1. TOP
  2. あなたは単体向け?実例を学んでベストな働き方を見つけよう
AVコンシェルジュ

あなたは単体向け?実例を学んでベストな働き方を見つけよう

単体女優の例

 単体女優とは?

AV女優の種類は3種類、企画女優企画単体女優単体女優です。

この中で最も優れたものを求められるのが単体女優です。
単体女優とそれ以外の女優との大きな違いは、メーカーとの専属契約があるかどうかという点にあります。

企画女優企画単体女優メーカーとの専属契約を結ばない存在であり、メーカーが作品を制作する時、出演のオファーを受けることで稼いでいくことになります。
企画単体女優は単価もそれなり高く、単一のメーカーとの契約に縛られることがないため、人気がでれば単体女優以上に稼ぐ女優もいます。

しかし、専属契約を結んでいないだけに、出演のオファーがなくなれば稼げなくなりますし、そもそもオファーが来ると言う保証はどこにもないため、非常に不安定な存在と言うことができます。

これに対し、単体女優はメーカーとの専属契約を結ぶことができる存在であるため、一定の大きなギャラが保証されます。
契約の際には本数契約であり、1本あたりの出演料が保証されているため、仮に1本あたり100万円の出演料で10本の契約を結んだならば、その時点で1000万円のギャラが保証されることになります。

また、単体女優は契約したメーカーが大々的に宣伝して派手に売りだすため、知名度が得やすく、作品も一定以上の販売が見込めることからファンも付きやすいと言えます。
そのため、単体女優として契約本数が終了し、契約を更新できずに企画女優に落ちたとしても、その後も企画単体女優として活躍の場が残されることになります。

安定性を求めにくく、いつ収入がなくなるかわからないAV女優と言う仕事において、有利な立場であることに間違いはありません。

また、知名度を得やすいと言うことは、AV女優を足がかりにして芸能界に進出する機会もあると言えます。
最近はAV女優の社会進出が著しく、歌手活動、バラエティ番組への出演、テレビドラマや映画への出演などに駒を進めるAV女優も多いですが、これらのほとんどはAVで知名度を獲得した単体女優たちです。

したがって、AV女優からタレントへとステップアップしていくことを考えると、単体女優という地位は非常に有利なものとなります。

その代わり、単体女優は非常に狭き門です。
現在数千人のAv女優が現役として活動していますが、その中で単体Av女優はほんの数%なのです。

単体女優になるためには、プロダクションがメーカーに強く推薦してくれるだけのルックス、スタイル、性的センス、そのほかに爆乳、美脚、ロリ顔などの売り文句となるものを兼ね備えておかねばなりません。

 

単体女優として活動したC

ここでは、単体女優の仕事ぶりやその他を知るために、実際に単体として活躍した元AV女優を紹介します。
彼女の名前は仮にCとしておきます。

CはJカップの爆乳をもち、中高生とも観られる童顔を売りにした元単体女優です。
21歳の現在も女子高生を語ってもなんら不思議はないような容姿をしています。
AVにデビューしたのは19歳の頃で、Cは大学生でした。
AV女優としての活動期間は2年間であり、2年間で計24本の作品に出演しています。

デビューするころ、Cは大学に通っていたものの、勉強を面白いと感じることができず、大学では友達もできなかったため学生生活そのものを楽しめていませんでした。
夢もないためただ無為な日々を過ごしていたのですが、高い学費を親から支払ってもらっているにもかかわらず、何もなすことなく日々を送ることに後ろめたさを感じていました。
そんなある日、占いに行こうと新宿を歩いているとき、スカウトマンから声を掛けられました。
スカウトマンははじめ、ヘアモデルになってくれる女性を探していると言っていたため、あまり警戒することなく承諾しました。
そして喫茶店で話を聞いていくうちに、実はAVのスカウトであったことを知りました。

普通の女性ならばこの時点で拒否する人も多いでしょうが、Cは悪い話ではないと思いました。
元々AVに対して偏見を抱いておらず、むしろRioや吉沢明歩といったトップ女優の活躍を目にして、憧れさえ抱いていました。
自らも色々な作品を日常的に鑑賞しており、AV業界は美しい女性が多数働いている業界であるという認識もあり、それがAV女優として働くのも悪くないと思わせたのです。

また、当時のCが日々を無為に過ごしていたこともデビューのきっかけとなりました。
やりたいことはなく、バイトもしておらず、親にお金ばかりだしてもらっていることに後ろめたさを感じており、さらにAVの話が舞い込んできて元から憧れも抱いていたため、断る理由がなかったとも言えます。

