1. TOP
  2. あなたはキカタン向け?実例を学んでベストな働き方を見つけよう
AVコンシェルジュ

あなたはキカタン向け?実例を学んでベストな働き方を見つけよう

AV女優スタイル

企画単体女優とは一体何なのでしょうか?

AV女優には企画女優単体女優企画単体女優3種類があります。


 

企画女優とは、
名前も顔も知られずに企画ものAVに出演するAV女優のことであり、AV女優の8割はこの階層に所属します。
名前も顔も知られず、宣伝もされず、ひっそりと出演する存在であり、また数千人と言う企画女優がしのぎを削っているため、企画女優から有名女優へとステップアップしていく女優はまれです。


 

単体女優とは、
ルックスとスタイルを見込まれて、スカウトなどによってAV女優になる女性のことです。
プロダクションが売れると判断した女優をメーカーにプッシュし、メーカーも売れると確信した場合には、メーカーと専属契約をすることになります。
このように、メーカーと専属しているAV女優のことを単体女優と言い、人並み外れた美貌と性的センスを持ち合わせているため、AV女優のトップに君臨している存在です。
全てのAV女優のなかでごく一部がなれるものであり、バラエティ番組やドラマなどに出演するAV女優はほとんどが単体女優です。


 

さて、企画単体女優「略して:企単(キカタン)という」とはどのような存在なのでしょうか。

企画女優のように自由に活動でき、しかも、単体女優のようにメーカー契約に縛られないで稼ぎまくるAV女優

ということです。
AVメーカーに関係なく、様々な企画作品に出られますので、女優として人気が出れば大きく稼げます。

単体女優は人気が出てもメーカーとの契約がありますから、様々な作品に出れません。契約メーカーの作品を月に数本撮影するのが相場です。

しかし、企画単体はオファーがあればどんなメーカーの作品にも出れるのです。

人気が出れば毎日のように撮影があり、超多忙な日々を送っている企画単体女優もたくさんいます。

「稼ぎたいけどメーカーに縛られたくない」

という女優の新しい働き方として、企画単体は生まれたのです。

メーカーと専属契約をしていないというだけで、知名度や人気は時に単体女優を越えるものを持っており、また単体女優のように単一のメーカーの作品に縛られることがないため、出演本数を重ねることで単体女優以上に稼ぐ女優もいます。

人数的には単体女優よりは多いもののAV女優全体に占める割合としてはごく少数であり、多くの企画女優の中のてっぺんの女優に当たります。

ここでは、企画単体女優とはどのようなものであり、どのような働き方をしているのかなどを知るために、ある現役企画単体女優の体験談等を元に、企画単体女優の素顔に迫ってみようと思います。

 

彼氏から逃げるためにAV女優になったBさん

ここで挙げる現役企画単体女優の名前を仮にBとしましょう。
Bは休学中ではあるものの、大学に在籍している現役女子大生でもあります。
AV女優になる前は、昼は学校に通ってごく普通の女子大生として大学生活を送り、夜はお金を稼ぐためにキャバクラ嬢をしていました。
そんな彼女がAV女優になろうと決めた背景には、ある事情がありました。

それは、当時Bが交際していた男性が彼女のお金を使い込むろくでもない男であり、またDV男でもありました。
彼女がキャバクラで働いていたのも半ばその男性のためにお金を稼いでいるようなものでした。

DV男というのは交際している女性にとっては非常に厄介な存在で、嫌気がさしたからといって別れようと思っても、暴力を振るわれたり、軟禁されたりすることもあるため、なかなか別れられるものではありません。
Bもそのような状態で交際を続けていたのですが、やがて大学にも行かずにキャバクラで働くこともあったため嫌気がさし、彼氏から逃げることを決意しました。

しかし、逃げるために引っ越しをしたいと思ったとき、まとまったお金が一気に必要となりました。

なんとか一気にお金を稼ぐ方法はないものかと調べてみると、AVという道があることに気が付きました。
Bは軽い気持ちで、引っ越し代さえ稼げればいいからと、一度の出演だけで辞めようと思ってAV女優になりました。

このように、理由は何であれお金を目当てに軽い気持ちでAV女優になる女性は今や珍しいものではなくなっています。

最初に所属したプロダクションは、自分からコンタクトをとって所属したのですが、ここは色々と問題がありました。
裏ビデオ(モザイクが入っていない無修正のビデオ)が本人の了承なしに勝手に出回っていたり、給料が明らかに低かったのです。

通常、ギャラは企画扱いか単体扱いかと言うことによって大幅に変動します。
企画扱いというのは、企画ものAVに多数の企画女優と一緒に出演することであり、ギャラも安くなります。
単体扱いとはある作品に一人で出演し、その作品の主役を担うものであり、ギャラは高めに設定されています。

