1. TOP
  2. なぜあの子は、単体デビューできたのか?
AVコンシェルジュ

なぜあの子は、単体デビューできたのか?

AV女優新人デビュー

新人AV女優は毎年数千人

現在は自ら望んでAV業界に入って来る女性が後をたたない時代であり、諸説ありますが、数千人のAV女優が活動しています。
その数は6000~8000人ともいわれ、そのうちの8割が毎年入れ替わっています。この説から考えると、毎年5000人くらいの新人AV女優が誕生していることになります。

新人AV女優というと、メーカーと専属契約を交わしてデビューする新人単体女優ばかりにスポットがあてられるため、毎年数十人程度の新人AV女優が誕生しているというイメージを抱く人もいますが、アルバイト感覚でAVに出演するAV女優も含めれば何千人と言う新人AV女優が誕生しているのです。

単体女優としてデビューする新人AV女優は、メーカーから期待を掛けられるほか視聴者もどんな女の子がデビューするのだろうかと言うことに注目しているため、“新人”ということに一定の価値があります。
しかし、企画女優としてAVデビューをする場合には、初めて撮影をこなす新人企画女優出会ったとしても、注目されることがないため“新人”ということに価値がありません。

むしろ、業界を知らない素人がAVに初めて出演するという程度の認識です。
宣伝がされないため新人と言うことに価値はなく、撮影の中でも新人であることを強調するようなことは一切ありません。

むしろ、知名度のない企画女優は素人役で出演することも多く、もはや新人AV女優であるかどうかという次元で論ずる対象とはならないのです。

したがって、新人AV女優の姿を知るためには、単体AV女優としてデビューした新人AV女優に就いて知る必要があります。ここでは、2014年5月1日にソフトオンデマンドからデビューした、瀬奈まおさんを取り上げます。

 

美少女系として単体デビューした新人

瀬奈さんはソフトオンデマンド期待の新人であり、デビュー前から派手に宣伝が行われていました。

一般的な単体女優によくあるようにダイナマイトボディということはないのですが、19歳でありながら童顔で笑顔が魅力的であり、人懐っこい印象を与えることから妹系美少女として売り出しています。
透明感のある肌をもっていることも、単体女優として採用されたきっかけと言えます。

また、趣味はお菓子作りでありゆるキャラが好きであることから、本人の性格としても妹系として売り出すには十分なものであり、これから活躍が期待されます。

妹系美少女として売り出せばアイドル性も強くなるものです。
瀬奈さんはゆるキャラ好きが高じて自らゆるキャラを考案するほどであり、とにかく妹系としてはパーフェクトな要素を持っている女性です。

ファンも妹系としての瀬奈さんをアイドルのように捉えることは明らかであり、アイドルさながらの企画とともにイベントを盛んに行っています。

AVに出演している時点で清純派ということはできないのでしょうが、AV女優の中においては飛びぬけて清純な雰囲気を持っています。
プライベートではセックスの経験も少なく、ウブです。

そんな彼女がなぜAV女優になろうと思ったのかと言うと、単純に面白そうだったからという好奇心からです。
性的に遅咲きだった彼女は最近になって性に関する好奇心も旺盛になりつつあり、それを踏まえて色々な経験をしてみたいと思と思っていました。
そのタイミングでスカウトマンに声を掛けられたのですから、断る理由はあまりなかったと言えます。

自らAVに志願する女性が多くなった今でも、単体女優のみは求められるクオリティが高いため、プロダクションは応募に頼ることができず、今でもスカウトがメインです。
したがって、スカウトマンに声を掛けられた瀬奈さんは、スカウトマンの注意をひきつける魅力を持っていたと言えます。

 

パーフェクトな妹系女優

新人としてデビューするに当たり、性的な経験に乏しかった瀬奈さんは非常に緊張したといいます。
なにしろ、撮影でのプレイはいままでに経験したことがないことばかりでした。

しかし、今も昔も単体女優はAV女優の中でトップに君臨する女性であり、プロダクションでも現場でも扱いはまるでお姫様のようなものです。
特に新人女優となると、未体験の事が多く緊張する女優も多いため、スタッフも男優も非常に気を遣います。

瀬奈さんの場合には性的な体験に乏しかったことをスタッフたちが考慮し、できるだけリラックスして撮影できるように様々な配慮がなされました。
そのため、不慣れでありながら安心して身を任せ、撮影を進めることができたといいます。

AVの撮影では3Pや顔射といったことが当然のように行われます。
新人AV女優のなかにはそれらの行為が未体験という女優も多いため、これに驚く女優は多いものです。
瀬奈さんも例外ではなく、3Pの忙しさやオモチャを使った行為の気持ちよさには驚いたそうです。電マを使ったプレイでは何度もいかされ、非常に疲れたと語っています。

ちなみに、それまでの瀬奈さんのセックスの回数はわずかに1、2回しかありませんでした。
初体験は高校2年生であるため遅くはありませんが、行為の回数が非常に少なく、撮影で知ったことが多いということからは明らかに性に関しては遅咲きであったと言えるでしょう。

