1. TOP
  2. NGプレイはいくつありましたか?あなたの稼げる度チェック
AVコンシェルジュ

NGプレイはいくつありましたか?あなたの稼げる度チェック

AV女優評価

AV女優はアブノーマルなプレイもこなす

AV女優として作品に出演する時、AVを「ただセックスを披露するだけのもの」と捉えている人ならば、単純にフェラチオクンニ、手マン、手コキといったオーラルセックスを行った後に、いくつかの体位でセックスをするだけと思っているかもしれません。

確かに、一昔前の人気の高い単体女優であれば、その女優が映像に移っていることそのものが価値あるものになり、それほどハードなプレイを要求されないこともあるでしょう。

しかし、最近はAVの内容がどんどん視聴者がよりハードな内容を求めるようになってきていることから、女優たちもそれにこたえなければならないようになってきています。

特に、企画単体女優などの中にはNGなし女優として、どのような撮影にも対応できることで出演本数を重ね、人気を博している女優もいます。

当然、これからAV女優になろうと思っている人であれば、そのようなアブノーマルなプレイも行う必要があると思ってよいでしょう(どうしても無理なプレイは女優自ら拒否することも可能です)。

では、どのようなプレイが行われるのかを見ていきましょう。

NGプレイが少ないほど、様々な仕事がもらえる

下記プレイ内容のなかで、NGプレイはいくつありましたか?

  • NGプレイが少ないほど稼げる
  • NGプレイが多いほど仕事はない

これが現実です。

NGプレイ、OKプレイを判別して、あなたの稼げる度をチェックしてください。

アナルセックス

アナルセックスの需要は大きく、アナルセックスのAVはたくさん存在しています。
お尻の穴NGの女優も多いのですが、一度開拓されてしまえばハードルは下がりますので、やる気があるかどうかが重要になってきます。

メーカーアナルOKの女優を求めてきますし、プロダクションからも、「そろそろアナルOKにしない?」なんて打診があったりします。

たしかに、アナルOKならたくさんの企画モノに出れますので、仕事の幅は広がるでしょう。

どうしても嫌な場合は、「私、痔(ぢ)なんで…」と言えば回避できるようです。

異物挿入

異物挿入とは、膣やアナルのなかに男性器や指以外のものを挿入すると言うものです。
代表的なものではバイブディルドといった「大人のおもちゃ」を挿入します。
この他、アブノーマル性が高くなるとキュウリや人参と言った野菜を挿入することもあり、キワモノレベルのAVではドジョウやウナギを入れると言うものまであります。
もっとも、多くの場合には大人のおもちゃを入れるにとどまることでしょう。

今でこそAVで当然のように行われていることから違和感がなくなっていますが、かつてはセックスの際に男性器以外を入れることは衛生的に、あるいは道徳的に一般的ではないとされていたため、未だにややアブノーマルなこととして考えることができます。

イラマチオ

イラマチオはオーラルセックスの一種で、フェラチオと似ています。
しかし、フェラチオは男性に対して女性が自ら口淫するものですが、イラマチオは女性に対して男性が自ら口淫させるように動くものです。

多くの場合、男性は立った状態で女性はひざまずき、女性の口の中に男性が自ら男性器を入れ、女性の頭部を手で以て前後させることで男性器を相手の口に出し入れします。
このように、男性が主導的に行為と勧めていくところが、フェラチオとは大きく違う点です。

女性がフェラチオを行う場合には、女性自身がくわえる深さを調節して苦しくないように行為を勧めていくことができるのですが、イラマチオでは女性は受身になるため調節ができません。
さらに、男性は快感を求めて深い部分まで入れることも多く、そうなると女性側は苦しい思いをすることになります。

したがって、SMの一環としてイラマチオが行われる場合、女性は喉の奥まで男性器で突かれることで、苦しい思いをするほか、嘔吐することもよく見られる描写です。
このことから、女性がマゾ側のSM作品では良く行われる行為であり、嘔吐を伴う辛い撮影になることもあるかもしれません。

ディープスロート

イラマチオは男性が主導的に行うものでした。これに対し、女性が男性を深くくわえこみ、喉元まで押え込むことをディープスロートといいます。
ただし、イラマチオとの使い分けは曖昧です。この場合にも嘔吐感や大量の唾液分泌が伴うことがあります。