Bが初めに所属したプロダクションでは、単体扱いで出演している場合にも企画扱いと同程度のギャラしか支払われなかったために、不信感を抱いたのです。
今はAVを通じて知り合った友達の紹介でプロダクションを移籍していますが、このプロダクションでは当然裏ビデオが出回ることはありませんし、給料も正当な額が支払われ、整形費用も3割負担してくれるなどの高待遇を得ることができています。
ギャラも最低30万円は支払われていると言うことですから、良いプロダクションに巡り合ったと言えます。

 

最初は企画女優から出発

多くのAV女優と同様に、Bも最初は企画女優からの出発でした。
プロダクションに所属すると、プロダクションの営業担当者は宣材(宣伝材料のことで、AV女優のプロフィールが詳細に記されたもの)をもってメーカーを回って仕事を獲得するように働きかけます。

時には他のAV女優と一緒にメーカーに出向いて面接周りをすることもあります。
これはメーカーに対する面接でメーカー面接とも言われますが、AV女優はメーカーの担当者の前で裸になって写真を撮られ、面接用紙に必要事項を記入します。
面接用紙ではNG行為や得意な行為などを記入して、出演させてもらえるようにアピールをするのです。

約1年半前に企画女優としてデビューしたBは、これまでに20本ほどのAVに出演しています。
初めての撮影の時には緊張する女優も多いものですが、Bの場合には彼氏から逃げられると言う安堵の気持ちが大きかったため緊張はほとんどなかったそうです。

AV女優は、単体女優になると専属契約をしたメーカーが大々的に宣伝を行うため、親や兄弟にもばれてしまうことがほとんどであり、親の許可の元にAV女優をしている女優も多いものですが、企画女優や企画単体女優は露出の範囲を本人の意思で制限することができます。

これを業界用語で「パブリシティ規制(通称パブ)」といいます。

Bの場合、友達にはAV女優をやっていることをカミングアウトしていますが、親や兄弟には内緒で活動しているため、露出の範囲は狭く絞っています。

誰もが手にする可能性がある雑誌やスポーツ新聞等の広告にはAVの宣伝がされないようにしているのです。

露出の範囲が狭くなると、当然ながら知名度が上がる幅も制限されてしまいますが、企画単体女優として売っていく実力があれば、メーカーも積極的に出演をオファーしてきます。
メーカーとしても、契約料が高い単体女優には盛んにオファーをすることはできないため、作品のクオリティを保ちつつ出演料を削減していくために企画単体女優を起用して制作を行うことが非常に多いのです。

Bに対しても出演のオファーはたくさん来るようで、小さな仕事もあれば大きな仕事もあり、オファーが来る作品のジャンルも実に様々です。
生理的に受け付けないという理由からスカトロとデブなAV男優との絡みにはNGを出していますが、それ以外のオファーに対しては柔軟に対応しています。

3Pやアナルセックスなどのややアブノーマルな作品にも出演します。
NG行為が少ない女優は出演の幅が広がるため、企画単体女優の中にはNGなし女優として多数の作品に出演して大きな成功を収める女優も少なくありません。

Bの場合にも露出制限をしていることから大きな成功を収めるには至っていませんが、NG行為の少なさから多くの出演を獲得しているのです。
よい作品を作るためにはAV女優のキャラクターは無視できない要素ですが、BはMな女性というキャラクターがあるため、M女もののAVのオファーが多いようです。
ソフトSMな作品から、拘束されて連続でイカされるようなハードなものまでこなしています。

ちなみに、企画女優のギャラは10~25万円、企画単体女優のギャラは30~80万円とされており、プレイの濃さでギャラが決まります。
拘束時間は重要な要素ではなく、企画女優としてのギャラでは1~2時間の拘束で10万円稼げることもあれば、10時間の撮影で10万円と言うこともあります。

特に、AVの撮影現場では何が起こるかわからないものです。例えば機材にトラブルがあったり、共演しているAV女優の具合が悪くなって休憩時間を撮ったりすれば拘束時間は長くなるため、撮影現場での拘束時間は巻いたり押したりすることは当たり前なのです。

企画単体女優として働くことによる変化

Bは、キャバクラ嬢として働いていた頃と、企画単体女優として働いている今とでは大きく性格が変わったといいます。
まず、昔は喜怒哀楽が激しかったのですが、今は感情の起伏が乏しくなりました。
これは、NG行為が少なく要求された行為を柔軟にこなしたことが原因と思われます。
やりたくないこともやれと言われればやるということを繰り返していくうちに、悲しみや怒りという感情を乏しくすると言う防衛手段を無意識のうちに取っているのかもしれません。

また、プライベートではセックスに興味がなくなったことや、恋愛感情を抱くことが少なくなったこと、何事に対してもあまり楽しめなくなったことも変化であるといいます。
これも企画単体女優としてお金のために働くうちに、価値観の中で金銭が重大な価値を占めるようになったのでしょう。

なんの価値もないばかばかしいことにさえ興味を抱き笑うことができるのが人間の健全な精神活動と言えますが、金銭的な価値がないものには興味を抱けず笑えなくなったというのは何ともさびしいことです。
恋愛やセックスもプライベートでやったところでお金になるものではありません。