その可愛さからすると経験人数と経験回数が少ないのは意外にも思われますが、これには近所の年上の男性に行為を抱いており、その男性から見られるのが嫌だったという理由から他の男性を身辺に寄せ付けなかったためです。
このような逸話は彼女の内面をよく表すものであり、彼女の清純で妹のようなイメージを裏付けるプラス要素とも言えます。

初体験の相手も、その近所の年上の男性でした。
年上と言っても年齢差は小さく、小さなころから一緒に遊んだ「お兄ちゃん」的な存在でした。その「お兄ちゃん」大学生になって一人暮らしを始めたころ、ごはんを作りに来てほしいと誘われ、2人きりの時間を過ごした時に初体験を済ませました。

小さなころから一緒に遊んでいた近所のお兄ちゃんを相手に初体験したのであり、さらにシチュエーションもなんともアニメのような話で、このような姿は妹系美少女でありアイドル性の強い女優を好む男性ファンのニーズにハマるに十分なものです。
妹系としてはパーフェクトな女優であると書きましたが、パーフェクトな理由はここにもあります。まさに妹系としては一点の曇りもなく、作られた存在ではないかと疑ってしまうほどのものです。

その後、「お兄ちゃん」とは、セックスをしたことでお互いを意識しすぎたことやそれまでの関係性が一気にくずれたことから気まずさを感じたために、付き合うには至りませんでした。
そこからAVデビューまでは一人の男性と付き合ったのみであり、「お兄ちゃん」を意識していたためその男性とは長続きしていません。

 

売れる新人AV女優には内面も求められる

このような経験から、瀬奈さんは今でも年上が好きです。
一回りくらい上でも全く問題ないというほどであり、逆に年下は今まで接したことがないため接し方が分からず苦手であるといいます。
年上からもたらされる安心感や落ち着いた気持ちが心地いいようです。

このこともAV女優としてプラスです。
なぜならば、ファンの多くは妹系の瀬奈さんを求めていることから多くは年上であり、さらに瀬奈さんは年上が好きな女性ですから、女優とファンが互いに求めることが一致しているのです。
もし瀬奈さんが妹系として売りつつも年下が好きであるというのであれば、話は全く違ってくるでしょう。

また、先にも少し述べた通りゆるキャラが好きで、お菓子づくりが趣味であると言うこともからのんびりとした性格であることが分かります。
妹系を好む男性には種類あり、ツンツン・テキパキとしているツンデレ系の妹が好きな男性もいれば、瀬奈さんのようなゆるゆるとした妹が好きな男性もいます。
そして、割合としては後者の方が多いため、これも瀬奈さんの強みと言えます。

この他、妹系には明るさが求められるものです。
デビュー前の瀬奈さんは自分に自信がなかったのですが、単体女優としてちやほやされ、お尻が大きいことはむちむちしていていいと褒められ、胸も大きくはないものの形が良いと褒められるうちにコンプレックスが自身へと変わっています。
これが瀬奈さんに明るさを与え、妹系としてのキャラクターをさらによいものにしていくことでしょう。

このように、新人としてデビューしたはいいものの、その後新人AV女優から人気AV女優にステップアップできるか、あるいは売れずに企画女優に落ちるかということには、その女優の内面も色濃く反映されます。
これは無視できない要素で、美少女系として売り出しておきながら実は性格が非常に悪かったり、暗かったり、淫乱であったりすればファンは逃げてしまいます。
淫乱であれば、たとえ外見が美少女系であっても、痴女路線を考えていかなければならなくなるのです。

新人AV女優には総合力が求められる

新人女優としてデビューする女性には様々な女性がいますが、どの女優も総じて優れたものを持っており、いつでも注目を浴びるものです。

どのような路線で売りだすかと言うことは非常に重要であり、ここで間違えてしまえば華々しく新人Av女優としてデビューを飾っても、人気が出ずに終わってしまいます。
そのため、ルックスやスタイルが優れているのは当然のことであり、このほかにメーカーが打ち出すコンセプトにいかに沿うことができるかと言う意味において内面的な要素も求められることとなるのです。

AV女優になろうと思った時、企画女優としてデビューするならば、たしかに業界初挑戦という意味では新人AV女優になりますが、新人と言うことに誰も注目せず、何らかのコンセプトをもって売り文句とともに売りだされるわけでもないため、新人であると言うことに何ら気を遣う点はありません。

しかし、もし幸いにもスカウトマンからスカウトを受けて単体女優としてデビューする機会が得られたならば、内面的要素もふくめた総合力で勝負していくことになるのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優新人デビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話

  • 【実態調査】AV女優はSとMどちらが多いの?

  • AV女優達が、声を大にして訴えたいこと

  • AV女優って努力が必要なの?ただSEXしてればいいんでしょ?

関連する記事はこちら

  • AV女優になる動機はやっぱお金?イマドキ女子の意外な事情

  • プロダクションに応募する前に確認するべき大切なポイント

  • 元AV女優が語るAVの撮影現場とは?

  • 元AV女優M.Nが語るリアル話6「プロモーション活動の実態」

  • AV女優は交際禁止ですか?AKBみたいに制限あるんですかね?

  • よくある質問「AV女優は演技力がないとなれませんか?」