おしっこ

おしっことは、尿を使ったプレイです。
単に洗面器やバケツなどに排尿する姿を撮影することもありますし、マゾの男性に尿をかける、飲ませるといった行為を行うこともあります。
また、女性がマゾ側の場合には、男性の尿をあびたり、飲んだりすることもあります。

スカトロよりは一般に受け入れられやすく、マゾの男性からは好奇の対象となる行為ではありますが、やはり排泄物を用いたプレイということで、アブノーマル性があるものとなっています。

オナニー

AVの中には、カメラの前でオナニーを披露すると言う撮影が行われることもあります。
指でオナニーをするほか、バイブローター電マなどを使って行うこともあります。

また、カメラの前でオナニーを行うのではなく、複数の男性の前でオナニーを披露すると言うものもあります。
このほか、ややアブノーマルな企画では男性のオナニーを観賞する、手伝うなどの内容で撮影が行われることもあります。

監禁

監禁とは、本人の意思とは関係なく一定の空間に閉じ込めて自由を奪うことですが、AVのSMものでもこの方法が行われることがあります。
厳密にいえば、監禁もののAVを撮影することをAV女優に承諾させたうえでの撮影になるため、監禁ではなく監禁の描写を伴う撮影ということになるでしょう。

多くの描写では、監禁したとされるAV女優を全裸にして縛るなどし、性行為に及ぶと言うものが多いです。

2000年前後のAV業界がまだずっとブラックだったころには、凌辱AVのひとつとして本当の監禁が行われたこともあります。
これは女優には撮影内容を知らせずに現場に送り込み、本当に監禁してしまうと言うものです。
そのようにすることで、女優は本当に恐怖を味わうこととなり、演技不要の作品を撮影していたこともあります。

しかし、言うまでもなくこれは憲法における身体活動の自由を奪うものであり、刑法的には監禁罪に抵触します。
このような凌辱もので苦しんだ女優が訴訟などを起こし、逮捕者も出たことでこのような打ち合わせなしの本当の監禁が行われていることは、今ではもうありません。

浣腸

浣腸はスカトロものなどで行われる行為であり、一般的なAVで行われることは少ない行為です。
これは肛門に器具を装着し、直腸を経由して腸内にグリセリン液やクエン酸ナトリウムなどを入れることで、女性が排便するのを観賞するプレイです。

顔射

顔射とは、男性の精子を顔面に浴びると言うプレイです。
多くの場合には、膣内に挿入していた男性が、射精の直前に膣から男性器を抜き、女性の顔面に精子を浴びせるということが行われます。

この他、女性が男性に対してフェラチオや手コキを行い、自ら顔に浴びる描写や、複数の汁男優に囲まれて大量の精子を顔面に浴びると言う撮影もあります。こちらは特に、ぶっかけと言われます。
顔射を伴う撮影はもはやAVのなかでは標準と言えるほどに浸透しています。ぶっかけはまだアブノーマル感が強いですが、それでも有名女優を含む色々な女優が挑戦しています。

クスコ

クスコとは膣鏡のことであり、本来は膣の中を健診したり、膣式手術に使われる医療器具です。
閉じたクスコを膣内に挿入し、奥まで挿入したらこれを開きます。こうすると、女性の膣内があらわになり、女性は膣内を奥まで見られることに羞恥心を覚え、男性はそれに興奮すると言う描写です。

このように、クスコを使ったプレイといえば膣内を見せるプレイであり、アブノーマルなものになるとクスコで開いた膣にローションや精液を垂らし入れる等と言うものもあります。

拘束

拘束とは、縄や手錠などの器具を用いて女優の体を不自由にしておき、その上で性行為に及ぶものです。
手だけを拘束されると言うソフトなものから、全身を縛られるハードなものまで様々です。

SMで用いられる手法であり、多くは縛られた女性に対して電マバイブを用いて激しく責め、やがてセックスに至ると言うケースが多いです。
足が閉じられないように拘束していることも多く、そのような姿勢でしきりに責められる描写に興奮する男性は少なくありません。

