1. TOP
  2. 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生
AVコンシェルジュ

過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

AV女優お金

最近のAV女優はキラキラとした職業であるという印象を持たれています。

しかし、AV女優が不幸であるというイメージは根強く、これが解消されるにはまだまだ時間がかかるでしょう。

また、2000年代はじめくらいまで、そのイメージ通りの過去を持つAV女優も少なくなかったのです。

AVコンシェルジュ

養育に問題があったAV女優が多い?

AV女優お金

AV女優には、辛い幼少時代を過ごしたせいでおかしくなってしまった不幸な女性が多いというイメージを持たれることがあります。

「少なくとも、一般的な家庭で一般的な教育を受けてきたならばAV女優などと言う普通ではない仕事に就くはずがない」と思われるのです。

しかし実際には、AV女優が形成されるのは家庭だけではなく、社会によって生み出されているケースも多いものであり、そのほかにも家庭や社会とは関係なく全く個人的な面からAV女優になるケースもあります。

機能不全家庭、極度の貧乏、親からの虐待といったイレギュラーな養育環境で育ったからと言ってAV女優になるとは限りませんし、逆に健全な一般家庭や中流以上の家庭で幸せに育った女性がAV女優になることもよくあるのです。

AV女優お金

ならばなぜそのようなイメージが持たれるかと言えば、理由は簡単です。

非常にたくさんいるAV女優に対してB級雑誌などがインタビューすることがありますが、その際にはごく普通のことしか語れないAV女優は面白みに欠けるためインタビューが表に出ることはありません。

虐待や乱れた性などの普通とは異なる過去を持っているAV女優は同情や関心を寄せられるため表に出てきます。

また、AV女優の中には、自分の過去を創作して同情や関心を集めることで少しでも多く出演しようと考える人も多く、AV女優の不幸な過去は単なる創作であるという事も珍しくありません。

そのような理由から、表に出てくるAV女優の逸話といえば不幸な物が多く、それがAV女優の典型的なイメージとなったのです。

AV女優お金

もちろん、最近は社会道徳の変化に伴って、AV女優はキラキラとした職業であるとの印象も持たれるようになってきたため、AV女優は不幸な職業であるとのイメージが不要となりました。

そのため、最近のインタビューではAV女優達がとにかく幸せそうな、楽しそうな話が多いものですし、過去も普通の女の子であったということが多くなっています。

幸せそうにしているインタビュー記事の中には、これも創作であることがあるのでしょうが、最近では心身ともに(特に内面において)健全に発育した女性が好まれるようになっているため、インタビューは概ね嘘のないものだと思います。

しかし、AV女優が不幸であるというイメージは根強く、これが解消されるにはまだまだ時間がかかるでしょう。

また、2000年代はじめくらいまで、そのイメージ通りの過去を持つAV女優も少なくなかったのです。

虐待されて育ったAV女優

AV女優お金

Iは1975年東京生まれのAV女優です。

彼女が物心ついたころには、アル中の父親が酔っぱらって暴れ回る毎日であり、両親から虐待を受けて育ちました。

父親は建築会社に勤めており、人あたりのよい性格であると世間から評判でした。

しかし、家での父親は全く別人であり、狂ったように暴れて母親やIを毎日殴りつけました。

Iは灰皿を投げつけられて頭から血を流したこともあるといいます。

AV女優お金

20歳になって母親から告げられて初めて知ったことですが、彼女の父親は母親の再婚相手であり、血は繋がっていませんでした。

彼女は両親のことを嫌悪しています。

中学の頃に父親のアル中がひどくなった時には、耐え難かったために殺そうと思ったこともあるそうです。

その時は13歳でしたから殺しても刑務所に行かないことは分かっていたため、包丁で刺し殺す直前までいきましたが、ぎりぎりのところで母親に止められました。

AV女優お金

その母親もひどい人間であり、日常的に水責めをされたり、殴られたりしていたといいます。

彼女には弟がおり、両親は弟には非常に甘く、弟はなんでもほしいものがすぐ買ってもらえるけれども自分は買ってもらえない、弟はお小遣いをもらうけれども自分はなにももらえないなどし、自分は本当はこの家の子どもではないのではないかと疑いながら生きてきました。

