1. TOP
  2. プロダクションに応募する前に確認するべき大切なポイント
AVコンシェルジュ

プロダクションに応募する前に確認するべき大切なポイント

AV女優営業

スカウト経由の応募の場合

スカウト経由でAV女優になる人は、スカウトからプロダクションを紹介され、紹介されたプロダクションに所属することになります。
ただ、
スカウトマンがどのプロダクションにパイプを持っているかによって所属するプロダクションが決まってしまうことになります。

たくさんのプロダクションにパイプを持っているスカウトマンなら、自分自身に最適なプロダクションを選ぶことは可能になります。
対し、
一つのプロダクションにしかパイプがないスカウトマンの紹介となると、一つのプロダクションしか選択肢がないということです。

あなたが稼げるかどうかは所属するプロダクションにかかっている

といっても過言ではありません。

  • 単体に強いプロダクション
  • 企画単体につよいプロダクション
  • 企画に強いプロダクション

プロダクションも特徴がありますから、 たくさんのプロダクションにパイプがないスカウトマン経由の紹介だと、自分に最適なプロダクションに所属できない可能性が高く、稼げる可能性が低くなります。

ネット経由の応募場合

自ら応募してAV女優になる女性が増えていますが、彼女たちはどのようにして応募しているのかと言うと、インターネットの求人サイトから応募しています。

女性の高収入アルバイトを検索すると、キャバクラやスナック、風俗、それらと同時にAVモデルプロダクションによる求人広告もヒットします。
ネット経由で応募する場合も気をつけなければなりません。

様々なプロダクションのホームページがあり、「バレない」「稼げる」などと広告が打たれておりますが、ホームページを見ただけでは、どんなプロダクションなのかの判別は難しいです。

所属している女優が有名どころであれば、ある程度大きなプロダクションと言えますが、零細プロダクションですとメーカーへの力もない場合多く、あなたが売れる可能性もグッと低くなります。

面接の前に色々聞かれ選別される

応募数が非常に多い大手プロダクションであれば、担当者が応募してくる全ての女性に遭ってくれるとは限りません。
多忙を極める担当者は、初めから売れる見込みのない不細工な女性やデブの女性に会っている暇はないのです。

そのため、大手プロダクションにコンタクトをとった時には、メールでスリーサイズを聞かれたり、顔写真を送るようにいわれることもあるかもしれません。その時点で切り捨てられなければ面会することができます。

ただし、今はAV女優の人数が非常に多くなっており、過剰供給の様相を呈しているため、昔のように誰でもすぐにAV女優になれるわけではありません。上記のように写真やスタイルによって落とされることもあります。

また、面接をしたとき、話す態度が悪ければ落とされますし、スリーサイズそのものは問題なくとも裸になってみると乳首や肌、胸の形などが悪く色気を感じないものであったならば、やはり採用されないこともあるのです。

AV女優の応募が少なく、2人のなかか1人を選ばなければならないのであればプロダクション側もある程度で妥協をしなければならないのですが、今はAV女優がたくさん応募してくる時代ですから、売れない要素を持っている女性はどんどん切り捨てていくことができるのです。

大手に所属できなければ中小をあたってみる

AV女優になりたいと思いながら、ルックスやスタイルなどにイマイチ自信が持てないと言う人は、AV女優が100人以上も在籍して有名女優をどんどん輩出しているような大手プロダクションでは採用されない可能性もあります。
一応はそちらに応募するのもいいかもしれませんが、できるだけ中小のプロダクションを狙っていくと言うのが賢明でしょう。

中小は大手に比べると応募が少なく、応募が少ないと言うことは女優の平均的なレベルもやや低くなってくるため、競争が緩やかです。
イマイチ自信がない人は、こちらでAV女優になるのが良いかもしれません。

ただし、大手と中小の競争力を比べると、もちろん大手の方が非常に優れています。メーカー等との繋がりも多く、仕事も獲得しやすいことでしょう。
しかし、そもそもAV女優になることができなければAVに出演することもできないので、大手に所属できないルックス・スタイルの人は中小に流れるほかありません。

これは何もAVに限ったことではなく、競争力が足りないために大手でだめな時と言うのは、より競争力の低い中小へとながれていくのは自然の摂理です。
大手企業に就職できなかった人が中小企業に就職することと同じと考えればいいでしょう。
それだけに、ギャラを含めた労働環境も大手よりは中小の方が悪くなります。

そして女優をメーカーにたいして売り出していく力も弱いため、女優が飛びぬけて優れた実力を持っていない限りは、単体女優として売り込むことも難しく、よくて企画単体女優、多くの場合には企画女優としてアルバイト感覚で出演し、稼いでいくことになると思います。

プロダクション所属後はメーカーと交渉する

大手にしろ中小にしろ、何らかのプロダクションに所属することができたならば、その時点でAV女優になります。
しかし、AV女優になったからと言って、出演できるとは限りません。

AV女優になった後も、プロダクションの担当者がメーカーに営業をかけ、メーカーが興味を示せばメーカー面接をこなしていきます。
つまり、メーカーが自社の作品に出演させるかどうかを面接によって吟味するのです。

裸を見せ、得意なプレイや性的センスを問われる質問をされ、メーカーが採用を決定したら初めて出演が決まります。
そして、出演したらプロダクションには出演料が支払われ、そのうちの規定の割合がAV女優のギャラとして支払われるのです。

AV女優になるのは、年々難しくなっています。どんな女性でも、脱ぐ覚悟さえあれば稼げると言うものではなくなりました。
脱ぐ覚悟があり、ルックス・スタイルがすぐれており、学生時代にはクラスの中でもかわいいと言われていたレベルの女性しかAV女優に慣れない時代になりつつあるのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優営業

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • 自分ブランドに傷つけるな!マニアAVは慎重に、フェチAVは積極的に

  • やはり…麻美ゆまがガンになった本当の原因

  • 元AV女優M.Nが語るリアル話5「AV制作におけるもう一つの仕事」

  • 3分でわかる!AV女優の仕事とギャラ

  • 普通な女性がAV女優になってしまうまでの流れとは?

  • あなたはオールジャンルで行ける自信はありますか?