1. TOP
  2. あいつが憎い!AV女優が持つうらみ2選
AVコンシェルジュ

あいつが憎い!AV女優が持つうらみ2選

AV女優うらみ

AV女優の中にはうらみをいだく人もいます。

なぜ、うらむのでしょうか。

うらみをいだく二つのパターンを見ていきましょう。

AV女優のうらみ

AV女優恨み

AV女優が抱くうらみは2種類、

A、「なんで自分がこんなになってしまったのか」といううらみ

B、「昔のように売れなくなったのはあいつのせい」といううらみ

に大別されます。

A.業界関係者のせいにする女優

AV女優恨み

AV女優になったことを後悔する女優がいます。

自分の作品が並んでいるのを見ると

「バレないかな…やばそうだな…」

「なんで私こんなことやっちゃったんだろう…」

そう思ってしまうものです。

そんな女優の中に、自分で納得してAV女優になったのを棚に上げて、

「私をAVに落としたスカウトが悪い」

「私を口説いたプロダクションが悪い」

と責任転嫁する女優がいるのです。

確かに、スカウトマンがやり手だったのかもしれませんし、プロダクションの説明が上手かったのかもしれませんが、決めたのは本人です。

にもかかわらず、あれが悪いこれが悪いと他人のせいにします。

そんなAV女優の特徴は決まって、

「売れていない」

ということです。

はっきり言って、マインドが腐っている人は売れません。

売れる女優はマインドが成熟しているので、他人のせいにしたりしないのです。

B.自分の力だけではないのに

AV女優恨み

通常、単体としてデビューした女性はいつまでも単体女優でいることはできません。

AV女優としての賞味期限は短く、肉体的価値はさらせばさらすほど下がっていきます。

したがって、2年ほど単体女優として活躍した後に企画単体となる“企画落ち”をします。

多くの単体女優はこれを承知の上で単体として花を咲かせ、企画落ちしてからもしっかり頑張っている女優も多いです。

企画落ちをするのは当然のことであって誰のせいでもなく、むしろ単体として数年間の活躍の場が得られるようにメーカーに売り込みをしたプロダクションの功績は大きいと言えます。

逆に、今まで稼げたのはメーカーやプロダクションのおかげなのです。

しかし、中にはこれを恨みに思う女優がいたりします。

企画落ちすると単体の頃に比べてギャラは3分の1程度に下がるため、関係者をうらんだりするのです。

今活躍している売れっ子女優は性格面もしっかりしているので、そんな人はいませんが、昔のAV女優は病んでいる人も多かったので、そのような人に限って、「稼げなくなったのはあいつのせい」と他人に責任を押しつけるのです。

どんなことにも言えるのですが、他人に感謝することができず、責任を転嫁するような人が成功する確率は低いのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優うらみ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • あなたも例外ではない、よくあるAV女優の恋愛トラブル

  • AV女優がお茶の間に出るほど稼げなくなる現実とは?

  • 周りにバレた時に取るべき対処方とは?

  • 持っているテクニックであなたのAV人生は決まる!

  • AV業界は危険ではない!人権派弁護士のウソを暴く!

  • イマドキのAV女優の「AVをやってる理由」ベスト5