家族への不信感は募り続け、彼女はやがて自分以外のだれも信用することがなくなりました。

自分以外信用できない彼女は、やがて性的にも狂っていきました。

AV女優お金

幼稚園のころ、隣に住んでいた19歳のお兄ちゃんが遊び相手になってくれていたのですが、実際には単なるロリコンでした。

性的な知識のない彼女は遊んでもらっている感覚であったものの、ただいたずらをされていただけです。

家に呼び出されて体を触られ、オナニーも教えられました。

パンツを脱がされアソコを触られ、毎日そんなことをしているうちに人から触られることが好きになりました。

AV女優お金

フェラもさせられたものの幼稚園の頃です。

両親からお小遣いをもらえなかった彼女はこのお兄ちゃんからお小遣いをもらっていました。

見方によっては、5歳の幼稚園児の頃に援助交際をしていたとみることもできます。

援助交際で荒稼ぎ

AV女優お金

初体験は小学4年生の頃でした。

なんとなく自分の体がお金になると気付いていた彼女は10歳でセックスを知り、そのころからテレクラを利用して援助交際をするようになりました。

この時は1980年代後半のことであり、ブルセラ女子高生が世間を騒がせた時代でしたが、彼女は10歳にして売春を始めていたのです。

ロリコン男性からすれば願ってもないことでしょう。

女子小学生とのセックスとなれば、普通はお金を積んでも簡単に経験できるものではないため、テレクラでの援助交際といえどもおそらく大金が支払われたと思います。

AV女優お金

彼女にとっては信じられるものが何もなく、信じられるのはお金だけでした。

お金があれば物が買えるという経済システムがある以上、お金があれば幸福を得られやすく、だからこそお金を信用するのは当然のことです。

普通の人は社会に出てそのような考えを抱くことが多いものですが、彼女は幼いころにそれを知り、お金だけを信用するようになったのです。

この年の女の子と言えばセックスなどとは程遠く、同世代の男子のことが好きになって胸を高鳴らせたりするものですが、そんなことは彼女には無縁でした。

AV女優お金

親が頼れない人であり、親が親らしいことをしてくれないとなると、頼れるのは自分だけです。

しかし小学生に普通のアルバイトはできません。

だから援助交際をしてお金を稼いだ。

彼女にとってはただそれだけのことでした。

最初から何の疑問もありませんでした。

客はお金を持っているオジサンで、医者や弁護士や一流企業の社員などばかりでした。

AV女優お金

援助交際が良くないことであるという自覚はありましたが、それでも生きていくためには仕方のないことでした。

中学生になることには、彼女の財布には常に20万円以上のお金が入っているようになりました。

彼女は1万円札を10万円ごとの束にまとめ、それが毎日増えていくことに楽しみを覚えていました。

お金はゲームのように増えていきました。

学校の昼休みになると、学校のすぐ近くの公衆電話からテレクラに電話をかけ、金額交渉が成立すると放課後に会います。

AV女優お金

彼女が会うのは上記の通りお金のあるオジサンであり、30~50代ばかりでした。

テレクラで出会った相手にはまず年齢を聞き、お金のない30代以下の男性は切り捨てました。

彼女にとってオジサンたちは優しくしてくれるため、そこに理想の父親の姿を見ていたかもしれませんし、同時に単なる札束と見ていたかもしれません。

お金のためとはいいますが、オジサンとのセックスが嫌いではなかったといいますから、おそらくは無意識のうちに理想の父親を見ていたのでしょう。

