1. TOP
  2. あれも嘘これも嘘、擬似プレイでNGを克服
AVコンシェルジュ

あれも嘘これも嘘、擬似プレイでNGを克服

AV女優10代

増えてきた中出し作品

AV女優中だし

AVのタイトルを見てみると、中出しをテーマにしたものが多く存在します。

AV女優撮影では基本的にはゴムを付けての本番行為が行われており、生本番を行って中出しをするというのは一般的なことではありません。

また、中出しをされると言うことは女性の中では重大事でありますから、超人気女優のなかにはかたくなに中出しを解禁せず、長期間にわたってAV女優をしていると言う女優もいます。

しかし、最近はAV女優の数が増え、生き残りのための競争も非常に厳しくなってきたため、生き残るためにも中出しを比較的早い段階で解禁する女優も増えてきており、中出しの価値は下がってきている観があります。

これからAV女優を目指したいと思っている女性にとって、AV女優として生き残るための抜群のルックスとスタイルを持っていないならば、必ず中出ししなければならないような印象を抱いている人もいるのではないでしょうか。

その点に迫ってみましょう。

必ず中出しをする必要はない

AV女優プレイ

AV女優の権利はきちんと保証されるため、本人が拒否する限りNG行為を行う必要はありません。

中出しにしても同じであり、その女優が中出し解禁を自らの意思において承諾しない限りは、中出しに応じる必要はありません。

ただし、上述の通りAV女優の生き残り競争が厳しくなっているのは間違いのないことであり、生き残りのための戦略として中出し撮影に応じることは、有効な手段となることもたくさんあります。

中出しの撮影では本当に中出しをしているのかどうかですが、これは疑似のこともあります。

つまりあらかじめ精子に似せた人工の液体を作っておき、AV男優はセックスを行います。

そしていいタイミングで女優の膣内に人工精子を注入し、あたかも男優が中出しをしたように見せるのです。

そして後で編集によってうまく処理し、中出しをしているように見せます。

もちろん、無修正ものではこのようなごまかしは聞かないため、すべて本当に中出しを行っています。

また、モザイクありの作品でも本当に中出しを行うこともあります。

この時には、事前に人工精子か本物の精子かを女優にしっかりと伝え、本当に中出しを行う場合には撮影に合わせてピルを服用し、妊娠しないようにします。

様々な疑似行為

AV女優偽物

AVにおいては、人工精子をはじめとした色々な疑似行為が行われています。

AVではハードな行為を行うこともあり、その中には女性が嫌悪を抱く物も少なくありません。

しかし、そのような内容でもメーカーとしては撮影したいため、キャスティングしたい女優に承諾してもらうためにも、疑似行為が行われることがあるのです。

色々なテレビ番組でヤラセが問題となっている昨今、疑似行為を問題視する人もいるかもしれません。

特に日本人は精神的に潔白を求める傾向が強いため、疑似行為を「騙し」「嘘」と捉える人が多いのです。

しかし、AVはテレビ番組ではなく作品ですから、ヤラセではなく演出としてとらえたほうがいいでしょう。

“正真正銘の中出し”というキャッチフレーズを用いていること、そのものを演出としてとらえるべきでしょう。

また、素人物のAVに出演しているのは実は企画女優である、人妻として出演しているのが実は独身の企画女優であるなど、企画を成立させるためのヤラセが行われていることも、まかり通っているヤラセと言えます。

