1. TOP
  2. 驚愕!AV女優になるのは東大に入るよりも難しい?
AVコンシェルジュ

驚愕!AV女優になるのは東大に入るよりも難しい?

AV女優倍率

AV女優の倍率は高い

一昔前はAV女優の倍率などという言葉を用いる事はありませんでした。
つまり、昔はAVに自ら志願してくる女性などほとんどおらず、スカウトによるものがほとんどであったため倍率を論じる必要が全くなかったのです。

しかし、今はそんなことはありません。プロダクションがかける募集に対して非常に多くの女性が自ら応募してきます。
これは、AV女優が一般メディアその他へと活躍の場所を広げていったことによって、AV女優と言う職業が非常に稼げる華やかな職業のように見えてしまったことや、社会全体の価値観の変化によるものです。

多くの女性から応募を受け、設けた枠以上の応募があればプロダクションはだれを採用するか選考しなければなりません。
あまりにも応募の数が多く全てを面接することはできないため、まずは顔写真のみで判断し、この時点で約半数が足切りを食らいます。

残りの半数が第2ステージの面接に行きますが、この中で性格やスタイルなど全体を観察し、企画女優の倍率が2倍程度、そして単体女優となれば、倍率は100倍以上です。
これはAVプロダクションのマネージャーが言っていることなので、大体このような感じと考えていいでしょう。

ちなみに、単体女優レベルの女性は応募よりもスカウト経由が多いです。
理由は単純で、スカウトは単体で売れるであろう子を口説き落とすからです。

驚愕の100倍

倍率にして考えてみましょう。仮に200人の応募があったとすると、まず顔で100人が落選します。
そして面接をした100人のうち、企画として使える女性は50人、単体として使えるのは1人いるかいないかです。

倍率にすれば、企画は倍率2倍、単体になると100倍以上と非常に狭き門となります。これほど競争は熾烈なのです。
東大の倍率が3倍程度と言われていますので、アルバイト程度の企画女優として働くにしても、難関大学と同じくらいの倍率となっているのです。

ただ、この倍率は「誰でもなれる」と思って応募した人も含まれるので、応募総数が多くなり倍率を上げている側面はあります。

なぜこのような高倍率になるのかといえば、クオリティが低い女性や人並みの女性はどんな企画を立てたところで決して売れる事がないと分かっているからです。

AV女優になるためには顔が可愛いということは当たり前のことであり、スタイルは整っていてバストはCカップ以上、そして現場で撮影をスムーズに進めていくための協調性を持っており、社会性があり、セックスが少なくとも嫌いではないなどの様々な要素が求められることとなります。

実質はその倍率以上に難しい

また、倍率2倍をくぐりぬけて企画女優になったからといって、必ず仕事がもらえるわけではありません。
なんとかプロダクションに所属しても、その後には目の肥えたAV監督プロデューサーの目にとまった女性だけが出演することができます。

出演を勝ち取ってAV女優として成功していくと言うことは、一流大学に合格するよりも、一流企業に就職よりも難しいことなのです。

その結果、AV業界における女性のレベルは非常に高くなりました。
昔ならばSMやスカトロといったジャンルにはどうしようもないブスをあてがっていたのですが、今やこのようなジャンルにも可愛い女性が出演するようになっています。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優倍率

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話

  • 【実態調査】AV女優はSとMどちらが多いの?

  • AV女優達が、声を大にして訴えたいこと

  • AV女優って努力が必要なの?ただSEXしてればいいんでしょ?

関連する記事はこちら

  • 普通な女性がAV女優になってしまうまでの流れとは?

  • 「○○さんみたいにAVアイドルになりたい!」って子は絶対なれない理由

  • 効率よく稼げるAV女優を副業でやって生活費の足しにする

  • 「キモメン」とセックスができなければ、AV女優としての成功はむずかしい

  • 悲惨なイメージがまだ残っていますが、AV女優は全然悲惨ではありません!

  • AV女優になるために最低限必要なスキル7つ