1. TOP
  2. 【完全保存版】バレないようにするための10のポイント
AVコンシェルジュ

【完全保存版】バレないようにするための10のポイント

AV女優アナル必須

AV女優にはバレる可能性がつきまとう

バレる可能性

AV女優になりたいと思った時に、誰もが直面する最大の悩みが「バレ」です。

親や兄弟や親せきに対するバレ、人妻AV女優ならば夫や子供に対するバレ、友達や彼氏に対するバレなどバレの種類は様々で、時には人生を大きく狂わせかねない問題に発展することもあります。

AV女優は成功すれば高収入が得られる仕事ですが、成功することで露出も増えてバレてしまい、周囲の猛反対にあって女優としての道を断たれるケースもあります。

これはどのような女優にも共通の心配ごとであるため、プロダクションは募集を掛ける際にこの不安を払しょくするように努めています。

顔バレはないから安心であると記載することで、安心感を与えています。

しかし、これを鵜呑みにしてはいけません。確かに、働き方次第でAV女優をしていることがバレにくい事はありますが、完全にばれないと言う保証はできません。

99%の確率でバレないとしても、1%バレる確率があり、さらにバレ他時には人生を狂わせる可能瀬もあるのですから、これを鵜呑みにするのは危険と言えるのです。

中には、そのプロダクションでは一人もバレたことがないと謳っているプロダクションもあります。

確かに、そのプロダクションが立ちあげて間もないプロダクションであったり、または所属する女優が非常に少ないプロダクションであれば本当のことかもしれませんが、それ以外でこのようなことを謳っている場合にはほぼ嘘をみなしよいと思います。

プロダクション側もバレの問題には常に悩まされており、マネージャーなどは特に頭を抱えています。

面接の時には絶対にばれないから安心するようにいってくると思います。

ただ、バレ対策が万全でないプロダクションもありますので、バレない保証がどこにあるのか、もしばれたらその責任はどうとるのかなどと詰めた話をして、不安に思うならそのプロダクションはやめたほうがよいです。

また、バレに関して安易に考えている女優側にも問題があります。

ある意味、バレるのは女優自身の問題が大半を占めるからです。

バレる確率はどれくらい?

AV女優バレる確率

AV女優をしていることをバレる可能性は、その女優がどのような立場でどれくらいの活躍をし、どれくらいの知名度や人気を誇っているのかによって大きく異なります。

単体女優など隠したところで無駄という立場の女優は、多くの場合は自ら周辺の人にカミングアウトしています。

したがって、ここで「バレる」と表現するのは、単体女優のようにカミングアウトした女優を含まず、AV女優をしているものの、そのことを知られたくないと隠していたがばれてしまったケースを言います。

さて、隠したいのに望まずしてばれてしまうAV女優は、100人のうち1~2人程度だと思います。

確率にして1,2%。

企画女優をしている時には、バレる確率はこれくらいです。

第一に企画女優であれば女優名がつくわけではなく、一人で作品の主役を務めることはないため宣伝されることもありません。

そして、AVは毎年1万タイトル以上はリリースされていますから、それらの膨大なAVのなかの企画ものに出演していても、バレる確率は低いのです。

バレる原因のほとんどはインターネットにあります。したがって、インターネットが年々進化していく状況の中で、バレる確率も少しずつあがっていると言えます。

プロダクションの人が「絶対に」バレる事はあり得ないといいますが、その時の主張は「毎年たくさんのAVが出ていて、人気の女優の作品もたくさん出ているのに、たまたま君の知り合いが君の出演しているAVを手に取ることなんてありえないよ」といいます。

たしかにそれは一理あります。

しかし、少し考えてみれば今やレンタルビデオ店でAVを借りる人よりも、インターネットを通じてAVを視聴している人が遥かに多くなっていることを知るべきです。

どのようにしてバレる?

