1. TOP
  2. ぜんぜん難しくない、普通な子がAV女優なるまでの流れ
AVコンシェルジュ

ぜんぜん難しくない、普通な子がAV女優なるまでの流れ

AV女優希少
AVコンシェルジュ

理由が語られることが多くなった

現役のAV女優はもちろん、元AV女優と言われる女性の中には、元はごく普通の女の子だったという女性が少なくありません。
このことを考えると、なぜAV女優たちはAV女優になったのだろうかと気になるものです。

かつては人目を忍んでAV女優をしている女性ばかりだったのですが、最近ではAV業界がクリーンでオープンになりつつあるためAV女優たちが職業に卑しさを感じていることも少なくなりつつあります。
したがって、雑誌やテレビなどでAV女優になった理由を尋ねるインタビューを行うと、AV女優たちは快くインタビューに答えることも多くなりました。

昨今の女優は、AV女優になった理由を隠すことなく、平然と語るのが特徴です。

そして理由が語られる時、実は家庭を持っているとか、実は社会的地位があるとかの衝撃的な内容が語られることもありますし、ごく普通の女の子がお小遣い稼ぎのためになんとなく始めているケースが非常に多いことに気づかされます。

普通の女性がAV女優になるまで

普通の女性がAVに出演する時、理由はほとんどは個人的なものです。
昔であれば半ば騙すような方法でプロダクションに引きずり込むという手法も取られていましたが、最近では自ら応募してくる女性が非常に多いため、このような他動的な理由での出演はあまりありません。

理由というのもありふれたもので、例えば出演料が高額である、純粋に性的なことに興味がある、友達に誘われてなんとなく、テレビや映画に進出したAV女優にあこがれて有名になりたくて・・・などが主な理由です。

普通の女性たちが、このようなありふれた理由によってAV女優になろうと思った時、まずプロダクションにコンタクトを取ります。
スカウトに声をかける方法もありますが、知り合いにスカウトがいなければ厳しく、今はネット経由のほうが簡単です。

プロダクションは、女優がほんの数人の小さな事務所から、女優が100人以上いる大手事務所まで実に色々なプロダクションがあります。
プロダクションはそれぞれホームページを持っており、そのホームページのフォームからコンタクトを取ることができるので、多くの場合はここから接触することになるでしょう。

さて、AV女優とプロダクションは切っても切れない関係にあります。
活動を開始する前提として、面接などを行うのはプロダクションですし、メーカーや出版社へと売りこんでくれるのもプロダクションです。
引退まで絶えず関係し続けることとなります。

この他にも、プロダクションはAV女優をマネジメントするのが役割ですから、売りこみだけではなく監督面接撮影現場へ同行したり、ギャランティの受け渡しを行ったり、撮影現場でトラブルが起こった際のトラブル処理をしたり、AV女優の愚痴や不満を聞いたり、女優活動の責任を全て背負っている組織と言っても過言ではありません。

第一関門の面接

面接では、面接を受けに来た女性を登録するかどうかプロダクションが決めていきます。
プロダクション側としても、登録している女優が多いほうがプロダクションとしての価値が上がりますので、基本的には面接さえすれば登録となります。

ただ、
容姿などから「この子の仕事は無いだろうな…」と思われる女の子を面接してもしょうがないので、ある程度は書類選考をするのです。

プロダクションに登録さえすれば、晴れて「AV女優」になります。
デビュー作がいつになるかは別問題として、登録されすれば、「AV女優」としての肩書が得られるのです。

この時、面接さえ受け付けてもらえないこともよくあります。特に大手事務所ではよくあることです。
これは、昨今のAV業界では出演を希望する女性が非常に多いため、オールオッケーの姿勢ではプロダクションがパンクすることになるからです。

プロダクションは、多くの応募の中からダイヤの原石を探す姿勢で女性を選別していきます。まず不細工ではいけません。
なぜならば可愛いAV女優が非常に多いなかで、不細工な女性が出演して作品を作ったところで、不細工が好きと言う特殊性癖を持った男性にしか受けないからです。

したがって、ルックスやスタイルが悪い女性はまず書類選考で落とされることになります。そして、ふるいにかけた結果、ルックスやスタイルに優れた女性が採用となります。

面接に無事合格してプロダクションに所属が決定すると、詳しいプロフィールを登録し、女優名を作ることになります。
そして、プロダクションの担当者がメーカーや出版社に売り込むときに使う宣伝材料として写真撮影が行われます。

基本的に、その女優の仕事はプロダクションが自動的に決めていきます。
もちろんNG行為として事前に伝えている内容を伴う撮影を勝手に決められるようなことはありませんが、女優の明確な意思が働かない部分ではプロダクションが仕事を決めていきます。
したがって、女優は引退の日までスケジュールを自分で立てることはあまりありません。

いかに売りこむかがポイント

しかし、面接をしてプロダクションに所属すれば、仕事がどんどん舞い込んでくると言うものではありません。
プロダクションは積極的に売り込んで仕事が入れば自動的にスケジュールを組んでいきますが、女優自身も作品に出演したときに売り込みを行う必要があります。

売り込むというのは、AVを制作するメーカーに営業をして、

  • どんな性の経歴があるか
  • どんな事ができるのか(NGプレイが少ないほうが有利)
  • 他の女優に比べて際立った特徴はあるか

などをアピールします。
AV女優の数が飽和状態にある昨今では、いかに自分を売り込むかと言うことがAVで成功するためのポイントとなります。特に大切なのがメーカー面接です。

AV女優になると、プロダクションに所属するための面接以外にも面接がたくさんあります。
例えば作品を手掛けるメーカーとの面接、出演が決まった時の監督との面接など、デビューの前も後も面接を何度も行うことになります。
高額の報酬や人気が保証されている女優でさえ、面接は必須なのです。

ちなみに、メーカーは毎日何人もの女性と面接をしています。
どの女性もルックスやスタイルに優れた女性であるため、その中で他をしのいで出演を勝ちとるためには、単に漫然と面接を受けているだけでは当然だめです。

面接する人々の印象にいかに残るかということが重要であり、そのためには自分の性的趣向や印象に残りそうなエピソードなどを話さなければなりません。
例えば

  • 初体験が特殊だった
  • こんなアブノーマルプレイをしたことがある
  • こんな場所でセックスをしたことがある
  • 実は真性のドMである

など、ネタとも言うべき興味深い内容の話と、それを以下に面白く話すかという語りの能力が求められるのです。
これが単体契約や出演依頼に繋がっていくのです。

AV女優がインタビューを受ける姿を見ると元気はつらつとしてけなげさを感じるものが多いですが、これは彼女たちがこのような経験から語りの能力に優れているからであると言えます。
大勢いるAV女優のなかで、語りがうまい女性の方が、出演依頼もありインタビュー依頼もあり、絶対に得をするのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優希少

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話

  • 【実態調査】AV女優はSとMどちらが多いの?

  • AV女優達が、声を大にして訴えたいこと

  • AV女優って努力が必要なの?ただSEXしてればいいんでしょ?

関連する記事はこちら

  • 大変だけど、頑張ったら頑張っただけ返ってくるのがAV女優という職業

  • 元AV女優M.Nが語るリアル話4「撮影開始~解散まで」

  • AV女優になるきっかけはこんなにポジティブ!14人の例

  • 元AV女優M.Nが語るリアル話6「プロモーション活動の実態」

  • 熟女が大ブーム!40代で活躍する美魔女も珍しくない

  • なぜ、AV女優には地方出身が多のか?今と昔では理由が違います