1. TOP
  2. 単体、企画単体、企画・・・AV女優の格付けは複雑
AVコンシェルジュ

単体、企画単体、企画・・・AV女優の格付けは複雑

AV女優の世界 企画単体女優 企画女優 単体女優 職業としてのAV女優 この記事は約 10 分で読めます。 4,519 Views
AV女優ヒエラルキー

AV女優のヒエラルキーは年功やギャラだけではなく、それ以外の様々な指標から形作られるものです。

ここでは、ヒエラルキーについて詳しく見ていきましょう。

AV女優として上に行くことの意味

AV女優ヒエラルキー

AV女優の進路として王道のものと考えられているのは、単体女優から企画女優へと転身して働くと言うものです。

企画単体女優と言う位置づけは曖昧なもので、漠然と企画女優の中で単体作品に出演して単体女優並の活躍をしている女優ととらえればよいでしょう。

多くの女優は単体女優から企画女優へと転身して活動したとき、出演本数やジャンルへの規制がなくなったことで、頑張っただけ確実に結果が現れることに喜びを感じています。

そして、単体女優として活動していたとき以上に、AV女優の世界で上に行こうと思うようになるのです。

AV女優ヒエラルキー

一度企画単体女優になった女優の中には、再び単体女優として活動することを拒む女優も多いものです。

「AVの世界で上にいく」ことは、ごく一部を除けば新しいジャンルに挑戦してより多くのスキルを身につけていくことで成し遂げられると考えられます。

AV業界ではこのように考えるのはごく一般的で、NG解禁をマイナスではなくプラスと捉える人がほとんどです。

なぜプラスに捉えるのかと言えば、良くいわれるのは「可愛さや若さだけではいつまでも仕事をし続けることが難しい」からですが、それと同時に色々なジャンルに挑戦していくうちに自分のキャラクターが確立することが多い等の他の理由もたくさんあります。

AV女優ヒエラルキー

特にAV女優本人たちにこの意識が強く、あまりハードな作品を好まない保守的なプロダクションに所属して、保守的な作品への出演である程度の収入が得られているAV女優が、自らプロダクションの社長やマネージャーに願い出て新しいジャンルに挑戦することもあるほどなのです。

また、この問題を考える時にはヒエラルキーから目を背けることはできないでしょう。

AV女優には確かにヒエラルキーが存在し、AV女優たちプロダクション内や撮影現場での扱いの違いや、働き方の違いからヒエラルキーの存在を知ることになります。

AV女優ヒエラルキー

しかし、「AVの世界で上に行く」ということが、単に企画女優が単体女優を目指すと言うものでもなさそうです。

このことは詳しく後述しますが、AV女優のヒエラルキーは年功やギャラだけではなく、それ以外の様々な指標から形作られるものだからです。

まずは、ヒエラルキーについて詳しく見ていくこととしましょう。

ヒエラルキーは単純?

AV女優ヒエラルキー

よく、AV女優のヒエラルキーは単純に語られます。単体女優がトップ、企画単体女優が中間、企画女優が底辺というようにです。

あたかもカーストのように簡単に分けられており、簡易的に見るならばこのような解釈でも大きくは間違ってはいないでしょう。

しかし、AVの内情をより詳しく見ていくと、AV女優のヒエラルキーはこんなに簡単なものでは語りつくせないものであることが分かります。

そもそも、ヒエラルキーがあるのはどの会社や組織でも存在するものであり、ヒエラルキーが存在しない共同体は崩壊します。

AV女優ヒエラルキー

しかし、AV女優にもヒエラルキーは存在しますが、それぞれの活動形態やジャンルは様々で、ヒエラルキーは明確な者とは言えません。

しかし、そのような中でもそれぞれのAV女優は自分と他のAV女優のヒエラルキー、位置づけをしっかりと認識しています。

この位置づけはどのような指標をもとに行っているのでしょうか。

外部から見えるヒエラルキーの一端

AV女優ヒエラルキー

DMMの人気ランキングや、ブログサイトにおけるAV女優のブログのアクセス数ランキング、あるいはツイッターのAV女優のアカウントのフォロワー数のランキングなどは、外部からもよくわかるヒエラルキーの一要素と言えます。