CはAV女優になることを決意し、お金を稼いで親に学費を返そうと思いました。
実際に学費を返済したかどうかは定かではありませんが、1本当たり80万円の契約で単体女優になり、計24本に出演しているのですから単純計算で約2000万円の収入があったことになります。
このように、単体女優の大きな魅力は、企画女優や企画単体女優ならば容易に稼げない桁違いの出演料を稼ぐことができることにあります。

プロダクションに所属すると、プロダクションはCが売れるに違いないと確信しました。
童顔にJカップの爆乳であることがポイントだったのでしょう。
ルックスとスタイルがよく、Jカップの爆乳であり、さらには後述の通り彼女はデビューするまでセックスの体験がなかったと言う稀有の存在であったため、プロダクションは単体として売れないはずがないと思ったことでしょう。

プロダクションの営業担当者はすぐにメーカーへ売り込みを掛け、メーカー面接が行われました。
よくわからないまま面接を受け、面接用紙には感じるところはどこか、NG行為はあるかなどを記入し、さらに裸の写真撮影を受けたりした後、話はすぐに専属契約へと進みました。

 

AVで処女を喪失

驚くべきは、Cはそれまで彼氏ができたことがなく、セックスも未経験だったと言うことです。
つまりAV出演が初めての性体験であり、AVによって処女を喪失しているのです。

男性器を見るのも初めてというほどにウブでした。
AVに出演する女優にはセックスが好きな女性が多く、出演以前からヤリマンだった性に奔放な女性も多数いますが、一方でこのようなウブな女性でも単体女優になれる可能性があるということは意外であり、またこの業界の魅力とも言えます。

初出演の作品は、処女の女性が初めての体験をするというものでした。
AVの中にはこのようなコンセプトの作品は数多く存在しますが、中には本物の処女を起用している作品もあると言うことです。

その撮影はドキュメンタリー仕立てのもので、AV男優のオナニーを観賞し、続いて触られたり舐められたりという行為に移り、最後には処女を喪失すると言うものでした。初体験であったため緊張していたこともあり、何が何だかわからずないうちに撮影が終わったと語っています。

初めての経験は愛する人と経験したいといのが多くの女性の抱く思いですが、性に対して寛大な風潮が少しずつ広がっていくなかで、処女が価値あるものと見なさない人も増えてきているのでしょう。
Cも処女に価値があるとは思っておらず、そのためにそのような内容での処女喪失にも抵抗はなかったといいます。

むしろ、これまで自分に自信を持てず、何もやりたいことがなく、本当にダメな女だと自覚していたため、処女を喪失すれば大人になって何かが変わるのではないかという淡い期待を抱いていました。

しかし、結局は自分の内面のどこも変わるわけはなく、生活の軸がAVに変わったのみでした。
AVの仕事を最優先するようになったため学校は中退してしまい、仕事に専念しました。AVにやりがいを感じ、もっと男性を満足させられる技術を身に付けたいと思うようになりました。

 

華のある単体女優

Cが単体女優として活動するなかで楽しかったことは、ヘアメイクやスタイリストを付けてもらい、お姫様のように扱われたことであるといいます。

姫やお嬢と呼ばれ、いつも送迎付きで、スタッフも社長も彼女の美貌を褒めてちやほやしてくれました。
食べたい物や飲みたいものを頼めばすぐに買ってきてくれますし、本当にお姫様のように扱われたのです。

それまで運動も勉強もできず、人間関係もどちらかというと苦手で友達も少なく、彼氏もできたことのなかった彼女にとっては、AV女優になったことで初めて周囲から認められることを喜びとしたのです。

このような女優はCばかりではなく、AV女優になってから初めて成功体験を味わい、その甘美を忘れられずに承認欲求からAV活動にのめり込む女優と言うのは意外と多いのです。

Cは撮影以外の仕事としてはメーカー主催のイベントによく出演しました。
承認欲求を満たすという点では、これも彼女の喜びになったことでしょう。

今まで彼氏ができず男性と縁がなかったのが一転して、自分の作品を見て応援してくれるファンが大勢イベントに足を運んでくれるのです。
イベントとしては撮影会や握手会、サイン会などがメインでしたが、ここでもファンたちは彼女を憧れの的として扱ってくれたのです。

また、頑張りはすぐにギャラと言う明確な形で現れたことも、彼女が頑張る原動力となりました。

 

親バレという単体女優の宿命

逆に、単体女優として働く上で誰もが経験する辛いことは、AV女優をしていることが親や兄弟に知られてしまうことです。
これは、メーカーが派手に宣伝を行うため、仕方のないことなのです。

ほとんどの単体女優は、周囲の人々が自分の職業を知っているという状況で仕事をしています。また、この手の噂は広まるのが早いため、友達や近所の人たちにも知られることとなりました。
親に仕事がばれた時、親が世間体を気にして強制的にAV女優を辞めさせると言うケースもあります。