彼女は、今やお金にならないのにセックスをすることをばかばかしいと思うに至っているといいます。
このように、一般的な感覚では幸せや喜びを感じられることを無感情に捉えるようになったと言う精神的な変化を及ぼすこともあるということは、AV女優を目指す女性は十分に承知しておくべきでしょう。

また、物欲や外見への執着心が強くなったことも非常に大きな変化であると言えます。
自分を磨くためと称してエステなどに多額のお金を当時、ブランド物の装飾品を身につけることが生きがいになっています。

これも、価値観の変化によってあまりにも消費主義的に傾いたことの弊害と言えます。

つまり、物を生産して売る人と買って消費する人が存在する現代の消費主義社会において、自分で稼いだお金を高価なものを買うなどして消費することで、自分が社会の一部になっていることをやっと自覚できると言う症状を呈しているのです。

さらに、上記の通り彼女はプロダクションを移籍して企画単体女優としての正当な報酬を得られるようになり、1回の撮影で最低30万円のギャラを得られるようになりました。
そのお金を消費するためにはエステに飽きたらず、整形を度々行う整形依存症にも陥っています。
鼻を削る、アゴにプロテーゼを入れる、目をいじるなどの整形を気軽に行っています。
Bは昔から自分の容姿に自信を持てず、綺麗になりたいと言う願望が人一倍強かったことも、整形依存症になった理由でしょう。ここまで来ると、精神科の治療が必要になるほどの重症と言えます。

企画単体女優として出演を獲得できる女優になれば、出演を重ねることで多額のお金を手にすることができます。
そのこと自体はAV女優としての成功ともいえるものなのですが、その時にBのように消費主義の波にのまれた時にはお金を湯水のように使い、そのことに何の疑いも感じなくなることもあるのです。

 

完全に価値観が狂った

この他、BをAVへと突き動かす要素の一つとして、周囲の応援があるようです。
もちろん親には明かしていませんが、周囲の友人に打ち明けると批判する友人は意外とおらず、逆に応援してくれるといいます。

親にはもはや会える状況ではありません。整形を繰り返して顔が変わっていますし、多額のお金がかかる整形手術の費用をどうやって捻出したのかを詮索されれば、AV出演がバレる可能性があるからです。
実家に帰ることができず、疎遠になる一方という悲しい状況になっています。

AVを経て芸能界に転身する女性も多くいますが、Bにはその願望はありません。
なぜならば、やれと言われたことをこなせば簡単にお金が手に入る企画単体女優という仕事が非常に楽なものであると感じられ、また自分にとって天職であると思っているからです。
楽してお金を稼ぐ味を覚えてしまったのです。

これは危険な状況です。
おそらくAVで稼げなくなったとしても、一ヶ月間一生懸命働いても20万程度のお金しか稼げない一般の仕事に就くことは無理であるため、AVを引退した後も風俗に流れ、際限なく堕ちていくことが容易に想像できるからです。
BはAVで稼いだお金で全身整形をして金持ちと結婚し引退したいと語っていますが、妄想としか言いようがないことです。

企画単体女優の危険性

Aは企画単体女優の象徴的人物ということもできるでしょう。
企画女優はそれほど多く稼ぐことができないだけに考え方が非常に現実的であり、お金を浪費することなくコツコツと貯金する女性が多いものです。

しかし、企画単体女優になると企画女優よりはるかに多くを稼ぐことができ、出演のオファーがたくさん来るため、多く稼げる状況に慣れて金銭感覚がくるってしまうのです。
なかにはBのようにお金を使うことでしか生きがいを感じられないようになる企画単体女優は多いのです。

AV女優の大部分を構成する企画女優のうち這い上がっていくことを志す企画女優は、単体女優になることはほとんど無理ですから、企画単体女優になることができれば大成功と言うことができるでしょう。

しかし、その成功というのは稼げる額や獲得できる人気に限って言うものであり、価値観の変化と言う点でマイナスに働けば、その成功が長い人生においては大きな失敗を招く危険性もあるのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
AVコンシェルジュ

\ SNSでシェアしよう! /

AV女優の教科書の注目記事を受け取ろう

AV女優スタイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AV女優の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
AVコンシェルジュ

この記事も読まれています

  • AV女優のヒエラルキー(階層)とギャラのリアル話

  • 【実態調査】AV女優はSとMどちらが多いの?

  • AV女優達が、声を大にして訴えたいこと

  • AV女優って努力が必要なの?ただSEXしてればいいんでしょ?

関連する記事はこちら

  • 超重要!AV女優になったことを家族にカミングアウトするタイミング

  • AV女優が昔ほど稼げなくなった理由はなんでしょうか?

  • 普通な女性がAV女優になってしまうまでの流れとは?

  • アンチエイジング系AV女優でいつまでも現役であり続ける方法

  • 「なんだ、普通以上じゃん…」意外に幸せなAV女優の人生について考える

  • AV女優たちの争い!AV女優は他のAV女優たちをどう思っているのか