AV女優バレ理由

バレる理由は色々あります。大別すると「自己起因型」と「他者起因型」の2種類によってバレます。

自己起因型

自己起因型とは、自分のミスによってばれてしまうことです。

  • 家族に携帯を見られた
  • 高額な給料からバレた
  • スケジュール帳を見られた
  • 行動が不自然だと疑われて問い詰められて白状した

などです。

どれも隠そうと思いながらも油断してしまい、そのわきの甘さからばれてしまうと言うものです。

他社起因型

他者起因型は、自己起因型以外の理由が含まれます。つまり、他人に発見されると言うものです。

  • 友達がAVを見て発見した
  • エロ本に広告が載っていることで発見された
  • インターネットに画像が流出して発見された

などです。

そして、プロダクションは

「バレる時はほとんど自己起因型の理由でバレるものだから、アリバイ工作などをしっかりとしておき、持ち物の管理などもしておけばバレる心配はないと」

と考えています。

このように言われれば、持ち物の管理くらいは自分でできるし、アリバイ工作もなんとかなる、だから私はバレないなと思う人も多いかもしれません。

しかし、他者起因型によってバレることも決して無視はできないものです。

確かに自己起因型によってバレることが多いのは事実ですが、他者起因型のよってばれてしまうAV女優も実際にいるのです。

しかも、現在は他者起因型の理由でバレる確率も少しずつ増えてきています。

これは、上記の通りインターネットの発展が原因です。

インターネットが発展していなかった頃は、エロ本等の紙媒体などがAV作品を知るほとんど唯一の手段であったため、その紙媒体への露出を制限すれば他者起因型の理由からバレる可能性も低かったものです。

インターネットの弊害

AV女優バレネット

インターネットにおいては露出制限をすることはできません。

商品を検索すればだれもがその情報を取得することができます。

表紙に顔が映る場合にも目線が入るような作品ならばバレる可能性も下がるでしょうが、企画ものでも表紙に顔が映ることもあり、そうなるとバレる可能性は高くなります。

さらに、最近はDMMのアダルトコンテンツを見てもよくわかるように、AVの販路がインターネットへとシフトチェンジしつつあります。

これによって、露出制限が不可能な状況が生み出されました。

そして、インターネットはマーケットそのものですから、そこで露出制限をすることはできないのです。当たり前のように露出がされています。

また、マーケットのサイト構成によっては「この商品をチェックしている人は、こんな商品も買っています」などというように、関連性の高いAVへとリンクする商法を取っており、こうなると作品ひとつあたりのチェックされる回数は増えるため、ひょんなことからバレる可能性もあがってしまうのです。

これだけではなく、「この作品がよかった」などとして自分の出演作品が個人単位のSNSやブログなどで発信される可能性もあります。

このように、インターネット時代においては、世の中に一旦出てしまったものがインターネットを通じて広まっていく可能性が必ずあり、その情報は拡散してしまえばネット上から完全に消すことは不可能なのです。

プロダクションは露出制限をして絶対にばれないように守ってくれるといいます。

しかし、インターネット全盛の時代において100%バレない保証はできなくなりました。

インターネットがなかった頃はバレる確率が0.1%くらいだったかもしれません。

それがインターネットの発展に伴って、1%、2%と着実にバレる可能性が大きくなってきているのです。

そこには、プロダクション側ではどうしようもない現実があります。

というよりも、インターネットという巨大なモンスターから、完全に女優を守るすべは無いと言えます。

ネット社会になる前は、

「紙媒体などに対する露出制限をすることができる、だからバレる可能性はほとんどない」

と言えましたが、そうも言っていられない時代なのです。

親バレは女優自身に原因あり

AV女優親ばれ

ちなみに、AV女優ならば誰もが恐れる親バレ(親にバレること)は、ほとんど自己起因型です。

なぜならば、親の世代ではAVに関心がない人も多く、もし関心があってもインターネットに疎い年代の人が多いため、なかなか他者起因型によってバレる事がないのです。

もし親がAV好きであっても、レンタルビデオ店からたまに借りるくらいの人が多いでしょうから、そこからバレる可能性も非常に低いです。

AVに出演して稼ぎ、金遣いがそれ以前よりも荒くなったり、撮影に合わせてスケジュールが組まれることから行動が不自然になったり、自分の出演したAVの記事を記念に持っていたりすることによってバレることになります。