拷問

拷問とはSMの究極の形態であり、凌辱AVといわれるものです。
かつてはAV女優の墓場とも言われていたような過酷な現場で、もう稼げる見込みがなくなった女優が最期の人稼ぎのためにこのような撮影に臨んでいました。

ムチで叩かれる、殴る蹴るの暴行が行われる、水攻めや吊り上げが行われるなど、本当の拷問さながらの撮影が行われていました。
おそらくは尋常な感覚の人ならば見るに堪えない内容のものであり、このような描写に性的興奮を覚える異常性癖者のためのジャンルだったのです。

しかし、怪我人を出し、訴訟が起き、逮捕者も多数出した事件もあったため、現在のAV業界では拷問の撮影がされることはありません。
もし行われる場合でも、それは危険がないことを十分に確認したうえで女優も了承し、あくまで疑似的な内容として身体的な危険が及ばない範囲で撮影が行われています。

ごっくん

ごっくんとは、口内で射精を行った際、それを飲み込むと言うものです。
AVの中には口の中には射精しないもの、口の中に射精をしてもそれを吐き出すもの、口の中に射精したものを飲み込むものがあります。
この中のどれに興奮を覚えるかは視聴者によって異なりますが、口内射精のみではなく其れを飲み込むということは、一般的にはあまり行われないことであるため、ややアブノーマルなプレイとして認識されています。

AV女優に喫煙者が多いのは、精液の独特な後味が喉の奥に残ってしまうことが原因のようです。

擬似精子もあるのですが、これがまたマズイ。
本物と偽物どちらがいいかというと、悩んでしまうくらいマズイそうです。

潮吹き

潮吹きとは、セックスの最中に女性が膣内からクジラの潮吹きのように膣分泌液が排出されることです。

これは尿とは異なる物質であり、排出される量は人それぞれです。かつては非常に貴重な現象をされており、なかなか見ることができないものでしたが、「潮吹きクイーン」と言われた紅音ほたるの出現以降、潮吹きを習得する女優が増えました。

自らの研究や努力で潮を吹くことができるようになるため、最近の女優には潮吹きができる女優が非常に多いです。
人気女優の多くは習得しているといって良いでしょう。

そのため、かつては潮吹きは珍しく人気のある行為だったのですが、最近では珍しくなく、色々なAVの中で随所に見られるものとなりました。

特殊な例では、マゾの男性に対して女性がしつこく責めることで、男性に潮吹きを行わせると言うものがあります。
女性がフェラチオや手コキによって男性を射精させ、射精後も刺激を与え続けることで潮を吹かせるのですが、こちらは未だに珍しい内容の撮影となっています。
これは女性が潮を吹くときに比べて男性が潮を吹くときには苦痛が伴うためであると思われます。

SM

SMとは、男女のどちらかがサディスト(S)、どちらかがマゾヒスト(M)に分かれて行為を行うと言うものです。
Sを演じる方はMを演じる方に対して、普通のセックスでは行われない責め方を行います。

ソフトSMでは手を軽く縛る、目隠しをすると言ったプレイも行われるほか、ハードSMでは鞭打ちや蝋燭プレイなどが行われることもあります。
暴力を伴う行為にも発展することがありますが、これは両者の「叩きたい」「叩かれたい」という意思をもっており、双方の合意の元に性的な快楽を追求しているところに、単なる暴力と異なるところがあります。

SMでは、女優と男優のどちらがSでどちらがMかということは撮影内容によって異なりますが、いずれの場合もあります。

スカトロ

スカトロとは、糞便を学術的に捉えたスカトロジーからきた言葉です。
本来は生物の排泄行為を研究する学術分野の事なのですが、これが次第に発展して人間心理の研究分野としての観点、また文化や芸術を研究する分野としての観点からも捉えられるようになりました。

これをより広く捉え、学術の域を出たところに性行為としてのスカトロがあります。
つまり、糞便を通して快楽を得ると言う特殊な性癖によって行われ得るものです。
特に、このような性癖は性的倒錯・異常性癖としてとらえられるものであり、糞尿愛好症とも言われます。