しかしCの場合は、親はCを責めるのではなく、自分の教育が悪かったのか、なにか辛い思いをさせてしまったかなどと自分を責めていました。これを知った時、Cは初めて申し訳ない気持ちを抱いたといいます。

また、知人、友人などに知られたことも苦い思い出です。
最初は友達に作品を見たと言われることは嬉しいと感じていましたが、すぐに周囲の男性の間ではすぐにやらせてくれるという噂が立ったり、AVでやっているように自分も抜いてくれるという男友達が現れたりと、ヤリマンと思われることが辛かったようです。
女友達からは最初は応援する雰囲気があったのですが、次第にこちらの扱いも酷いものへと変わっていき、すぐにセックスができるとして男性に紹介されたこともあるといいます。

このように、単体女優として活躍する華やかさの裏には、親や兄弟を悲しませることや、昔からの友人との関係が崩れると言う悲しい現実が横たわっているのです。

単体女優として活躍しても、このことに深く傷つく女優は少なくありません。
現在一般のメディアで活躍しているAv女優たちも、当然同じような思いを味わい、その悲しみを越えたところで頑張っているのです。

また、AVを引退した後も、単体女優として活躍した過去はなかなか消えるものではありません。
これは企画女優との大きな違いでしょう。

企画女優たちは知名度を獲得することはほとんどなく、ギャラが少ない代わりに誰にも知られずひっそりと活動することができ、引退後もその経験を隠して生きていくことができます。

それに対して単体女優はだれもがその存在を知り、引退後もその過去を抱えて時には偏見とも闘っていかなければならないのです。

 

過酷な労働と引退

引退した理由は、「そういう苦悩が積み重なったことだったのかしら…」と語るC。

きつかったことと言えば、まず拘束時間が長いことです。
単体女優は作品の主演を努めなければならないだけではなく、メーカーの顔として宣伝を派手に行っているだけに、撮影にも力が入ります。
1本撮影するにも朝から撮影を開始し、撮影が終わるのは深夜ということも珍しくありません。

このような過酷な労働のなかで、稼げることとやりがいがあることであるため頑張ることができました。
しかし、この労働環境によってCは引退することとなります。

確かに単体女優は毎月1本の撮影ではありますが、この1本を撮影するときには文字通り身を削っての撮影となります。
丸1日を要する撮影では、何度も胸や局部を激しく責められて痛い思いをし、1本の撮影の中で複数回のセックスをこなさなければなりません。
また、オナニーやフェラなどを様々な衣装で撮影しなければならないこともあります。

そして、絡みを1回こなすごとにシャワーを浴びなければならないため、肌は乾燥して免疫力が落ちていき、ついには胸をもまれるだけでアザができるようになりました。
ここに至って、もうこれ以上は続けられないと限界を感じ、契約が切れた時点で引退をすることに決めました。

売上がよかったためメーカーは契約の更新を希望し、プロダクションも引退を引きとめたのですが、体は限界であるし、親を悲しませたことや知人から蔑まれることにも嫌気がさしていたため、引退しました。

引退後、彼女は稼ぎは少なくとも真面目に働いて稼いでいこうと、前向きに道を模索しています。
これは非常によい傾向です。

多くのAV女優は、性を売ること楽にお金が稼げることを覚えた時、真面目にコツコツと働くことを馬鹿らしいと感じ、一般社会に戻ることなく風俗に流れると言うケースが非常に多いからです。
いつまでもそのような考えをぬぐえない女性は、いつか自分の体が売れなくなった時に地獄を味わうことになるのです。

 

単体AV女優と言う生き方

以上のように、単体女優はAV界のトップに君臨する華やかな存在です。

しかし、その華やかさの裏には、周囲に自分の職業を知られることで生じるさまざまな障害があります。
その障害を乗り越えた先にはタレント活動などへと活動の幅が広がっていくこともあるのですが、それは人一倍の強さがなければ到底不可能なことなのです。

社会の偏見と闘いながらAV女優として働く気概がある女性にとっては華やかさやそこから得られる知名度が大きな武器となりますが、それにともなって様々な苦痛にも耐えていかなければならない、辛い生き方であると言えます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

単体女優の例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話

  • 【実態調査】AV女優はSとMどちらが多いの?

  • AV女優達が、声を大にして訴えたいこと

  • AV女優って努力が必要なの?ただSEXしてればいいんでしょ?

関連する記事はこちら

  • どうして再デビューするAV女優がいるの?

  • ぜんぜん難しくない、普通な子がAV女優なるまでの流れ

  • 驚愕!AV女優になるのは東大に入るよりも難しい?

  • 売れるAV女優の作り方講座(3)キャラクターと方向性

  • 経験人数1人、田舎から出てきた“普通の”女性がAV女優になるまで

  • AV女優のクオリティとレンタルビデオの関係性