なぜならば、これらのランキングは売上やギャラに比例していることが多いのです。

売上が高いAV女優はファンが多くDVDが良く売れるからこそ売上が高いのであり、このことが人気と直結するのは言うまでもないことです。

熟女ブームの最近では少し事情が変わってきていますが、基本的には若くてスタイルとルックスが良いいAV女優がランキングの上位に位置しています。

AV女優ヒエラルキー

したがって、このようなランキングを見る時、「若さ」「容姿(ルックスとスタイル)」「人気」「ギャラ」という4つの指標が階級を作っていると見ることができます。

このような指標によってヒエラルキーが作られているのは、単体女優において顕著です。

とはいっても外部から見ることができるランキングのように単純なものではなく、やはり若さがヒエラルキーの一つの指標になるとはいえ、先にデビューしたAV女優が先輩で後からデビューした女優は後輩です。

AV女優ヒエラルキー

そして、上下関係はしっかりとしているため、大人気で売上などが抜群に高い女優が、知名度がそれほど高くない先輩AV女優に話しかける時には警護で話しかけて気を使うという年功序列が存在します。

逆に、熟女ブームの昨今では熟女として30代後半や40代のAV女優がデビューすることがありますが、このように極端に年齢が高いAV女優がデビューする時には先輩にあたる若いAV女優が気を使うこともあります。

企画女優のヒエラルキーを決める色々な指標

AV女優ヒエラルキー

単体女優に対し、企画女優の指標はかなり混乱してきます。

出演本数

AV女優ヒエラルキー

まず、年功による序列が崩れます。

なぜならば、単体女優は月に1本しか出演しないため、長く続けている単体女優の方が出演本数も多く経験も豊富であることは間違いのないことです。

しかし、企画女優は仕事量に個人差があります。

例えば、月に3本出演している企画女優が3年にわたって活動している場合と、月に10本以上出演している企画女優が1年の活動をしていた場合とを比べればどうでしょうか。

AV女優ヒエラルキー

経験年数だけではどちらがよりキャリアがあるか判断することは難しいことです。

そこで、場数を踏めば踏むほど経験は豊富になり、仕事に慣れ、スキルは磨かれていくことから、「出演本数」を軸にしてヒエラルキーが構成されている傾向があります。

実際に、AV女優同士の会話では「何本出演したか」ということを軸として会話がなされることは多いものです。

経験年数

AV女優ヒエラルキー

ただし、経験年数が軽視されるということは決してありません。

例えば月に1本のペースで出演している女優が10年活動していたとして、これは毎月10本以上出演して1年活動したAV女優より出演本数は少なくなります。

しかし、AV業界は非常にスピーディに構造や流行が変わっていく業界であることから、経験年数が長いAV女優はAV業界の変化を目の当たりに見てきた生き字引のような存在と見なされ、尊重されるのです。

経験したジャンル

AV女優ヒエラルキー

また、ソフトなジャンルに挑戦していれば事足る単体女優と比べて、企画女優は生き残りをかけて色々なジャンルに挑戦していくものです。

そのため、どのようなジャンルに出演経験があるか、どのメーカーの作品に出演したことがあるかなども一つの指標となります。

つまり、出演本数や経験年数といった、AV女優としての経験に直結する部分ではなく、出演作品の幅を指標にしてヒエラルキーの判断をするのです。

AV女優の活動様式は本当に色々です。

AV女優ヒエラルキー

・これまで100本の作品に出演しながら、ほとんどの作品がドラマものでソフトな絡み

・出演本数はそれほど多くないが、ハードSMなどのコアな作品に出演している女優

・獣姦、スカトロなどの経験する女優が極端に少ない作品に出演している女優

など色々な女優がいます。

AV女優ヒエラルキー

そのため、普段は色々な指標から判断して自分の方が上にいると思っている場合でも、自分が経験したことのないジャンルにおいては、やはり経験したことのある女優に数歩の遅れを取ってしまうのは当然のことです。

