1. TOP
  2. AV女優のその後(不幸な例)
AVコンシェルジュ

AV女優のその後(不幸な例)

AV女優セックスレス

AV女優の経験が足かせに

AV女優の経験がもたらすリスクの一つは、AV女優としての経歴そのものが引退後に足かせになることがあります。

「彼氏ができても本当のことを言ったら幻滅されそうで…」と思っている方が多いのですが、恋愛は思っているほど影響ないのです。

このことでよく言われるのが、AV女優になってセックスを撮影すると、それがネットに動画や画像として出回って引退後も残るため、その後の結婚や仕事で大きな不利になるという意見です。

しかしこれはあまり現実的な意見ではありません。

AV女優をやっていたからと言って、美人でセックスがうまい女性ならば過去は問わず、交際したいと思う男性は非常に多いのです。
そのため、引退後に結婚して幸せな家庭を築いている元AV女優もたくさんいます。

また、AV女優のプロダクションはたくさんありますが、それら全体でみれば登録している女優は6000人とも8000人とも言われており、そのうちの4000人は毎年入れ替わっていると言われます。
毎年4000人も入れ替わる業界において、よほど頭角を現さない限りはバレること自体なかなかありません。

そのため、真面目に生きるなら、経験が足かせにはなりません。

では、経験が足かせになるのはどのようなケースかといえば、それはAV女優をやっていた頃の感覚から抜け出せない人です。
例えばAV女優のころは1日の撮影で20万円を稼いでいた女性が、引退後にOLとして働き始めると1ヶ月で20万円しか稼げなかったとします。

すると、これに納得できなくなるのです。

AV女優時代には撮影すれば利益を生み出す存在であればあるほど、労働者としての価値は高かったからこそ毎月多くのお金を稼げていたのですが、OLになると労働者としての価値は下がるケースがほとんどであり、どうしても収入は減るものなのです。

しかし、このことを冷静に見ることができずにAV女優時代の感覚から抜け出せない女性が大勢います。

AV女優時代の感覚を早く捨てて一般女性に戻ることができたならば、その女性にとってはAVの経験が足かせになることはなく幸せになることができます。

これはAV女優全体の3分の1程度であり、AV女優をしている期間はあくまで自分の中で特別な期間であり、引退したら稼ぎが減ることや生活が大幅に変化することもよく分かっています。
しかし、3分の2はこのことが分からずに引退後は性風俗やキャバクラへと流れていきます。

たしかに、AV女優として名前を売った女性であれば、それが付加価値となって性風俗やキャバクラに流れることで一時期はたくさん稼げるかもしれません。
しかしそれは長く続くことではなく、デリヘルやソープでひと稼ぎし、そこでも商品価値がなくなったならば裏風俗や個人売春に落ちてくケースも少なくありません。

このように、AV時代の感覚を捨てられない人がその後の人生を狂わせる可能性が大きいという点において、AV女優の経験が足かせになることは多いのです。

酷いケース

AVの経験が捨てられずに引退後の人生を狂わせたあるAV女優の実話を紹介しておきましょう。
2000年代に企画単体女優として活躍したある女性が、引退して数年後にインタビューを受けたものがあるのですが、彼女は素人売春をするところまで落ちてしまいました。
今はどうなっているか知るすべもありません。

現役時代にピルを常用していたことの副作用で、現役時代の人気を集めたルックス・スタイルからはかけ離れた太った醜い容姿に変わって、個人売春にさえ支障をきたすような状態になっていました。
現役時代よりも30kgほどは太っていたのです。

この女優はAV女優を引退してからすぐに結婚をしました。
そしてすぐに子供をもうけて一見よさそうに見えたのですが、1年半で離婚をし、離婚後は実家に住んで子供は母親に預けて彼氏と遊ぶと言う生活をしていました。
その時のお金は風俗と個人売春で稼ぎました。
子供の養育費を元旦那から貰うことができず、カフェで働いたこともありましたが月に十数万円しか稼げないため、まったくお金が足りずに裸の世界戻ろうと思ったようです。

この女優の場合には、
お金を稼ぐために裸の世界に戻ったと言うことと同時に、AV女優にならないうちから援助交際をしており、そこによりどころを見出していたために売春脳から抜け出せなかったのです。

子供の頃から継続的に酷いいじめを受けており、中学時代に登校拒否になり、このころから自暴自棄になってテレクラを利用して初めての援助交際を経験しています。
精神的に病んで世の中に絶望し、死にたいという願望を抱くようになり、体を大切にしようと思う気持ちもなくなり、その気持ちの爆発として援助交際に走ったのです。

このように、幼少期の経験から屈折した思いを抱き、誰でもいいから男と一緒にいたいと思うようになり、さらにセックスは好きなため援助交際をし放題という時代を過ごしました。
10代の若いころに大きな喪失感を抱き、売春と男に依存し、その体質が抜けずにAV女優になったのですが、AV女優になって活躍すると、「裸になる=色々な人にみとめられる」という方程式が出来上がり、さらに裸になることに依存するようになったのです。
売れるAV女優になればスタッフは気を使ってくれるし、売れる本数やファンの登場によって自分の存在価値を自覚できるのです。

彼女の心にぽっかりとあいてしまった穴を埋められるのは裸になることで誰かから優しくされたり、温かさを得られることでした。
そのため、引退後も風俗や売春をとおして裸になることを捨て切れず、醜く肥え太ってもはや売れるからだではなくなりつつあることも理解できずに売春に依存しているのです。

彼女の場合は幼少時代から少女時代にかけての辛い人生から裸になることを捨てられなかったケースですが、他のAV女優でも裸になることで成功体験をしたことを忘れられない女優はこのような傾向が非常に強くなります。

やっとなったAV女優でも…

最近、様々な背景を理由にAV女優のレベルが異常に高くなっています。
これはもはや常識であり、背景を知らない視聴者からみても、なぜこのような可愛い女性がAVにでるのだろうかと不思議になるくらいにレベルが上がっているのです。

理由の一つはネットの普及やAV女優に抱くイメージの変化によって、自らAV女優に志願してくる女性が増えたことに依ります。
志願してくる女性が多いのですから、プロダクションとしてはその中からルックスの良い女性を選べばよいのです。

今や自ら志願しても弾かれる女性が非常に多いような時代なのです。
AV業界のアイドルとも言える単体女優クラスの女性はやはりスカウトでしか見つからないのですが、企画単体女優企画女優はほとんどみずから望んでAV女優になっています。

このようにAV女優が供給過多になっているため、普通の女性では働けないような業界になっており、AV女優はある意味で女性の中でもエリート集団と言えるのです。

AV女優になる理由はお金がない、刺激がほしい、有名になりたいなど実に様々です。
人前でセックスをすることに対する後ろめたさは確実に希薄になってきています。

これはAV女優が社会進出を果たしたことや、その他の面でも社会全体が性に対して寛大になったことが理由として考えられます。

今やAV女優はエリート集団と化しています。
しかし、そのエリートになった後の人生は、幸せになる人もいれば、不幸せになる人もいるのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優セックスレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • 企画女優で稼ぎ続けるコツ~NG項目を徐々に減らそう~

  • AV女優の人口は一体どのくらい?入れ替わりが激しい業界の実情

  • 厳しくなったAV業界を知っていないと大変なことになります

  • AVの歴史を振り返る。時代とともに移り変わっていった業界と女優

  • 夫とのセックスとAV男優とのセックスは別物と語る人妻女優

  • AV女優になるのは簡単?難しい?どうなんだろう