中学校を卒業するころには、すでに300人以上の経験を済ませていました。

AV女優お金

そして、これら300人以上の男性経験において、お金をもらわずにやったセックスは一回もありませんでした。

一般的な家庭ならば当然のように高校に進学しますが、彼女の母親は「お前に出す金はない」と学費を出すことを拒否しました。

しかし、彼女は反対を押し切って都立高校に進学しました。

いざとなれば金くらい自分で出せるという気持ちもあったのでしょう。

年齢を重ねると生活費もかさむため、彼女の仕事は大きくなっていきました。

高校時代はセックスをしすぎて不感症になったといいます。

AV女優お金

変わったプレイをして大きく稼ぐために、スワッピングクラブやカップル喫茶などに行き、店のオーナーと仲良くなって色々な人を紹介してもらい、金のある男を引っ掛けるようになりました。

有名会社の社長や会長などとも知り合いました。

当時はそのような場所に出入りする女子高生などおらず、最年少の若いカラダであったため、重宝されていました。

高校では、高校生活を円滑に過ごすために、学校でカッコイイと評判の男子生徒とも付き合い始めました。

AV女優お金

男側から告白されて付き合ったのですが、周りの女子生徒から嫉妬され、友達はいなくなりました。

援助交際のことは皆に知られており、全ての女に嫌われていました。

しかし、彼女にとって信頼できるのは彼氏ではなくお金です。

恋愛をしたと言ってもそこには必ずお金が介在していました。

AV女優お金

10代の高校生と付き合っても何の得にもならないという思いがあったため、彼女は付き合い始めてからも援助交際を欠かすことがなかったのですが、ある時彼氏は彼女のメモ帳の顧客リストを発見して激怒し、さんざん殴った挙句別れました。

しかし、結局あきらめきれずに付き合ってくれとしつこくいってきたため、アルバイト代を5万円よこせと言いました。

つまり、彼女は恋愛でもお金をしっかりとっていたのです。

AV女優への道のり

AV女優お金

高校三年生になった彼女は、実家を出ることにしました。

やはり、彼女にとって実家は居心地の悪い場所でした。

両親と弟は仲が良く、自分は仲間外れにされ、食事にしてもいつも自分ひとりだけ食卓に入れてもらえず、弁当を買って食べていました。

AV女優お金

そんな時、弟がおかしな女を連れ込んで一緒に住むようになり、弟・母親・その女が彼女の財布からお金を盗むようになったため、頭にきて家を出ることにしたのです。

金持ちの社長とつながっていたため、一緒に暮らすことにしました。

家を出てからも、援助交際を辞めることはありませんでした。

高校時代はスワッピングを中心に人間関係を広め、卒業後はためたお金で歯科衛生士の専門学校に通いました。

AV女優お金

高校時代は援助交際に捧げましたが、それでも成績はトップクラスでした。

頭の良かった彼女は、専門学校に行ってからも成績優秀であり、簡単に歯科衛生士の資格を取ってしまいました。

それからも援助交際は続きました。

相手は会社の会長などの金持ちばかりであり、誘われるがままに海外旅行に行って大型のカジノでギャンブルをしたり、愛人になって小遣いを札束でもらったりしました。

豪遊しながら貯金額は増えていったのです。

AV女優お金

彼女にとっては一番信用できるお金に囲まれた生活で何不自由なかったのですが、ある時母親から電話があり、「弟がとんでもないことになったから助けてくれ」と泣きつかれました。