どのメーカーの作品に出演したことがあるかという指標も重要です。

特に、SM専門のレーベルを持っているメーカー、老舗メーカー、フェチに訴える特殊な内容を撮影するメーカーなどに出演経験があればこれも一つの指標になります。

キャストや監督

AV女優ヒエラルキー

有名なAV男優と共演したことがある、大人気女優とレズで共演した、有名なAV監督の作品に出演した等の経験も、ひとつのステータスになります。

ギャラによるヒエラルキー

AV女優ヒエラルキー

一般の社会では、ギャラの多寡がヒエラルキーを決めると言う風潮が見られることがあります。

長者番付などといった収入ランキングが一般の人々から関心を以てみられていることからもこのことが分かります。

AV女優においては単体女優と企画女優でギャラに関する事情が異なります。

確かに、単体女優ならばギャラが高いことが一つの指標になるでしょう。

AV女優ヒエラルキー

契約期間中の全ての作品に一律の出演料を得ており、女優の人気やクオリティでそのギャラが変わるため、ギャラが高ければ高いほど良い評価を得ている単体女優と言う見方ができ、わかりやすい指標であるとも言えます。

しかし、企画女優にはこれが当てはまりません。

なぜならば、企画女優のギャラは一定ではなく、作品の売上や反響、知名度、人気などで大きくギャラが変わることがありません。

AV女優ヒエラルキー

むしろ、作品の内容がどれほど過激であるか、拘束時間はどれほどであるかによってギャラが変わります。

前回の作品で30万円のギャラだったからといって、今回もそれと同じギャラが貰えると言う保証はどこにもないのです。

ヒエラルキーは一定ではない

AV女優ヒエラルキー

以上のように、AV女優のヒエラルキーは実に様々な指標をもって定められています。

そのため、評価する人がどのような指標で判断する感によって、結果は大きく異なることになるのです。

たとえば容姿は普通で経験が豊富なAV女優と、容姿端麗で経験が凡庸なAV女優に優劣をつける場合、ある人は容姿を重視し、ある人は経験を重視しています。

また、ある人はそれ以外の要素を重視しているならば、結果は三者三様となるでしょう。

AV女優ヒエラルキー

このように、ある人物からヒエラルキーの上層にいると言われたとしても、その評価は一定ではなく、評価する人によって異なることが往々にしてあるのです。

AV女優たちはこのことを重くとらえています。

つまり、メーカー面接を受ける時には、面接担当者がどのような指標でAV女優を測っているのかを推測し、アピールすべき特徴を変えていきます。

例えば容姿をアピールしていくのか、技術をアピールしていくべきなのかなど、複雑に入り組んだ指標をうまく利用していき、仕事につなげていきます。

AV女優自身の変化

AV女優ヒエラルキー

このように、複雑にヒエラルキーを定める指標が混在しているなかで活動していくにつれ、AV女優自身にも変化が現れます。

それまでは指標として認識していなかったものにたいして認識するようになることで、自分が目指すAV女優の姿や、他のAV女優に対する見方が変わってくるのです。

例えば単体デビューをしたときには「若さ」「容姿」といったシンプルな指標ばかりを信じていた女優がいたとします。

AV女優ヒエラルキー

つまり、ギャラが高い単体女優が一番えらい、次いでギャラが低い単体女優(単体女優は若さと容姿が重要であるため)、そしてギャラが高い企画単体女優、ギャラが低い企画女優、そして最底辺はエキストラ程度の扱いの企画女優であると考えていた女優が、経験を重ねていくにつれて「AV女優はギャラが高いばかりが価値じゃない。

それ以外にも場数を踏んでいることや色々なジャンルをこなせることの方が重要だ」と考えるようになるのです。

AV女優ヒエラルキー

このように認識やプライドが変化することによって、単体女優がヒエラルキーのトップとされている業界の中で、あえて企画女優になることを喜ぶ女優がいます。

たとえギャラが下がっても、色々なジャンルに出演することや企画女優として場数を踏み続けることによって、自己認識の上でのヒエラルキーを高く保ち、意識のバランスを保っているのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優ヒエラルキー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 昔は多かった、借金返済のためにAV女優になる人のパターン

  • 元公務員のAV女優、その過去、生い立ちを調査してみました

  • AV出演の相場、AV女優の年収やギャラについて詳しく知ろう

  • 精神分裂病の女優Hは、なぜどうしてAVの世界に

関連する記事はこちら

  • 自分ブランドに傷つけるな!マニアAVは慎重に、フェチAVは積極的に

  • 「なんだ、普通以上じゃん…」意外に幸せなAV女優の人生について考える

  • AV嬢を目指す人のための、ギャラについて基本情報

  • プラスの企画落ち、単体→企画へとランクが下がっても収入UP!

  • 社会的地位が高いのにAV女優になってしまった人の本当の理由

  • バイトでAV女優ってできますか?たまにでいいんですけど…