するかは微妙なところです。

しかし、メンヘラの定義が精神疾患を患った人である以上、精神的ストレスなどを起因する不眠症を患っている人もメンヘラと言っていいでしょう。

今のAV業界のメンヘラ淘汰は徹底しており、不眠症の女優も非常に活動しにくくなっています。

もちろん、メンヘラに分類される他の精神疾患に比べれば、不眠症などはごく軽い症状であるといえます。

リストカットもなく、鬱の症状もなく、コミュニケーションも普通に取れるけれども不眠症、という程度の女性はプロダクションに所属してAV女優になることは可能であるかもしれません。

不眠症の人は本来眠るべき時間に眠ることができず。

不眠状態のまま撮影に来ることとなります。

そのため、遅刻が多く、撮影の時も力が入らず、共演の時などは共演女優の足を引っ張ることもあります。

また、睡眠不足が美貌に与える悪影響は大きく、化粧ののりが悪い、肌が荒れているなどの症状が起きるため、美貌も売上の一要素であるAV女優としては好ましくありません。

このように、不眠症程度の症状でも、現在のAV業界では活動が難しくなっています。

あなたは大丈夫?

AV女優メンヘラ

あなたはメンヘラではないでしょうか?

メンヘラでありながらAV女優になりたいと思っているのであれば、まずプロダクションがそれを許しません。

リストカットの痕があればそれだけで無理であり、もし外見に症状が現れていなかったとしても、内面のメンヘラ的要素は時間とともに隠すことができなくなります。

そして、そのうち仕事のオファーはこなくなり、引退を余儀なくされます。

したがって、もしメンヘラの女性がAV女優になりたいと思っているならば、心療内科に通院するなどしてメンヘラ的な要素を綺麗に治療してしまい、それから挑戦すべきでしょう。

精神疾患はあくまで病気の一種であり、正しい治療で確実に治療することができます。

ここでメンヘラの女性の特徴を挙げてみるので、自己診断をしてみてください。

トラウマを安易に話したがる

出会って間もない人にでもトラウマを語ることがある場合、精神的に弱い自分を守ってくれる相手を求めているゆえの行動であり、メンヘラの特徴です。

いつも悩みが絶えない

他人からすればどうでもいいことなどいつも何かに悩んでおり、それをすぐに人に相談する傾向があります。

いわゆる「かまってちゃん」といも言われる女性にはメンヘラが多い傾向があります。

彼氏をひどく束縛したくなる

AV女優メンヘラ

自分の恋人がどこで何をしているのかが気になって仕方ないというのもメンヘラの特徴です。

自慢話が多い

自慢話をする真理は、話し相手より自分を優位に立たせようとすることにあります。

これは自分の精神的な弱さを自覚している裏返しでもあり、精神的に弱い・患っている証拠でもあります。

自傷行為に走る

これまでも述べてきましたが、腕や手首に自傷行為を行うのはメンヘラの典型的な特徴です。

しかし、人から見られる可能性がない部位への自傷行為や命に危険が及ぶ

(手首を横にではなく縦に、つまり血管に沿って切るなど)自傷行為を人知れず行っているならばこの限りではありません。

無駄に激情家である

AV女優メンヘラ

典型的な例が、彼氏との関係が弱くなったことで不安を覚え、わざと喧嘩をして傷つけあい、仲直りをすることでお互いの距離を再び近づけようとするケースです。

激情的なことでしか愛情を深められないことはまぎれもなく病的です。

自己中心的である

彼氏は仕事などの何らかの事情で応答できないにもかかわらず、何十回も電話やメールを繰り返す女性がいますが、これもメンヘラの典型的な特徴です。

自分の否を認めない

自分は追い詰められている側であり、あくまで悪いのは周りであるという、自分の否を一切みとめない女性は、重度のメンヘラです。

この部類になるとこのような自己診断を行う余裕もなくなっています。

いかがだったでしょうか。

思い当たる点が見つかった女性は改善・治療の工夫をしてみましょう。

思い当たる点が見つかったということはまだ自己分析ができる余裕があると言うことであり、症状も軽度であると言うことです。

それほど時間をかけずにメンヘラ状態を脱出し、晴れてAV女優になることができるでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優メンヘラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • AV女優のメンタル面は、麻美ゆまに学べ!

  • 過去に死亡事件も・・・妊婦ものAVの世界

  • 何回も言いますが不幸なAV女優なんてもういないのです!

  • AV女優の一番の悩み「家族に言えない…」

  • AV女優は家族にカミングアウトしているのか?

  • AVアイドルはこれから!AV女優の社会進出により活躍の場は増える