では、疑似精子を含めたいろいろな小道具を見てみましょう。

精子

疑似精子は、中出しやぶっかけ作品に良く使われます。

これは、まず卵白にコンデンスミルクを混ぜて良くかき混ぜ、これに少しのウーロン茶を混ぜて色をリアルなものへと近づけます。

これが良く使われる疑似精子であり、これならば中出しをしても、いくら掛けられても問題ありません。

もちろん、汁男優を多数起用して行われるぶっかけでは本物の精子がかけられます。

このほか、グラスに貯めた精子を女優が飲み干すなどの演出がありますが、それだけの精子を集めるのは大変なことであり、多くの場合疑似精子が使われます。

おしっこ

凌辱作品では、女優がおしっこを掛けられる、飲むなどの演出が行われることがあります。

これは男優もしくは女優が直接放尿していないならば、ほとんどお茶を使っておしっこに似せたものを用います。

ジャスミン茶は色が近いため使われることが多いようです。

うんこ

うんこはスカトロや凌辱作品で使われます。

これは、ガトーショコラなどのチョコレートケーキにウーロン茶をまぶして形を整えて作ります。

なぜガトーショコラかというと、スポンジケーキではあまりにふわふわとしてリアルでないからです。

ガトーショコラは外見も断面もよくうんこに似ており、スカトロで用いることができます。

ウンコを食べている姿を映像にされることを女優が拒否しないならば、疑似うんこを用いたスカトロ作品はそれほど嫌なことではないでしょう。

もちろん、リアルな作品では本物をつかうこともよくあります。

潮吹きをテーマとした作品では、女優が異常なほどの量の愛液や潮を吹きだす描写がありますが、これはローションと水を混ぜることで再現することができます。

もっとも、最近の女優は自ら特訓して潮をふける女優が非常に多く、本当に潮吹きをしていることも多いです。

では、人工の潮をどうやって噴き出しているのかということですが、これは専用のチューブを使って演出します。

おしっこ、潮、精子など勢いよく発射されるべきものは、ペニスの裏側や女性きの下にチューブを通しておき、監督が合図するとスタッフがポンプを押して発射する仕組みになっています。

本物も疑似も多い

AV女優本物

AVはすでに30年の歴史がありますが、その歴史の中でいかに性的興奮を与えるかということが考えられ、色々な疑似行為が考案されていきました。

これらは決して噂だけのものではなく、現在特殊メイクの技術がいかに進んでいるかということを考えてみても、なんら不思議なことではありません。

リアルさを求めた作品では本物が使われていることもあり、また無修正ものでは誤魔化しが効かないためほとんど本物でしょう。

ただし、毎年1万本以上の作品がリリースされているなか、どのくらいの頻度で疑似小道具が使われているかは定かではありません。

Wikipediaなどでは中出し作品のほとんどで疑似精子が使われていると書かれていますが、これが真実であるという保証はどこにもありません。

実際のところは分かりませんが、色々なAV女優の体験談やインタビューを見ていると、「疑似行為が行われることもあるが、“ほとんど”というのは言いすぎである」という感じがします。

確かに、最近では中出し作品が非常に多くなり、それほど珍しい行為でもなくなったものの、この中には疑似精子が使われている作品も多いのは間違いないでしょう。

本物の中出し作品を観たいならば、パッケージに“ガチ”など「正真正銘の精子をつかっている」という意味のことが書かれている作品を選ぶとよいでしょう。

なぜあえて“ガチ”というのかといえば、撮影に合わせてピルを飲んで入念な準備をしており、さらに女優も覚悟を決めて中出しに挑んでいるにもかかわらず、そのほかの疑似作品と混同されたくないからです。

したがって、スカトロや凌辱などにおいても、“ガチ”やそれに類する表現が用いられている作品を選べば、本物に出会う確率が高くなることでしょう。

このことから、AV女優になろうとする女性が、過激な作品を過度に恐れる必要はないと思います。

NG行為として設定している限り無理矢理中出しやスカトロなどを行う必要はありませんし、出演の機会を増やすためにNG行為を減らした時にも、疑似でなければ行わないという制限を掛けることもできるからです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優10代

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • 地方に住みながらAV女優として活動する人が増えた理由

  • 「AV女優は演技がうまくないとなれない?」いいえ、全然平気です!

  • 元AV女優M.Nが語るリアル話6「プロモーション活動の実態」

  • あなたは企画向け?実例を学んでベストな働き方を見つけよう

  • 売れるAV女優の作り方講座(2)魅力的な語り口

  • あなたはオールジャンルで行ける自信はありますか?