1. TOP
  2. AV女優に必要な「空気を読む力」
AVコンシェルジュ

AV女優に必要な「空気を読む力」

AV女優仕事

AV女優の仕事は、最も基本となるAV出演のほかにも、グラビア撮影撮影会、握手会、サイン会などの色々な仕事があります。

この仕事をこなすには、空気を読んで求められるものを考えながら自発的に動いていかなければなりません。

AV女優の仕事は特殊である

AV女優仕事

AV女優の仕事は、最も基本となるAV出演のほかにも、グラビア撮影、撮影会、握手会、サイン会などの色々な仕事があります。

仕事の多さからAV女優になれば多忙を極めてたくさんのお金を稼げるような気がするかもしれません。

しかし、実際にはそれらの仕事を行うことでご飯が食べられる女性は非常に少なく、何か別の仕事をしながら副業としてAVをやっている女性が多いのが実情です。

ほんの数本の作品に出演しただけで業界から去っている女性もいます。

また、このように色々な仕事をしているように見えても、より広い目で見てみると、彼女たちの仕事内容は「AV出演とそれに伴う業務」を行っているのであり、かなり制限された業務を行っていると見ることもできます。

それだけに、一つ一つの業務に求められる内容はディープになります。

そして、業務の性質上、それらの業務が遂行されるにあたってはメーカープロダクションが企画・主催し、慣習に沿って行われるようになっております。

そのため、メーカープロダクションには実に様々なものがありますが、どこも同じような過程や手続きを踏み、おおむね同じ手法で行われています。

思った通りの活動ができるとは限らない

AV女優仕事

また、AV業界には一つの特殊な点があります。

どのメーカー・プロダクションでも同じ流れで業務が行われているならば、それぞれの業務がどのような流れで行われるのかが明文化されていそうなものです。

しかし、実際には明文化されることがないと言うことです。

確かに、当サイトの記事のようなものがネット上には存在しています。

これを見ることで様々な業務を知ることができますが、それも結局は第三者が書いたものにすぎません。

AV女優になろうとする女性が、業界の本当の姿・全貌を知るのは実際に働き業務を遂行したときです。

また、AV女優の仕事内容としてよく語られるのが、VTR撮影以外のプロモーション活動やメーカー面接です。

プロダクションが主催するプロモーション活動は決して強制される物ではありませんし、メーカー面接も仕事がたくさんほしいと思わない女優にとってはこなす必要がないものです。

あくまでも「一般的なAV女優の活動事例」としてメーカーやプロダクションの中でマニュアル化されているものが知られていると言うだけのことです。

そのため、一般に思われているAV女優の業務と、実際のAV女優との間には、良くも悪くも理想・想像と現実の乖離が生じることがあると言えます。

空気を読む力が必要である

AV女優仕事

業務に伴う慣習が明文化されていないならば、プロダクションの中には当然それらをAV女優に伝える人がいそうなものです。

しかし、実際のところそのような語り部的存在がいると言う風習もありません。

つまり、AV女優たちはその場その場の仕事を、臨機応変にその場に適しているように処していき、その場しのぎでこなしていくこととなります。

そうするうちにスタッフの言葉から求められるものを考え、他のAV女優のやり方を真似ながら、このような時はこうするべきなのだろう、という慣習的な方法を身につけていくこととなります。

AV女優が明確な言葉でこうすべきと指示されるものは非常に少ないです。

AV女優は「こうしなさい、ああしなさい」と指示されるのを待つのではなく、空気を読んでこなしていくこととなります。

活躍できるAV女優というのは全てこれができる女性です。

監督がどのような映像を求めているのかを感じ取り、あるいは撮影スタッフに良いような動きを考えながらこなしていくのです。

こうすればもっと気に入られるだろう、こうすればマネージャーが困るな、などと自分で考えてやっていることが多いのです。

AV女優には馬鹿な女性が多いというのはよく言われることであり、過激な意見の中にはAV女優は知的障害者であると言うものまであります。

しかし、実際にはこのように空気を読んで求められるものを考えながら自発的に動いていかなければなりません。

活躍しているAV女優は総じて頭の切れる女性であることが多いです。

空気を読む力がなければ致命的

AV女優仕事

AV女優の業務が慣習的に作られ、明文化された制度がないということから、AV女優は自発性を尊重されていると感じられます。

確かに、撮影において脚本が大まかな流れだけを設定されている際にはAV女優の裁量で撮影が進められることになります。

有名になりたい・とにかくお金が目当てなどAV女優のタイプもAV女優自身にゆだねられるところでしょう。

しかし、それらの自発性が認められる部分においても、やはり30年間の業界の伝統から生まれた前例・通例があります。

そのため、いくら自発性が認められるとは言っても、その伝統から大きく離れた行動を行うことは許されません。

したがって、一見自発性が重んじられているかのように見えるものの、実際には業務の細かな点も慣習に縛られながら活動しなければなりません。

さらに、上述の通りそれらの慣習は自ら空気を読んで働いていかなければなりません。

そのため、空気が読めない、応用が効かない、気が効かないといった女性はどうしても活躍の場を与えられることが少なくなります。

活躍できない女性であればあるほど、よりハード路線で撮影をこなしていかなければならない傾向があります。

AV女優仕事

普通の撮影内容と比べて出演希望者が少ないハードなジャンルならば、多少空気が読めない女性でも仕事を得やすいのです。

だからこそ、ハードなジャンルに出演するような女性は頭が悪いと考えられることもあるのかもしれません。

このような慣習のある業界において、出演する内容は彼女たちに決定権があるため、彼女たちは時に頑張りすぎてしまうこともあります。

女優によっては、ハードな作品のオファーが来ると、その作品に出演することによってメーカーから気に入られるかもしれないというように空気を読んでしまいます。

そして、強制されることなく出演を果たし、体力的・精神的に摩耗していくことがあるのです。

AV女優として活動していくならば、空気を読む能力が求められる中において、空気を正しく読んでいくことができなければ、短命なAV女優になってしまうこともあるでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優仕事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話

  • 【実態調査】AV女優はSとMどちらが多いの?

  • AV女優達が、声を大にして訴えたいこと

  • AV女優って努力が必要なの?ただSEXしてればいいんでしょ?

関連する記事はこちら

  • AV女優たちの学生時代とは?

  • AV女優の殺人は本当にあったのか?ジャーナリストが語る真実とは

  • セックスを披露するAV女優の社会的意義とは

  • あれも嘘これも嘘、擬似プレイでNGを克服

  • プロダクションに応募する前に確認するべき大切なポイント

  • 稼ぐために絶対必要なメーカー面接のすべて