バレやすい人に共通する傾向

AV女優バレやすい

どのような人がばれやすいか、あるいはバレにくいかと言うことには傾向があります。

100人のうち1~2人がバレているといいましたが、その1~2人には、共通する傾向があることが多いです。

とくに、自己起因型の人は性格が大きく影響します。

アリバイ工作が下手だったり身の回りの管理ができずにバレる「おっちょこちょいな人」

あるいは自分からポロっと暴露してしまう「自己顕示欲の強い人」です。

おっちょこちょいの人は、とくに危険です。

自分では隠しているつもりでも、無意識のうちにバレる可能性をポロポロとこぼしながら生活しているのですから、いつばれてしまうか分かったものではありません。

自己顕示欲が強い人は自分が特殊な体験をしたことをだれかに伝えたいと思い、仲のいい友達などに、

「絶対誰にも言わないでね・・・ここだけの話なんだけど・・・」

と伝えたことで、自分の知らないところで情報が拡散していくのです。

特に、この手の噂は広まるのが早いものです。

女友達は「自分の体売るなんて汚い子ね」と卑下する意味を込めてどんどん拡散していき、男友達には「AVに出演してるならすぐにやらせてくれるかも」という期待を込めてどんどん拡散していきます。

他者起因型では、環境が影響します。

特に言えるのは、男友達が多い人はばれやすいと言うことです。

学生をしながらAVのバイトをしている女子学生であれば、同級生やサークル、学校などを通して男友達がたくさんできる女性も多いでしょうが、電話帳に男性がたくさん登録されている人は注意が必要です。

男性がもし20人登録されていれば、その20人は20通りの性癖を持っており、様々なAVを観賞しています。

20人の中には企画ものAVが好きな人もいるはずで、動画をチェックしているうちに自分の友達がAVに出演していると言うことを発見するかもしれません。

露出の程度は今も重要

AV女優バブ露出

上記において、インターネット全盛の現代では、紙媒体への露出制限をしてもバレる事はあると述べましたが、これは紙媒体への露出制限が無意味と言うことではありません。

露出はやはりできるだけ少ないことが好ましいです。

プロダクションに所属すると、初めに露出の程度を決めていきます。作品を宣伝し、顔だしできる範囲を決めていくのであり、この露出の範囲のことを業界用語では「パブリシティ」といい、「パブ」と称されます。

メーカーは作品を作ると、それが少しでも売れるために宣伝を行います。

単体作品ならば雑誌にカラー写真で大きな宣伝写真を掲載し、インターネットなどでも宣伝を行います。

企画ものならば雑誌の白黒ページに作品が数十タイトルまとめて載っているようなページに掲載して宣伝をします。

このように、宣伝の程度はいろいろですが、メーカーとしてはその作品に見合った宣伝をできるだけしたいと思うものです。

しかし、ばれたくないと思っているAV女優からすれば、コンビニにも置かれるような発行部数の多い雑誌には載りたくないと思うものです。

そのため、プロダクションは女優ごとのパブをしっかりと把握し、女優が許容できる範囲内で宣伝するようにメーカーに制限を掛けていきます。

ここまでは雑誌をメインとして取り上げましたが、パブには色々なものがあります。

バレやすい順番に挙げていくと、

  1. 地上波のテレビ
  2. CS放送
  3. スポーツ新聞
  4. 週刊誌
  5. 実話誌
  6. 漫画誌
  7. 風俗誌
  8. コンビニ流通のエロ本
  9. 書店流通のエロ本