AVの撮影としてスカトロが行われる場合、考えられるものとしては人ごみの中で着衣のまま失禁や脱糞する、誰もいないトイレ以外の場所で着衣のまま失禁・脱糞する、人前で裸で失禁・脱糞する、相手に尿や糞を浴びせる・飲ませる・食べさせる、あるいは浴びる・飲む、食べるなどが考えられます。

数々のアブノーマルな撮影内容の中でも最もキワモノとされるものであり、NGなし女優の中でも、スカトロに出演すると大幅なイメージダウンにつながるとしてプロダクションがNGを出していることもあります。
そのため、有名女優がスカトロに出演することはほとんどなく、スカトロに出演するのは無名の女優か、スカトロを専門とする女優などに限られます。

スカトロまでOKな女優はたいてい何でもこなしますので、この域まで行くと仕事も多く舞い込みます。

輪姦

輪姦とは、女優一人に対して男優が複数おり、連続で何人も相手にしてセックスを行うものです。女優にとっては負担が大きなプレイになります。

本来の意味では二人以上の男性が女性を強姦したときに輪姦という表現が用いられる通り、AVの演出としても女優が複数からレイプされると言う設定で輪姦が行われることがあります。

このほか、レイプというテイストはほとんどなく、単に複数を相手にセックスを繰り返す物もあります。中には「連続中出し」等と言って、輪姦に加えて何度も中出しが行われるという撮影もあります。

レズ

レズビアンとは、女性同士で愛情を育む恋愛の形態のことをいいますが、AVにもこのジャンルが存在します。
男性の視聴者のなかには、女性同士の性行為に興奮を覚えるケースが少なくなく、これは映像に男優が映るのを見たくないと考える男性には特に人気があることです。

レズはアブノーマルではありますが、抵抗なく受け入れられることが多い内容です。
不細工な女性同士が性行為を行っているのであればそれはキワモノになるのでしょうが、AV女優は総じてルックスやスタイルがいいため、なかば芸術的な作品に仕上がることも少なくありません。

人気のAV女優の多くはレズの撮影を経験しており、非常に多くのレズ作品に出演しているAV女優もいます。

特に、「タチ」と呼ばれる、レズものの男役ができる女優は重宝されます。

3P

3Pは、男性2人に対して女性1人、あるいは男性1人に対して女性2人という構成で行われるプレイです。
男性が2人の場合には女性がMとして描かれることが多く、撮影はハードなものになりがちです。

例えば一人の男性に挿入されながらもう一人の男性にフェラチオをする、一人の男性は膣に挿入しもう一人の男性はアナルに挿入する等の撮影が行われるため、ハードになることが多いのです。

男性1人に対して女性2人の場合には、女性が2人で男性を責めるという描写の作品が多くなります。

この場合には女性の負担は少なくなります。行為としては一つの男性器を女優2人でフェラチオする、一人が挿入している間にもう一人は男優の乳首をなめるなどの行為になることが多いです。

4P

4Pは男性2人と女性2人、または男性1人と女性3人で行われます。
男性3人に女性1人というケースはそれほど多くなく、これはおそらく女性が一度に相手できる人数を考えた時に3人は多すぎるからだと思われます。

男性2人女性2人の撮影は乱交として描かれることもあります。
1組ずつの男女が同時にセックスをし、途中で相手を入れ替えることもあります。男性1人に対して女性3人の場合には、1人の男優を3人の女優が責めるという描写が行われることがほとんどです。

 

NG項目はいくつありましたか?

少ないほど、たくさんの仕事が舞い込みます。
よって、現役を長く続けられるので、長期にわたって稼げる可能性があります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

AV嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優評価

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • 過去の実在女優、お金しか信用できないAV女優Iの人生

  • AV女優をやったらプライベートのSEXはどう変わるのか?

  • AV女優にはこのような壮絶な人生を送る人もいた

  • 【なぜ人妻が】IがAV女優になってしまった理由とは?

関連する記事はこちら

  • AV女優は家族にカミングアウトしているのか?

  • AV女優のスキャンダルもよく聞くようになったがリスクも大きい

  • AV女優に必要な要素と、向いている女性とは?

  • なぜAV女優になるのか?応募の理由まとめ5選

  • AV女優の裏側をのぞける機会をゲットしたのでバッチリ見てきました!

  • AV女優やってるってこと、バレる前に知り合いに言うべきでしょうか…