大嫌いな女の声に吐き気がしましたが、それでもいつもゴミのように扱ってきた実の母から頼りにされるのは少しだけ嬉しくもありました。

弟が悪さをしてどうしてもその後始末に2000万円必要になったとのことでした。

母親は娘が体を売って莫大な稼ぎを得ていることに気づいており、そのお金を頼るために泣きついてきたのです。

AV女優お金

そのお金は、彼女が全て払いました。

それ以後、母親は彼女のことをお金としてしか観なくなりました。

会うたびにお金をせびってくるのです。

何に使うのかと聞いても嘘をつかれるだけでうんざりしてしまいました。

弟が更生して真面目に働くというので車を買ってあげることになった時も、母親にはお金がないため彼女が払うハメになりました。

AV女優お金

聞くからにめちゃくちゃな家庭です。

幼少時代は虐待されて過ごし、さらにお金をせびられるようになりました。

それでもなんとなく断ち切れない縁を感じ、関係を続けていました。

それから何年かして、弟はまた同じ悪さをしでかし、4000万円のお金がかかることになりました。

彼女はそのお金を払うために焦り、結婚詐欺まがいのこともこなしました。

AV女優お金

そのうち、スワッピングを通して知り合ったAV制作会社の人の紹介で事務所に入ることになりました。

企画単体女優としてすぐに売れっ子になった彼女は、最初の半年くらいは月に2日くらいしか休めないほど仕事をこなしました。

母親はAV女優をしていたことを知っていましたが、彼女のことを所詮は金づるとしか思っていなかったため、何もとがめることはありませんでした。

出演作は3年間で200本に上り、NGが少ない上に美少女のルックスを持っていたため、ハードなプレイができる美少女として重宝されたのです。

AV女優お金

ソフト・オン・デマンドの作品において過激な露出を演出なしで行ったときには非常に話題を呼んだものです。

しかし3年以上続けたあと、AV業界から去ることになります。

体力に限界を感じたこと、飽きたことで、そろそろ潮時と思うようになりました。

AV女優は最初は楽しいと思っていましたが、絡む相手はいつも同じAV男優であることに飽き飽きしたといいます。

AV女優お金

また、聡明な彼女は、体を売る商売はキャリアを重ねるほど価値が下がることがよく分かっていました。

メーカーは売るために若い女性を出演させたがるため、余程の人気がないかぎり古株は淘汰されていくものなののです。

最初からそのことは分かっていたため、辞める際になんの未練もありませんでした。

始めるときは苦痛になるまでやると決めていましたが、いくらやっても苦痛を感じることがなかったため、自分で辞めるという決断をするに至りました。

本当に目指すところ

AV女優お金

それまで体を売る事だけで生きてきた彼女は、AVを辞めてからどうするつもりだったのでしょうか。

彼女は昔から自分が普通ではないという自覚があったため、普通になる事が夢でした。

AVを4年続けたことで弟の借金もなくなり、家も落ち着いたのでそろそろ普通になれると思うようになりました。

お金が好きだったのも、考えて見れば自分の精神を安定させるためであったり、弟を助けるためであったりと、必要に迫られてのことです。

AV女優お金

実際、稼いだお金は弟や母のために消えていき、もうお金を使うこともなくなったからAVも潮時と思うようになったのです。

普通の女性になるためには、その一歩として普通の恋愛をして普通の結婚をするのが目標でした。

そのため、彼女は友人の結婚式で知り合った年上の郵便局員と付き合い、結婚することにしました。

かといって、彼女はまだ人を信じることができません。

結婚相手でも信じることができないのです。

AV女優お金

人というものは、だれかを信じて生きていくのが普通です。

そのため、彼女は誰かを信じたい、信じて普通になりたいという思いで生きていたのです。

信じられる男性を求めて結婚まで決めたもののその男性は信じられませんでした。

そんな彼女を唯一救ってくれる可能性があるのは子供です。

自分の分身ならば少しは信頼できるかもしれません。

AV女優お金

彼女がAV女優を辞め、結婚し、子どもを作り、その後どうなったか。

そこまで知ることはできません。

AVは特殊な職業であるだけに、特殊な事情や感情を抱えた女性が踏み込む世界である、そういう一面は確かにあると言っていいでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優お金

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • あなたなら引退後どうしたい?AV女優のその後、実例

  • 元公務員のAV女優、その過去、生い立ちを調査してみました

  • なぜAV女優になるのか?応募の理由まとめ5選

  • AV女優に必要な要素と、向いている女性とは?

  • AV女優としての成功は引退後で決まる!

  • 「なんだ、普通以上じゃん…」意外に幸せなAV女優の人生について考える