です。

全部OKでどんなものにも宣伝していいことを、業界用語で「全開」といいます。

テレビのバラエティ番組などに出演しているAV女優はもはや隠しようがなく、雑誌に制限を掛けたところで無意味なためほとんどの女優は全開で活動しています。

メーカーからすれば、自由に宣伝を打っていくためにも、全開の女優の方がありがたく、キャスティングもしやすいです。

したがって、AV女優として成功していくことを目指すならば、制限が多いのはそれだけマイナスになります。

プロダクションも露出制限がない女優の方がメーカーへ売り込みやすため、制限はできるだけかけないように声かけをしています。

繰り返しになりますが、インターネットに対する制限はありません。

そして、インターネットはメインのマーケットになりつつあるため、パブに対する制限をしてもバレることに対しては不完全になってしまうことは覚悟が必要です。

バレた事例

AV嬢バレた

実際にバレてしまった女優たちは、どのようなバレ方をしているのでしょうか。いくつか見てみましょう。

自己起因型の場合

  • 撮影現場から台本を記念に持ち帰り、それを見られてバレた
  • 預金通帳を見られ、大きな額が振り込まれていてバレた
  • 撮影現場でシャワーを浴びて帰り、彼氏にシャンプーのにおいでバレた
  • 撮影が押して帰りが遅くなり、親から問い詰められてバレた
  • AVを始めてから、バレないようにとよそよそしくしてしまい、逆に疑われてバレた
  • 撮影に関連するレシート(現場までの移動代など)でバレた
  • マネージャーからの電話やメールでバレた
  • マネージャーと歩いているところを見られてバレた
  • パソコンで自分の作品や作品の評価を検索し、検索履歴からバレた
  • 撮影現場で知り合ったスタッフとSNSで友達になり、そこからバレた
  • 友人をプロダクションに紹介したところ、その友人がだれかに話してバレた

他者起因型の場合

  • 知人が店で自分が出演するAVを見てバレた
  • 知人がインターネットで自分が出演するAVを発見してバレた
  • 知人が雑誌で自分が出演するAVの宣伝を見てバレた

自己起因型は色々な場面でバレる可能性があるため、アリバイ工作や所持品の管理は徹底的に行う必要があります。

油断するとバレると思ってよいでしょう。

他者起因型も最近は増加傾向にあり、通販サイト、個人ブログ、SNS、掲示板、様々なニュースメディアなどからバレる可能性があります。

非公式なところからバレている

AVバレどこから

AV女優であることをバレる事とインターネットの隆盛が密接に関係していることを述べてきました。

これは有料のアダルトコンテンツやAVの通販からバレるということもありますが、それらの公式なものよりも非公式なものからバレる事の方が多いと言えます。

最近は、インターネットで検索をすれば無料動画として多数のAVが垂れ流されています。

お金を借りてAVを見なくとも、ネット上に抜ける動画がいくらでもあるのですから、今の若い人たちはこれを見ていることがほとんどです。

この流れはプロダクションにはどうしようもないことで、制限のしようがありません。

たしかに、無料で見られるもののほとんどは著作権を侵害して違法にアップロードされたものです。

つまり、非公式な動画であり、日本の法律では規制されているため海外のサーバーを経由してアップロードされています。

海外を経由しているため違法だとして取り締まることは難しいですし、そもそも視聴者側からすれば違法であるか合法であるかは問題ではありません。無料でAVが見られるかどうかが問題なのです。

ドラマや映画、AVなど非公式のものが動画として非常に多く存在し、その数は公式のものより遥かに多いです。

AVの数はドラマや映画の非公式のものよりもたくさんあります。

これは、AVというのがインターネットのメインコンテンツのひとつであり、男性インターネットユーザーならば見ない人の方が珍しいと言うほどに需要が高いからです。

違法アップロードの目的は、アフィリエイト広告などと抱き合わせるなどして利益目的で行っているだけではなく、特に目的のない人が趣味としてアップロードしていることも多いため、その数は膨大です。

情報量が多すぎるため監視は困難で、メーカーも非公式の動画は自らの利益を失わせるものでありながら、対応しきれずにいます。

今や、AVの概念はDVDにとどまりません。AVに出演したときにはそれがDVD化するのは当然のことですが、これとは別に動画という形でもインターネット上で販売されるようになったからです。

また、上記の通り無料動画としても流通します。AVに出演するならば、これも覚えておくべきことです。

バレたくないと思う女性の多くは、DVDとして形に残ることを非常に嫌うものです。

しかし、本当に嫌うべきものは形に残らないデータなのです。

なぜならば、DVDはいずれ廃番になり、売れないものはお店から返品され、倉庫にたまるとそれらは処分されます。

物理的な起き場所を必要とするため、じゃまなときには廃棄されるのです。

おおむね、2年前後の期間を経て在庫はなくなり、再び生産されていないため通販でも購入できなくなります。

しかし、データはどうでしょうか。

データは膨大な量を蓄積することができます。

コンピューター技術が発達し、今や実質てきには無限に保存することができます。

したがって、古いものも消す必要がなく、取りあえずネット上の配信サイトに安い価格で陳列しておけばお金を生みだしてくれるのです。

10年も前に販売を終了したAVが未だにネット上で配信されているのは、AVが消し去られることがないからなのです。

インターネット全盛の時代において、この流れはとどまることを知りません。

いずれはDVDという形でAVが売られることはなくなり、全てインターネットでデータを購入してAVを視聴するという形になるかもしれません。

そうなると、一度AVに出演したらそのAVは半永久的に残ることとなり、半永久的にバレるリスクを抱えながら生きていくこととなります。

この流れがなくなるためには、何らかの規制が設けられるなどして配信される期間に限りがでる以外ありません。

メーカーは正反対である

AVメーカー宣伝

プロダクションはバレに対して気にしています。

これは女優の身の上を心配すると言うよりも、バレることによって女優が周辺から猛反対されるなどして女優活動を続けられなくなると困るからです。

女優の要求の通りに露出制限を徹底するのもそのためです。

しかし、一方メーカーはどう思っているかと言うと、宣伝を制限されることがうっとうしくて仕方がないと思っています。

制限されれば宣伝できず、1本でも多く売りたいメーカーには制限はなければないほど良いと思っています。

メーカーは作品が売れなければつぶれてしまうのですから、当然と言えば当然のことです。

また、プロダクションは女優が引退するまではずっと付き合っていきますが、メーカーは撮影当日のみの付き合いです。

したがってバレに対する当事者意識は薄く、若しバレて女優が引退に追い込まれても、それが専属契約している単体女優でもない限りは関係ないのです。

プロダクションとメーカーではこのような意識の違いがあります。

このように、メーカーはバレても関係ないのですから、その動きは時にえげつないとさえ感じるものです。

プロダクションとの約束を一方的に破って女優が引退に追いこまれたりすれば問題になりますから、一応露出制限は守ります。

しかし、制限されていないところではこれでもかというほどに宣伝を行います。

特にインターネット上では制限がないため、多くの一般人に知られるように工夫を凝らして宣伝をしていくのです。

AVショップなどにも積極的に足を運び、自社作品を宣伝するポスターなどを作り、目立つように陳列する等の努力を行っています。

メーカーは宣伝をしまくって1本でも多く売りたいという気持ちがあり、その活動によってAV女優たちがバレる可能性は高くなるのは事実です。

特にインターネットの情報は厄介で、市場に出た作品は回収されれば手に入らなくなりますが、インターネットのサーバー上にアップされた情報を完全に消すことは不可能なのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優アナル必須

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • AV女優たちの学生時代とは?

  • AV女優になりたい人全員が怖がっているデビューについて

  • AV女優に必要な要素をあとから付け足してデビューにこぎつけよう

  • なぜAV女優になるのか?応募の理由まとめ5選

  • AV女優になれる人って昔からモテモテでかわいかったんでしょ?

  • AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話